LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 25日

熊野の旅 国道42号線 1

 名古屋方面から紀伊半島を南下するには国道42号線を走ることになります。以前は国道23号線経由松阪より42号線というルートでしたが、今では伊勢自動車道・勢和多気インターチェンジで降りれば、すぐに国道42号線に合流します。ぶつかったT字路を左折すると、後は全く一本道で紀伊半島をぐるっとまわってゆきます。
 実に単純なルートなのですが、これというのも、南伊勢から紀州の入り口までは山の中ばかり、紀州に入ると海岸と山を交互に走りますが、険しい地形で集落が一並びできるのがやっとですから、大きな脇道など出来様が無いのです。
 途中で『市』は尾鷲市だけです。後は昭和の合併で町になるのがやっとでした。平成の合併でも町がくっついて又町になるだけです。
 一本道で田舎で二車線ですからそこそこ走りよい道です。ついついスピードが出てしまいますが、田舎とはいえ、大台警察、尾鷲警察、熊野警察それぞれ、速度の出そうな直線区間でレーダーを張りますから気をつけてください。
 人の飛び出しは少ないですが、夜間は『狸』の横断に柿をつけてください。この『たぬき』は宵の口に餌場に出てくるのに道を横断します。えさ探しを終えたたぬきは夜明けの1時間前くらいに巣に帰るので又横断します。全く、左右を見ないで飛び出してきますから引かないようにしてください。42号線では『鹿』『猪』『熊』などに出会うことは少ないです。
 道の駅も『大台』『大宮町』『紀伊長島』『海山』『熊野市』『御浜町』『紀宝町』と新宮までの140Kmの間にありますから、トイレは24時間問題ないと思います。ただ、食事は遅くなると厳しくなりますから、そのつもりで走ってください。
 ちなみに『道の駅・熊野・きのくに』は熊野市の入り口にあり、夜10時までの営業です。コンビニも最近併設しました。珍しい、完全民営の道の駅です。その分、施設に金がかけられませんでした。ここは私も理事をやっていますので、少し、宣伝しておきます。
 この『きのくに』の売店前の昔ながらの赤いポストは現役です。毎日郵便屋さんが集めに来ます。

 道の駅 熊野 きのくに
カメラはイコンタ523/16 ノバー75mm

by je2luz | 2005-07-25 00:22 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/1369314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by okphex at 2005-07-25 11:59
こんにちは!熊野の地で、イコンタとは、とてもカッコいい取り合わせですね!赤ポストの形状も、懐かしいです~。
Commented by しばた at 2005-07-25 20:15 x
はじめまして、お隣の尾鷲市に住んでおりますしばたと申します。
イコンタで検索していてたどり着いたのですが、地元の方だったので驚いてしまいました。
私もスーパーイコンタで写真を撮っております。
またこちらの写真と同じノバーレンズのネッテルを以前使っておりました。
最近はデジカメが多くなってしまいましたが、主に尾鷲や熊野の散歩写真を撮っています。
http://www.yo.rim.or.jp/~tomoyasu/

これからちょくちょくブログ見に来させていただこうと思います。


<< 熊野の旅 国労42号線 2      熊野の旅 熊野へのアクセス >>