LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 31日

熊野の旅 大つごもり

 今では、「大つごもり」もあまり使わなくなりましたね。
 まして、毎月の「つごも」「つごもり」は尚更です。
 「大つごもり」などと言うと、文系の受験を経験した人などは「井原西鶴・世間胸算用」とすっと浮かんでくるでしょうね。
 「大晦日」と書くと「おおみそか」と読んじゃうでしょうけど、昔は「おおつごもり」と読んだのです。
 漢字の読みなんていい加減なものですね。

 天気予報が随分ばらついていたのですが、今日は大荒れとか言いましたが今の所快晴です。
 しかし、夕方には一雨あって、夜に晴れるのだそうです。(夏みたい)
 そして、明日の朝は「晴れ」だそうです。
 初日の出は見られそうな感じです。
 果たして見るために起きるかどうか…
 風でも吹いていたら海辺は寒いですからね。
 初日の出を拝むだけなら二階から拝めるのですが…

 カレンダーも新しいのを掛けたし…
 と言っても、新年の用意をしたのはそれだけですね。
 スーパーも休まないで店を開けているので以前のように買い溜めするなんて必要ないですしね。
 帰ってくるのは末っ子の男の子だけですから大勢になることも無いし…
 ほとんど普段どおりです。

 前の国道42号線もそんなに車が多いようには思えません。
 高規格道路「尾鷲熊野道路」の工事で普段は往復で400台を越すダンプが走りますから、正月休みで走らないので静かに感じます。
 夕方などは少し込むでしょうし、熊野川に掛かる42号線の橋は混むでしょうね。
 ほんの少し混むだけなのに、「熊野川河口に橋を掛けよう」なんて運動が起きているようです。
 国道42号線改修の時に河口にかけるか、今の所に掛けて新宮市内に国道を入れるか検討して街中を通したのに…
 経済活動を阻害するような停滞もないのに。日本中がやるように「土木のための土木」「あっても良いのだから作ろう」の図式のようです。
 道を直しても工場は来ません。材木や魚は値上がりしません。
 もうすぐ、走る車も半減します。
 新しい道を老人車を押して歩く人と電動車椅子の人が走るのが増えるだけです。
 でも、観光客の人も、広くて空っぽの道を走ると、「良い道ですね」なんて単純に喜ぶんですよね。

 かくしてぼやきながら2010年は暮れて行きます。
d0045383_8532066.jpg


  こんなブログも書いています◆
   ★★
   


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2010-12-31 08:53 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/12607124
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 年賀      熊野の旅 今年はサンマが高い >>