LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 21日

熊野の旅 磯崎町の水溜井戸

 今月の初め、市内磯崎町に出かけて発見しました。
 磯崎町は漁師町で、一つ前の写真のような細い階段が一杯あります。
 町を散策するような小路があるような漁師町では無いので、いつも波止場だけで帰ってくるのですが、先日はお寺の所に登ってみました。
 このお寺にへの登り口に良い物を発見しました。
 磯崎が水に苦労した証のようなものです。
 湧き水を集めてためる石組みの井戸です。
d0045383_9294957.jpg

 今は全然使われていないらしく、水も緑色になっていますが、以前は綺麗だったそうです。
 定期的に周辺の人が出て掃除し、この溝を使って生活していたのだそうです。
 波打ち際から切り立った地形に成り、背後の山も浅いので、井戸など掘れ無いし、谷も集落の真ん中に一本細いものがあるだけですから、真水には苦労したのでしょう。
 おそらく昔は何様かはわかりませんが、神様が祀られていたのではないでしょうかね。

 「埋めてしまおう」なんていわれたこともあるようですが、埋めたからと言って使える場所でも無いし残されているようです、
 磯崎町の文化財的なもののように思えますが、取り立てて看板もありませんでした。
 近所の人は、「ええもんじゃろ!」と自慢げでしたが、確かに今は役に立たないし、防火用水にも菜から鋳物ですが、磯崎を語るものだと思います。
 車の入れる所だったら埋められていたかもしれませんね。
 「こんな生活だった…」なんてのが伝承されてゆかない時代になって来ましたから、こうしたものだけでも残して欲しいものです。


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-03-21 09:44 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/13192600
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野は中流      熊野の旅 三重県南部に当てはめると… >>