LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 13日

番外 単純な疑問 あそこの敷地だけ揺れたのかなあ??

 福島県の浜通りも他の東北の海岸線と同じように津波被害を受けています。
 原子力発電所のあるところは湾の奥ではないので増幅もされず、手前の温排水を一時受け止めるプール状のものも無事でしたね。
 でも、稼動中の原発が二基ともに異常をきたしました。

 ニュースを見る範囲では、あの周辺にある一般民家が壊滅したなんてことは無いようです。
 避難勧告が出ても普通に生活している人が居る程度のようですが…
 通産省とか電力会社などが胸を張って、「地震対策は出来ていますから…」って、あれは何なのでしょう?
 普通の大工が建てる普通の木造住宅が大丈夫なのに…
 あの、海のそばの敷地だけが無茶無茶揺れたのでしょうか????
 事故以前の問題なんですけどねえ。

 ゴムの上に建物を載せる「免震構造」ってえのを、私は耐用年数から考えて信用しないのですが、原子炉はそんなこともしないようですね。
 でも…
 世の中の人って、「えらい人」の説明には疑問もはさまないんでしょうかね?
 ややこしい事ではなく、単純なことで良いんですけどね。
 震度が5だったのか6だったのかは知りませんが、その記録が発表されていないように思います。原発にはそれくらいの機器はあると思うのですが…
 でも、値が低かったら大問題だし…
 目下、記録改ざん中かもしれませんね。

 それから…
 「東京電力」が備え付けていた「放射能測定装置」が『全部壊れた』なんてニュースも一度流れていました。
 これも、非常用発電機同様、銭だけ取ってまともではなかったのか???
 よからぬデーターが記録されるので、「壊れた」ことにしているのか???
 今までの、原発事故の例から考えると、その可能性もあります。

 もう、何十年も…
 何十回も、こんなので通ってきていますからね。
 でも、日本国民はすぐに忘れます。
 遠くのことは早いです。
 近くのことでも…

 昔のことわざに…
 『人の噂も49日』なんてのがあります。
 49日で忘れては、その付けは、孫末代まで回ってきますよ。
 「信じるものは救われない・・・」
 これが国家戦略と言うものです。

 追記・制御棒は本当に降りているのか?
 東電の発表では「制御棒はすぐに降りて、反応は停止した」と言う風に、最初からなっていますが、本当に制御棒は全部降りているのでしょうか?
 いままでも、素直に降りなくて手動で下ろしたりと言う事例があります。
 下りないと言うと大変なことになるから隠す…なんてのは今までもあった体質です。
 もしそうなら、単純に社長が辞めると言うような「刈羽」のような事ではすまないでしょう。
 冷却装置がこちらも動かないとかでしょう?

 これが無事に終わっても、この型の原発は動かしては困るでしょう。
 何しろ、揺すれば木造住宅より弱いし、当たり前の補助装置は全部すぐに壊れるんだし…

 いくら水を入れても一杯にならない「ザル」のような容器なんですね。
 誰も言わないけど、その分の水が生みに垂れ流されているのではないでしょうね?
 チェック体制なんて無いでしょうからね?
 手前のプールの様な海の温度がドンmんどん上がっているのかも…
 湯気が立つまで内緒かもしれませんね。

by je2luz | 2011-03-13 18:37 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/13119508
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 他山の石 にはならな...      番外ですが… 節電協力要請 >>