LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 18日

熊野の旅 台風接近 また?? 水難

 昨日はヘリコプターがバタバタとうるさく飛んでいました。
 我が家の前辺りを行ったり来たり・・・
 上空ではなく、まさに、「前辺り」なのです。
d0045383_8543331.jpg

 昨日はこのずっと沖合いに台風6号が居るのでそこそこ海は荒れていました。
 二階から見た状態ですが、後ろのドアを開いて半分身を乗り出した人が下を見ています。
 この光景はここではたまに見かけるものです。

 いつものことなのですが、この光景は、「人探し」なんです。
 つまり・・・
 「誰かが海にはまった」と言うことです。
 岡の上での行方不明者は「広報くまの」でも放送します。
 一般の人の協力が大事ですからね。
 でも、こうした海での行方不明は放送されません。
 だって、放送すると野次馬が集まります。
 堤防の上から双眼鏡で探すのなら良いのですが、こんな風に荒れているときでも、浜に出てうろつく馬鹿が出ますからね。
 役に立たないのに二次災害に繋がりますからね。

 このヘリも人探しには違いないようですが、結局、広報では流れませんでした。
 以前に老人海に入ったときには、ヘリコプターから救助員が海に降下して船の到来まで遭難者を確保していました。
 「救助」にはならず、「収容」になってしまったのですけどね。

 昨日はどうも発見できずだったような雰囲気です。
 噂が出ませんから、地元の人ではないのでしょう。
 毎回のことですが、又々、「台風接近でも勇敢に出かける釣り人」なのでしょうかね。
 台風のたびに、あちこちでこんな馬鹿な釣り人とか海水浴客が死にますね。
 自然の怖さを教えられていないし、知らないんでしょうね。

 私が餓鬼だった頃にはこの浜で泳ぐのが常識でしたし、高校時代くらいだと、この程度の荒れた海では死にませんでしたけどね。
 死に掛けたことはありますけど…

 海の遭難も山の遭難も人迷惑です。
 お願いですから、荒れかけた海には近づかないでください。
 魚など連れませんから…
 撒き餌の代わりに、あなたが魚の餌になるだけです。


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-07-18 09:16 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/14121789
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 いくら熊野でもやばい...      熊野の旅 限界集落と「水源の里」 2 >>