人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 29日

熊野の旅 高速有料化で困るようでは…

 私などは全く評価しないし、やめて当然の「高速道路休日1000円」とか「高速道路無料化社会実験」なんてのが終わってくれました。
 東日本大震災の復旧にお金が要るから止めたことになっているのでお金の余裕ができるわけでは無いですが、終わってよかったです。
 三重県も伊勢自動車道とか紀勢自動書道とか南の方は「無料化社会実験区間」になっていました。
 その辺りの通勤客が、「ただなら高速で…」と一斉に使ったようで、通勤時間には交通量が激増したのだそうです。
 ほんの数限られた人間だけが、毎日毎日恩恵にあずかったのです。
 まさに、「自分が儲かるのならそれでよい!」自己中の発想です。
 観光地だって、国家が破綻するという時に税金垂れ流しで、無駄なガソリンまで焚かせて客を増やしても本当の活性化ではないのに「ありがたや!」なんてはしゃいでいたんです。
 本当にはそんなに増えていなくても、役所の調査には「うんと増えましたよ」といわないと具合は悪いし、「増えた」という趣旨でのマスコミ取材の方にも「おかげさんで増えています」と言わないと取材中止か放映中止ですからね。
 言うべき台詞をディレクターなどが考えてくれる取材を何度も経験しましたから、ああしたインタビューの発言内容は信用していません。

 たしかに、観光客は少し増えて居たでしょうね。
 「^日本の観光」てえのは、何だかんだ言っても色んな名目の補助に頼ってきた面が大きいですから、この高速問題でも観光業者にとっては「当たり前」のことに見えたのでしょう。
 「観光開発」「地域振興」「地場産業育成」「特産品創出」…
 色んな名目の補助事業で、道路・意味の無い橋・人の来ない会館の建設などのハード事業
 売れもしない金太郎飴的土産物の開発・実績つくりのためのキャラバン隊の派遣などのソフト事業
 戦前に始まった「国立公園・「国定公園」「県立公園」・・・そして「世界遺産」
 国体誘致とかオリンピック誘致と同じでそれにくっ付いてきそうなお金・利権が目的みたいな輩が多いです。 ハード面などに反対表明すると、「非国民」みたいな非難を浴びたりします。
 土建業のみならず一般市民も、いまだに『公共事業=地域経済浮上』の神話に毒されているようですね。
 その際たるものが「原発」なんですけどね。

 日本はえらい人が多いですね。
 子々孫々まで影響が及ぶ「原発」を、お役所の予算が楽になって意味の無い会館やグランドが出来るのを歓迎し、その身を犠牲にして「お国のため」原発を誘致する人が大勢居るのですから…
 そのくせ、国のための税金は脱税するし、無駄な補助金行政には目を光らせないんだし…
 やっぱり、「国のため」ではなく「自分のため」なのでしょうね。

 で・・・
 25・26日、家の前の国道42号線の通行量を少し興味を持ってみたりしたのですが…
 元々、観光客の車が押し寄せていた訳では無いので、『えらく減った』なんて感じませんでした。
 
 観光振興のためには、為替相場が変わらないとねえ…
 東京から熊野古道を見に来る汽車賃の方がボロブドール遺跡までの飛行機代より高い…
 田舎の民宿の方がバリ島のリゾートコテージより高い…
 まして、三重県が熊野に作った里創人ホテルなどだと、三泊の宿賃だけで、セブ島やグアムで4日ほど遊んでこれるだけ掛かる…
 それが現実なんですが、目をつぶっちゃうんですね。
 お金持ちは国内のリゾートへ…
 貧乏人は海外のリゾートへ…
 一ドル360円時代とは様変わりです。
 
 まあ、しばらくは口を揃えて、「高速無料化が終わって観光産業が大打撃だ!」と、言い募るのでしょうね。
 言えば又々補助事業を取れて、建物の一つも出来そうですからね。
 国が滅んでも、自分たちの会館が欲しい…
 お客さんをもてなす気持ちじゃないような気がするのは私だけでしょうか?

 「熊野古道」を「遍路道に戻そう」なんて事を言うのは「非市民」なのかもしれません。
 それがユネスコが認めた「文化遺産」の本筋なんですけどねえ…
d0045383_102428.jpg



熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-06-29 10:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/13923144
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 大資本と観光      熊野の旅 花火愛好会 >>