LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 18日

熊野の旅 少し大きめ 今年のサンマ

 今年の熊野のサンマは少し大きめです。
 普通なら、丸々太って背中が盛り上がったサンマが獲れると「美味しそう」と喜ぶのですが、ここではあまり歓迎されません。
 小柄で小さめのがもてるんです。
 大柄で昔で言う「グラマー」なのはもてないんです。
 何しろ、そのまま食べちゃうのではなく、干したり酢に漬けたり…手間ひま掛けるのですから言う事を聞いてくれよい小振りの方が良いのです。
 私の好みのようなものです。

 近年は「サンマの丸干し」も生乾きのような柔らかなのが好まれますから、少し脂が残っているくらいの方がカチカチになりにくいので売りよい面もあるようです。
 保管も冷凍なんて手段でやりますから、「乾かないから痛むのではないか…」なんて心配もありませんしね。
 たしかに、「味」と言う面では天日ド干した良く乾いたものの法が旨味分が増えて美味しいのですが、食べ良いという面では柔らかめの方が良いですね。
 昔の「サンマの丸干し」は冷凍や冷蔵設備が無いので塩を利かせてカチカチに・・・「カンピンタン」に干しあげてありました。
 焼いて熱々の時は良いですが、冷めて来ると硬いなんてものではありません。
 尻尾の方など歯が良くても食い千切れないのがありました。猫でもてこずる代物があったのですからね。
 「カンピンタン」が行過ぎると「猫またぎ」と言う物に化けたのです。
 そんな「カンピンタン」は焼いてからお茶でふやかして食べたのです。
 「カンピンタン」を捨てるようになったのは「飽食の時代」に入ってからです。

 「サンマの丸干し」が柔らかすぎる時は尻尾を紐で結んで日向で干せば一日でうんと硬くなります。でも、うんと柔らかで腹が柔らかなものは口から脂が落ちますから下に新聞紙でも強いてください。
 ハエが居るところではすぐによってきますからホームセンターで干物作り用の網を買ってきてください。町によっては無いかもしれませんけどね。
 天日に干せない時は新聞紙程度に包んで冷蔵庫に放り込めば綺麗に乾きます。
 でも、旨みは天日じゃないと出ないんだそうです。

 宅配便で買ったときは、食べきれない分は冷凍して大丈夫です。すぐに仕分けして冷凍してください。
 冷凍すると云々…と、テレビなどで言っていますが、食べ比べて分かるはずもないのに言っているみたいです。
 魚だって肉だって冷凍食品だって、全部が全部きちんと管理されている訳では無いし…
 冷凍期限なんてのも何処から数えだすか分かったものではありません。
 ちゃんと冷凍すれば味も落ちないで結構長く食べられます。
 「何時まで?」・・・
 それはあなたが納得するまでです。
 長い時間の停電でもしない限り半年やそこいらは問題ないでしょう。
 問題だと思う片はやらなければ良いだけです。
 家庭では自己責任ですからね。
 私は時々忘れたような時に出てくるのを食べますがまだ生きています。

 一番良いのは一辺に一杯は買わないことです。
 そして、買ったらふんだんに食べることです。
 丸干しを「一人で半匹」なんてのは昭和30年代です。今なら「子供一匹」「大人二匹]が適量でしょう。
 戦時中から戦後しばらくは一人1/3匹」だったのですけどね。
 下は今朝のサンマです。
d0045383_1003787.jpg


  こんなブログも書いています◆
   ★★
   


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2010-12-18 10:06 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/12527050
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 月夜と闇夜      熊野の旅 正月準備 >>