人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 27日

熊野の旅 熊野古道は上天気

 昨夜は大きな音を立てて雨が降りました。
 随分遠くの台風の影響のようでしたが、時間の遅い夕立って物でしたね。
 朝にはきれいに晴れて、今日の上天気です。
 昨日も今日も気象台?気象予報士?は「梅雨時なんだから傘マークを出さないと…」と思っているらしく、熊野市の予想天気は雨になっています。
 でも、昨日も今日も上天気…今日は夜中の夕立のせいで湿度は高めですが予報が外れています。
 だって、梅雨前線なんてのはずっと日本の真ん中から北側に張り付いていますからね。
 この辺りで例え雨が振っても「梅雨の雨」ではありませんね。
 「気圧の谷の雨」「台風の余波の雨」ってやつです。
 一緒にしちゃあいけませんよね。
 でも。紙の上で勉強した「予報士」さんでは、本物の空とか空気の変化は分からないでしょうね。
 昔から、「気象台より隣の神経痛もちのばあさんの方がよく当る」なんて言われて来ましたからね。
 何でもかんでも。「専門家」なんておかしな肩書きがまかり通る時代です。

 私など、「雑学家」を自任していますが、どの分野も専門家ではありません。
 資格なってあまり取っていませんからね。
 アマチュア無線、フォークリフト、鋸目立て、木工機械主任・・・なんて変なのだけです。
 運転免許も大型までで止まってしまったので、牽引とか二種なんて無いですしね。
 暴走はしましたが、レースのライセンスは無いし…
 台風大好きで体感で予想しますが予報士では無いし…
 高波・津波対策に四半世紀関わってきましたが全くの素人ですし…
 熊野古道についても6年ほどグダグダ書いていますが、郷土史には素人ですし…
 でも、何処へでも首を突っ込んで少しだけ現場を覗いてきました。
 
 「熊野」って、文化人がさもさもらしく言うほど「大層な土地」ではないと思います。
 何処にでもある…何処にでもあった…「日本の田舎」だと思います。
 南の方だけど山口県と同じくらいの緯度ですしね。
 だから、皆が思うほど暑くないのです。
 そして、平野もなく都市が無いので、名古屋や大阪のような北のほうの町に比べると、5度から10度も夏は涼しいのです。
 日本一雨量が多いと言っても、ドカンと降るので雨の日がものすごく多いわけではありません。
 まあまあ過ごしよい町ですよね。

 某大手のコンサルタント会社の重役さんがかつて言いました…
  『熊野の人は南洋の土人みたいですね・・・使っちゃあいけない言葉でしょうけど…』
 うん、そんなところもあります。
 あんまり良い意味ではなく、どちらかと言うと悪い方ですけどね。
 その人も、そっちの意味でそう言いましたね。
 いままでの色んなコンサルタントの出したレポートや報告書はいい加減なものがほとんどでしたが、この言葉だけは当っていますね。
 でも、安心してください。
 ここには「首刈り族」は居ませんからね。
d0045383_12262564.jpg


 

 




熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-06-27 12:26 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/13903350
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 花火愛好会      熊野の旅 まずはおめでとうござ... >>