LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 06日

熊野の旅 七里御浜 最上流 井田海岸

 川には上流・下流があります。
 海にも上流・下流があります。
 瀬戸内海などは潮が行ったり来たりと言うところもありますが
、日本沿岸の太平洋では、南が上流で北が下流になります。
 ものすごい速さでものすごい量の海水が流れている「黒潮」がありますからね。
 黒潮が目の前を流れる「潮岬」で海を見ていると、流木などはすごい速さで右から左へ移動してゆきます。
 七里御浜ですと、浮いているものが少しずつ流れて行きますが潮岬のように人間が走るより早いなんてことはありません。
 それでも、泳いでいると(遊泳禁止です)すぐに流されて場所が変わってしまいます。
 波打ち際に脱いだ履物が随分遠くになっていることが多いです。
 基本的には黒潮の流れの通り、南から北へ流されるのですが、こうした沿岸では黒潮が別れて、岸辺を逆流する「逆潮」と言う現象のときもあります。

 こうして、七里御浜では基本的には潮が南から北へ…熊野川の河口、新宮から七里御浜の北の端、木本へ流れ続けています。
 この流れが育てたのが「七里御浜」なんです。

 ダムを作る時、「ダムを作れば七里御浜が痩せる」と警告した東京農大の教授のような人も居たのですが、「国策」に加担する「御用学者」は「そんなの関係ない!」とレポートを出して推進しました。
 その10年余り後から始まる「原発」も同じパターンですね。
 どう言う訳か、日本の最高学府の赤門の人たちはそんな時に旗振りをするのです。

 ダムの影響で熊野川からの石・砂利の流入が極度に減ったことから、七里御浜は痩せ始めました。
 それに追い討ちをかけたのが、「鵜殿港」です。
 元々は熊野川を流してきた「筏・いかだ」を引き込むための掘り込み式の「貯木場」が河口部にあっただけの鵜殿に、突き出し式の港を作ったので、少なくなった砂利を沖に出してしまう形になったのです。
 ほぼ完成した時に熊野で議員になった私は、当時の市長に、「鵜殿港をなぜ認めた?撤去させないと先で大変なことに成りそう・・・」と迫ったことがあります。
 残念ながら、鵜殿から熊野までは20Km余りあるし、当時の自治体としては、間に「紀宝町」「御浜町」が挟まるので「隣接市町村」にもならなかったのです。

 しかし、完成すぐから、隣接の紀宝町井田の海岸は恐ろしい勢いで痩せ・・・いや、食われてゆきました。
 まさに、海岸浸食・・・なんです。
 比較的大きな石の多い立派な浜があり。地引用の和船が何艘も浜上げされ、季節になると「シラス漁」で賑わっていた所です。
 それが、あれよあれよと言う間になくなって、松林は食われる、堤防代わりの新国道には波が乗る…
 七里御浜沿いで一番危険な場所になってしまったのです。
d0045383_945138.jpg

 ここは紀宝町の道の駅「ウミガメ公園」のしたの浜です。
 「井田舞子」と呼ばれるきれいな所ですが、この一帯はいつも工事中です。
 カメラのある場所も随分痩せましたが、向こうで海岸線は引っ込んでいる辺り・・・
 ワイドレンズなのでたった500mほど鹿はなれていない所では、ほとんど浜がなくなっているのです。
 護岸工事と沖合いの潜堤工事…
 いくら金を入れても人間に力では守れないでしょう。

 困ったことに…
 ここの砂利が、波に揺られ、磨かれ、小さくなりながら木本までやってくるのです。
 つまり…
 ここに砂利がなくなったってことは…
 もうすぐ阿田和も有馬も木本も…
 砂利が来なくなるってことなんです。
 
 そこまでして作った「水力発電所」を『要らない』とまで電力会社は言ったのです。
 「俺らには原発があるから…」
 水力には『うまい汁』もありませんしね。

 鵜殿港も他所の町のことなので言わないでくれといわれたこともありますが、巨費を掛け、国土を削りながら作った割りに使い道が無いのです。
 魚を水揚げしている・・・
 紀州製紙用にチップを陸揚げしている・・・
 と、言いますけどねえ…

 まあ、無限に土木工事を誘致することになったようなので、公共事業至上主義の方々には想像以上に「良い事業」だったのかもしれません。
 何しろ、国が滅びるまで事業は継続しなければならないでしょうからね。

 かくして、日本中の海岸が食われ、金も食われてゆくのです。
 昔を知らない人にとっては、今でもきれいな浜です。
 今のうちに遊んでおいた方が良いのかも知れませんよ。
 道の駅に車を止めてすぐに浜に出られます。
 多分…
 『工事中 危険 関係者以外立ち入り禁止』なんて看板があるでしょう。
 でも工事なんてたまにしかやりませんから…


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-07-06 10:08 | 熊野 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/14000575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 御浜人 at 2011-07-09 23:58 x
いまこそ普代村村長を習って、あらゆる公共事業に優先させ、高く強力な防波堤を海抜3mの鵜殿港に建設して欲しいものです。


<< 熊野の旅 月例 広報くまの 7月号      熊野の旅 花火と防災 >>