人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 30日

熊野の旅 台風一過

 「台風一過」と言うのは「秋台風」の時に使われるものです。
 夏台風は迷走するし進行もいい加減なので通り過ぎた後に綺麗な青空を引張ってこないことが多いのです。
 今回の二号はあき台風のコースをスムーズに通っていったので、「台風一過」と言う幹事の天気を持ってきました。
 少々早くさばけちゃったので、強引に引張る力は無かったようですけどね。

 昨日夜中に「警報」が「注意報」にかわり、しばらくすると「国道・県道の交通規制解除」も放送されました。
 多分、高校生はがっかりしたでしょうね。
 警報が出たのが日曜日だし、その夜のうちに解除なってしまいましたからね。
 雨に強い土地なので高校生くらいの時は「警報」で学校が休みになるのが楽しみなのです。
 もっとも、うんと昔はそんな規定がなく、生徒が自主的に休んでいましたけどね。

 かなりの雨量があったようで、海が白くなっています。
 洪水状態になると茶色く濁るのですが、川が濁らない時には海が薄い青色に変わります。
 元の海水が塩分の強い「黒潮」なので、真水が入るとものすごく変化します。
 受け入れる側の容量がでかいので、沖のほうまでは変化せず岸の近くが変わっています。
 川でも水温の違うものが合流すると中々交じり合わないのですが、海では水温は違うし比重もまるで違いノで少々の事では交じり合わないようです。
 海が深く透き通っていても黒く見える、「群青色」の海を見慣れていると、トルコ石のようなしろっぽい海は頼りないです。

 海の色って、場所によって随分違いますね。
 もちろん天候によってがらっと変わるし…
 黒潮の海と瀬戸内は違うし、日本海も違うし…
 底の泥炭みたいなものの影響か、「バルト海」はやたらと茶色いし…
 イタリア南部とエーゲ海では違うし…
 南シナ海はちょっぴり緑色が強かったような気がします。
 でも飛行機から見る広い海…太平洋はこの辺の海の色に近いです。
 つまり、ここの海の色は多数派なんですね。
d0045383_14234636.jpg



熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-05-30 14:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/13680185
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 木本旧堤防撤去開始 1      熊野の旅 もうやってくる 台風 >>