人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 23日

熊野の旅 紀和の火祭り

 紀和町…現。熊野市紀和町は少し前に平成の大合併で熊野市と一緒になるまでは、三重県南牟婁郡紀和町と言う一つの自治体でした。
 当然、「過疎指定地」で高齢化、少子化、過疎化が極度に進んだ町でした。
 通産省の資源調査と言うボーリングで温泉が出来、過疎地と言う財政上は有利な制度を活用して日帰り温泉湯の口・バンガロー・宿泊温泉瀞流荘を整備し、キャンプ場を造り、笹川良一さんに室内プールも作ってもらい、入鹿鉱山時代のトロッコ電車を復活し、北川 正恭さんが三重県知事の時に丸山千枚田を復活させてもらうなど、1500人ほどの人口のところに一杯観光資源を作ったところです。
 さらに、味噌・山菜漬け・高菜漬けの加工場を作り雉を飼い・・・
 6月1日現在の人口は1387人だそうです。
 老齢指数が40%を越すのですから、働ける人をこうした施設に配置すると…

 熊野市と合併してからも「熊野地鶏飼育場」の整備、「特産品加工場」の建設など整備が進んでいます。
 紀和の人から見ると、「熊野市と合併して何にもいいことが無い・・・」らしいですが、予算書を見る限り…
 制度上、国の指導で「観光開発公社」が廃止され、「財団法人・紀和町ふるさと公社」に統合されました。

 これだけの観光資源と、物産生産施設があり、この財団法人が運営しているのですが…
 そして、千枚田のイベントから色んなものもやってはいるのですが…
 遠いんでしょうか?
 「お湯は最高!」なんて持ち上げる雑誌とか団体もあるようです。
 「熊野地鶏は最高!」と言う特集もあったそうです。
 「丸山千枚田は絶景!」と言うのもあります。
 なのに…収支の方は…
 役所がらみで無いと維持できないのか、役所がらみだから人が来ないのか???

 この紀和町で、「紀和の火祭り」があります。
    8月6日 土曜日    午後6時ごろからでしょう。
    場所は小川口といって紀和町の中心を少し通り越した北山川の河原です。
 不思議なことに、何処から湧いてきたのか?と言うほど若い衆が祭りの切り盛りをしています。
 そんなに大観衆が集まるものでは無いですから、ゆっくり見物できますよ。
 雨天には延びちゃいますけどね。
 今年も写真を撮りがてら出かけるつもりです。
 ちゃんとした食事は無理ですが、おでん・めはり・焼き鳥・ひつまぶし弁当などは売っていますから飢える事は無いです。
d0045383_951329.jpg



熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-06-23 09:51 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/13857617
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 とにかくイベントてんこ盛り      熊野の旅 丸山千枚田 虫送り >>