人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 02月 01日

越南国 一人歩き記 1

 そもそもこの「越南国一人歩き」に出かけることになったのは、娘から「切符をあげるから、何処でも良いから好きな所に行ってきたら?」と、言われたことからです。
 言われてみれば、行きたいところは一杯残っているんですよね。
 ヨーロッパでは東側?諸国、中東付近ではトルコ、アフリカではエジプト・マリ、アジアでは中国・越南・印度・ビルマなど一杯です。
 ツアーではなく一人旅ですから、特別治安が悪く無い限り入国できれば後は何とかなるものです。
 娘には「ビルマには行かないでね」と言われているので候補から外さなくてはならないし…
 東欧諸国は冬に行くと行動がしにくそうだし…
 
 決めたのが「ベトナム・越南国」でした。
 飛行機も6時間ほど、時差は2時間、ご近所です。
 決め手は…「うどん」です。
 「ベトナムのうどんは美味しい」と言う話なので、そのうどんを食いに出かけました。
 それに、「屋台のうどん」を食べて歩く分にはお金も掛かりそうに無いですからね。
 更に、通貨は昔からいまだに力の無い「ベトナムドン」だし、「社会主義国」だから物価も抑えられているでしょうしね。

 と言うことで、「越南国旅行」の日程を1月22日発、31日帰国で切符と手配してもらって、国内での旅程を考えましたが、この国は恐ろしく南北に長く、当初計画した「ハノイからホーチミン市まで汽車の旅」をやると特急でも32時間とかになり、時間的にも体力的にもきつくなるので、ほんの一部だけ汽車の旅にし、二区間をベトナム国内便で飛ぶことにしました。

 成田ーVN955ーハノイ(3泊)ーVN245ーフエ(2泊)-SE3ーダナン(2泊)-VE329-ホーチミン(サイゴン)(1泊)-VN955-成田
 と言う行程です。
 飛行機を入れたので行程の変更もあまり自由に出来なくなっていますが、日本と違い国内便の飛行機が安いので場合によっては捨てても良いくらいです。

 この行程成田を出発点にしましたが、息子と孫娘二人、娘と旦那と言う5人もの見送りが付きました。
 皆が心配したのが、11時のVE955便に乗るためには9時半頃には成田に着きたいし、間に合うかどうか・・・と言うことです。
 前日に上京し、長男の家に泊まる事にして、その朝霞から成田まで長男が送ってくれると言う話になったので、寝起きの良くない長男を心配したのです。
 無事に何とか起きてくれて予定通りに成田に着き、娘夫婦とも合流できました。
 かくも盛大な見送りを受けて、じいちゃんの旅は始まりました。
 娘が心配していた、「アオザイを着た娘がきれいだからって付いて言っては駄目だよ…」という性格なのらしいですが…
 早速飛行機の横に座った女の子と少しだけお話を…
 添乗員の方でベトナムツアーの団体を引き連れて出発されたばかりだとかでした。普段は中国向けの添乗なのだそうですが、尖閣列島問題の後からの観光客減少でベトナム向けに変更なったとか…影響はあるんですね。
 はきはきしているし、「こんな添乗員の方なら団体旅行も楽しいかな?」なんて感じましたね。
 「縁があったら又お会いしましょう…」なんて別れましたが、当然と言えば当然ですが、ハノイでの荷物待ちで再会しました。
 荷物が出るのがかなり遅い飛行場でしたから普通はイラツクのですが、この時はそうでもなかったです。
 でも、他のツアーの添乗員さんですから、あまり離しをしていると、団体の方に後でいじめられるといけないので…
d0045383_11565830.jpg

 と言うことで、この方とはここで別れましたが、ツアーとはベトナム国内では会いませんでした。
 「クラブツーリズム」と言う名前の会社です。検察するとHPも見つかります。いろんなところへのツアーが出ているようです。
 運が良ければ、この方のツアーには入れるかも…ぜひ、参加してみてください。

 「旅は道連れ…」
 およそ「旅」などと言うものは、先々で出会う人々と、その地で味わう食べ物によって良くも悪くもなるんものです。
 一番大事なのは「自分の体調」なんですけどね。

 かくして、私の「越南国一人歩き旅」が始まりました。
 先が思いやられませねえ…
 

by je2luz | 2011-02-01 12:17 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/12796445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 越南国一人歩き記 2      無事帰国しました >>