人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 04日

越南国一人歩き旅 ハノイと日本人

 ガイドブックに載っている「ハノイ」と「私が歩いたハノイ」では、少し違うところもあります。

 オートバイが多く、騒々しくて、道路横断もしにくい…
 これは、ほぼあっていますが、郊外に出るような道で無い限り、このオートバイの洪水の中をすいすい泳いで渡るのも流れさえつかめれば難しいものでもありません。
 何処でも横断できると言うメリットもありますね。
 きつい時は信号のある交差点を使えば少し楽になります。
 何処でも渡れる代わりに、一方通行であろうと、対面通行であろうと、道の端っこを逆送してくるオートバイが結構居ますから、「左見よ、右見よ…」の他に、そうした逆送単車を見落とさないことが身のためです。
 ぐしゃぐしゃの通行状態に見えて、それなりにルールが出来ているし、譲り合いもあるので、結構流れていますし事故は少ないようです。
 もう、市民はそれになれちゃっていますからね。
d0045383_942186.jpg

 町を歩いていて気が付くのは、町中に若い人があふれて活気があるのですが、「老人」が出歩いている姿をあまり見かけません。
 平均寿命のこともあるでしょうが、足が衰えてきたら、どう考えてもあの道路を歩くのは難しくなりますね。
 日本の町以上に『歩道』が整備されているのですが、この『歩道』はオートバイの駐車場に化しているのはベトナム中共通のようです。オートバイがなければ店が占領していますしね。
 歩道がきちんと歩けるのは商店街以外のところだけです。
 これも、歩道をきちんと歩きたがる日本人としてはやりにくいでしょうね。
 不法駐車?のオートバイの間を歩くにしても、先読みしないと袋小路に成りかねません。

 ガイドブックでは、町に出ると「トイレ」が少ない。あっても有料で汚い」なんて書いてありますが、ことハノイに関してはきちんとしたレストランすら少ないのですから当たり前ともいえます。
 それでも、バスターミナル、駅、観光スポットなどにはきちんとトイレがありますし、そこそこ綺麗に管理されています。
 そして、有料のところでも、1000ドンとか2000ドンです。つまり5円とか10円のチップ程度と言うことですね。
 飲まなくても良いコーヒーを飲みに喫茶店に入ってお金を払う日本より安いかも…
d0045383_9443584.jpg

 もう一つ。ベトナムでの日本円ですが、土産物屋さんなどは知りませんが、「銀行」でも通用性が低いです。
 1万円札が両替対象になっても5千円札を拒否するところもあります。
 何しろ、国外に持ち出したら紙くずのベトナムドンですから、たくさん両替したら大変ですからね。
 ???
 これは、私が何も買わないし、「レストラン」「宮中料理」なんて食べないからかもしれませんが、入国した時に1万円両替して、一週間たっても一杯残っていたのですからね。
 まさか、屋台のうどんやお粥に日本円で払う訳にも行きませんから、少しはドンも持っていないと大変です。
 米ドルはそんな屋台のおばさんでも受け取ります。
 2ドルから3ドルみたいです。
 ほんの少し割高ですが、単位が80円刻みなのでそんな時は使いよいです。
d0045383_9564878.jpg

 ハノイは大きな町ですが、そんなに広い範囲をうろつかなくても良いところです。
 「ベトナム的」というならこのような「シクロ」などを使うのも良いかもしれません。
 1時間1ドルなんて声を掛けてきます。
 おそらく、掛け声だけで、この1時間は60分の話ではないのだと思います。
 白タク営業のオートバイのケツ乗りよりは、見物には向いているでしょう。
 ハノイにしても他の町にしても、ベトナムはおおむねまっ平らですからこれも良いでしょう。
 でも、ベトナムのおじさんは小さいので、大きな100Kgを越える外人さんを乗せて、立ち漕ぎしているのを見ると気の毒に思えます。
 

ベトナムの地図です
 

by je2luz | 2011-02-04 10:06 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/12813914
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 越南国 一人歩き熊野の旅 5 ...      越南国一人歩き旅 3 仏印 >>