LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 03月 03日

熊野の旅 桃の節句

 3月3日は「桃の節句」です。
 でも、今流の新暦でやると、まだ、梅の季節です。
 旧暦だとようやく二月になるところですからね。
 そんな風に季節に合わないので「節句」などは旧暦でやるべきなのです。
 旧暦だと新暦の暦の上を動き回るので「月遅れ」を採用している所が多いのです。
 でも、新暦でマスコミは騒ぐし…
 温室物の「桃の花」は出回るし…その方が経済効果も大きそうだし…
 段々、世の中は「新暦節句」のなってきているようです。

 「お雛様は節句が終わったら、すぐにしまわないと娘が嫁に行きそびれる…」なんて、恐ろしい迷信?が巷にはあるようです。
 でも、田舎なら、新暦に合わせて飾ったものを、月遅れの4月3日まで出してあっても問題ありません。
 更に旧暦までだともう少しある年もあります。

 お雛様って段飾りだと出すのも大変ですが、内裏様、お雛様を初めとする、スタッフや大道具、小道具を元の箱に収めるのが大変です。
 順番を間違えると収まらない・・・なんてありますからね。
 私などは、無精ですから何度お雛様を出してあげたでしょうね?
 娘本人が全く知らない「初節句」は飾りました。
 生まれてすぐに大阪・松屋町(まっちゃまち)に行って、女房のお父さんに買ってもらって、持って帰り飾ったのですから、本人が分かる訳無いです。
 それからは、どうだったのか???
 少し大きくなってから、娘のリクエストで出したことがあったようには思いますけどね。
 それ以来、箱の中で「箱入り娘」しています。
 当然、期日までにしまうなんて出来ませんでした。
 でも・・・
 娘は無事に結婚しました。

 今の季節、あちこちの町でお雛様を展示するイベントが行われています。
 イベントではなく、昔から続く行事の所もあるようですが、熊野ではそんな風習はありませんでした。
 でも、今はイベントとして行われます。
 大名家も貴族も豪商も居なかったところですから、江戸時代からの・・・などと言うものは無いようです。
 この辺のお雛様は内裏様が右なのか左なのか…その風習も知りません。
 しめ縄の左右が両方混在する所ですから、両方あるかも知れません。
 ショーウィンドウがほとんど無いので通りかかりの人に見せられる形もとりにくいのですが、あちこちで立ち入り自由と言う風にやっていると思います。

 私の家では「菱餅」は三段だったような気がします。
 四段の所もありますよね。
 散策の時に覗いて見て下さい。
d0045383_9441942.jpg


 久々に更新しました。  ★★
   


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-03-03 09:49 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/13035827
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< このタイミングで・・・      熊野の旅 春 >>