人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 16日

熊野の旅 矛盾

 一昨日、昨日と少し距離を走りました。
 時間の都合で有料道路も使いました。
 紀勢自動車道紀勢線も使いました。
 天空を走るほど高い橋脚を立てた上を景色も見えない形で走ります。
 日本国中、車窓の景色は変わらなくなるように、防風壁、遮音壁の中を走ります。
 どんな計算をしているのか分かりませんが、運のものすごく悪い人はこんな上空で大地震に遭うのでしょうね。

 田舎者でもETCをつけていますので、非常にスムーズにゲートを通過できます。
 でも、料金票を見るでも無し、出口でお金を探すでなし…
 一ヶ月ほどあとで引き落とされるだけです。
 割引がなくなってもこの状態だと料金がピンと来なくなるでしょうね。
 金が要ると言うことの感覚が薄れます。

 停滞がある高速道路は最悪ですが、スムーズに流れれば、ついつい足を伸ばしてしまうことにもなります。
 だから、高速を割り引いたり、ただにしたり・・・とにかくガソリンを焚かせようとするのでしょう。
 でも、安いのに慣れてしまったドライバーは、ようやく「走ればガソリン代が高くつく」と言うことに気が付いてきたようです。
 1000円に釣られて走れば、一日でガソリンが空っぽになりますからね。いや、一日に二階級油なんてことに成ります。
 税金で高速道路の穴埋めをさせられて、自分の財布でガソリン代を払って…
 CO2削減を世界的な公約にすると言いながら、一億火の玉となってガソリンを焚け!と言うことです。
 おかしな話ですね。

 日本中道が良くなって、新幹線もどんどん出来上がって…
 さぞかし、お役所が言うように観光産業が盛んになったでしょうね。
 でも・・・
 途中省略で目的地へ…
 その、特急型の観光客も減少しているようです。
 「日本中」と言うことは、何処も珍しくないと言うことです。
 でも、各地では。「高速道路」「新幹線」「飛行場」に夢を預けますね。
 まるで、自分ところだけ良くなったかのように期待します。
 そして、駄目な時は自分ところだけ駄目だったように落胆します。
 ぜんぶ、日本獣なのにね。

 ばら色の未来と、嘘の動員数を書かないの、道路は出来ません。設備も作れません。
 完成すると、市民も皆、一旦は褒めるのです。
 矛盾だらけのやり方なのに…
 でも…
 「地味に暮らしましょう」なんてのは、「享保の改革」などと一緒で受けないんですよね。
d0045383_932306.jpg


  こんなブログも書いています◆
   ★★
   


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2011-01-16 09:37 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/12702800
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 豪雪 浜街道だけは…      小正月  >>