人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 06月 06日

熊野の旅 観光事業って・・・

 熊野市には事実上官営の観光事業が複数あります。
 国の方針で役所丸抱えの「公社」なんてのはやめよと言うことらしいです。
 熊野市でも、旧紀和町にあった丸抱え団体を二つ合わせて「財団法人」に編成替えしました。
 「紀和町ふるさと公社」と「紀和町観光開発公社」がとりあえず統合したのです。
 観光開発公社が所管していた温泉宿泊施設の「瀞流荘」を「財団法人・紀和町ふるさと公社」に吸収したのです。
 熊野市には「熊野市観光公社」と言うのが別に存在し、これは「公社」が付いていても、会社法で言う、普通の有限会社です。
 さらに「農業法人」も作るようです。
 これらの外郭団体は市議会といえども手が出ません。
 何しろ、予算も決算も「報告事項」で審議の対象ではないのですからね。
 国でもこうした外郭団体は国会の手の出ないところで本予算より大きな金を使っているようですね。
 官僚・役人が長年考えてきた努力の賜物なんです。

 色んな名目で実質的には赤字補填の公金が流れ込みます。
 これも、ほとんど全ての自治体で起きていることなんですけどね。
 最近の大義名分は…
 「雇用を確保している」なんてことです。
 観光では採算合わないのがわかってきたからなのでしょうかね?
 開き直り???

 市民って、自分の財布から直接出てゆくものには文句を言いますが、出所がわからないものには何も言いません。
 だから、日本国中こんなのがはびこるんです。
 政治問題でも軍事問題でも原発問題でもデモすら起きない平和ボケした日本ですから、施政者は楽でしょうね。

 せめて、赤字にならないように宣伝したいと思っても…

 紀和の「湯ノ口温泉」のお湯はいい湯なんですけどねえ…
 鄙びているし…
 安いし・・・
 夜も8時半まで受け付けて9時半まで入っていられるのだと思います。
 大人一人400円くらいでしょう。
 これで赤字を減らそうとすると、10万人くらい増やさないといけないのかな?
 でも、そんなに押しかけてきたら鄙びた温泉ではなくなりますね。
 増えちゃう前にぜひおいでください。
 ボーリングしなおしたので源泉はたっぷりで「掛け流し」です。
d0045383_1150167.jpg



熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-06-06 11:50 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/13723550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 あと二回、あと12日...      熊野の旅 月例 広報くまの 6月号 >>