人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 08日

熊野の旅 春来たりなば…

 今日、御浜町阿田和の尾呂志川の土手で、土筆とワラビを探しました。
 陽だまりの土手ならもう出ているはず…
 見つけました。
 「土筆」も群生するほどでは無いですが大きく伸びていました。
 ワラビの方は、まだ、顔を出したばかりのようでした。
d0045383_12202536.jpg

d0045383_12204521.jpg

 と言うことで、熊野地は春です。
 春の次は当然夏です。
 熊野地の夏は花火です。
 昨夜、今年の花火の試射がありました。
 小一時間の間、花火が上がっていました。
 最初は面倒なので見に行かなかったのですが、少々しつこいので二階まで上がってちょっとだけ写真を撮りました。
 無精者は家の中でも二階まで三脚を運ぶのが面倒なので手持ち、バルブ撮影なんておよそ信じられない事をやりました。
 当然、ブレて居ますよね。
d0045383_12344898.jpg

 試作品とか、発射方法の確認とかですから、毎年のように、「気持ちは分かるけどねえ…」と言う花火も混じります。
 「なるほど!」と言うのもありますしね。
 これだけの花火を試射するには随分お金もかかると思います。
 熊野の花火だけで元を引くと言うのではなく、今年のあちこちの花火で少しずつ回収するのでしょうね。
 季節外れに簡単に場所が確保できて、警備とか交通整理を頼まなくても、混雑も起こさないところと言う意味では、ここ熊野の鬼ヶ城と木本港岸壁は最高ですからね。
 数にすれば百発なんて数ではないのですからちょいとした花火見物が出来ます。

 熊野は「除夜の鐘花火」「春先の花火試射」「初夏の試射」「有馬町の花火」「井戸町の花火」「熊野大花火大会」そのほかにも、なんだか知らない花火がドカドカ打ち上げられたり…
 木本から有馬にかけての浜ではよく花火が見られます。
 我が家などはその浜に面しているので全部音が聞こえるし、二階に上がれば花火が見えます。
 慣れっこになってしまって、少しくらい音がして、窓が明るくなってもあわてて見に走ることはなくなります。
 何しろ毎年のことですからね。
 もったいないとも言えるのですけどねえ…
d0045383_1235681.jpg

 と言うことで、今年も8月17日水曜日に「熊野大花火大会」があります。
 前の晩にも小さいですが「井戸の花火」があります。
 もう、宿は無いと思いますが、今の花火は早く終わりますから、日帰りも出来ます。お出かけください。
 残念ながら、会場まで20mと言う我が家の駐車場は満杯です。

 東京から夜行バスで来て、朝7時に着き、熊野古道松本峠を歩き、夜は花火を見て…
 時間的にはよいのですが、帰りの夜行バスは20時40分に出ちゃうし、宿が無いのでねえ…
 そうそう・・・豪華客船{ASUKA II」はあいていないのでしょうか?

 更新しました。  ★★
   


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-03-08 12:46 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/13080052
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野原発      熊野の旅 広報くまの3月号 より >>