LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 07月 04日

熊野の旅 木本堤防工事と東北

d0045383_1214785.jpg

 クレーンで吊り下げられている物は巨大な鉄板です。
 木本旧堤防の撤去工事のために、巨大なクレーンやダンプカーを砂利浜に入れるための仮設道路として敷き詰めたのです。
 この工事が発注されてすぐに東北の大震災がありました。
 そのタイミングでの旧堤防撤去なので物議をかもしました。
 その影で、この鉄板の確保にかんし、土木業者が走り回ったのです。
 復興工事など全く手つかづの状態でも、建設建築資材の囲い込みが始まったからです。
 この鉄板はリースですが、高値での押さえ込みが入り始めたので、キャンセルされないように金を持って走ったのだそうです。
 この工事の工期は7月一杯あるのですが、ほぼ一ヶ月早く終了しました。
 公共の土木工事としては異例のことです。
 早く終われる工事でも、工期を長く残して終了すると具合が悪いのか、大体において、引き伸ばしと言うような中だるみの作業状態なのが普通ですからね。
 その、ぐうたら分も含んだのが日本の公共事業だから、世界水準より光学になるのだとか…
 これもひとえに、優秀な方々が天下ってきた賜物のようです。

 今回はうんと早く終わったので迷惑も短期間で済みました。
 次の工事は台風シーズンが終わってから年度末にかけてなのですが、こんな風にさっさとやってくれればよいのですけどね。
 今度は国道側からの工事に成り、防護の塀も重機も国道側になります。
 当然のように、片側二車線やっとの42号線ですから、交通規制も入るでしょう。
 手抜きが無いなら、さっさと早くやってくれるに越したことは無いです。

 何だかんだで、この鉄板も東北に行くのかもしれません。


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-07-04 14:33 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/13971013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 花火と防災      熊野の旅 花火と車と露天商 >>