LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 13日

熊野の旅 紀勢線 三木里駅

 三木里(みきさと)はこの周辺の『木』の字が『鬼』であるように『三鬼里』だったそうです。
 旧北輪内村になるこのあたりには『三鬼』という苗字もあります。古い人なら御記憶にある方も居られるでしょうが三鬼陽之助さんという評論家は尾鷲の出だったと思います。
 ここも、賀田と同じ賀田湾に面した漁村です。天然の良港の恵まれても、輸送路が悪かったので、遠洋漁業などは発達せず、尾鷲が基地になってしまいました。
 この三木里駅は集落から少しずれた形で作られています。弧線橋もある、立派な駅でしたが、今では跨線橋を残したままで、登れないように柵がされています。取り壊していない分余計に淋しい感じです。
 ここの海岸には海水浴場もあります。駅から受ける印象よりは町も大きなものです。
 背景になる山が険しいので、集落は海岸沿いにのみ点在し、見える範囲が全てです。
 熊野古道で言えば羽後峠/三木峠がこの周辺になると思います。そして、次の九鬼(くき)との間から尾鷲との間に立ちふさがる難所の八鬼山(やきやま)越えの道が山に向かって延びています。




カメラはウェルタ・ペルレ・セミ判・カッサー75mm

by je2luz | 2005-07-13 03:06 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/1260308
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 紀勢線 九鬼駅      熊野の旅 紀勢線 賀田駅 >>