LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 11日

熊野の旅 紀勢線 二木島駅

 二木島駅(にぎしま)は熊野市最後の駅です。
 隣の賀田湾ほどではないのですが、入り江の中にある漁港の町です。
 前にも書きましたが旧荒坂村です。神武東征にも関連する場所です。遭難した軍隊を助けたと記録にありますが、熊野灘を航行する船にとっては貴重な避難港です。熊野市内では最良の港湾です。しかしながら、交通の便の悪さからか、このあたりの主要水産物『さんま』の漁獲高では隣の遊木港(ゆきこう)に負けています。
 鉄路で言えば、二木島には駅があり、遊木にはありません。
 昔々はこの二木島が熊野の北の端で、この横の『逢神峠」(おおかみとうげ)から先は伊勢の国だったらしいです。この峠rで熊野の神と伊勢の神が逢ったそうですが、一体何を相談したのでしょうか?
 国道で尾鷲に向かうと、この先に熊野市内としては、まだ、甫母町(ほぼちょう)須野町(すのちょう)と言う小さな漁業の集落が二つあります。
 湾の中にあるといっても、入り口の広い湾なので、高波を完全に防ぐことが出来ず、伊勢湾台風の時には甫母町がほぼ全滅する被害がでております。
 急傾斜の山の下に張り付くように家が建っていますから、こと、災害時には避難もままならないところです。
 二木島駅もトンネルとトンネルの間に作られたもので、出発するとすぐにトンネルに入ります。
 次に停車する駅はもう尾鷲市になります。




by je2luz | 2005-07-11 06:47 | 熊野 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/1240500
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from 趣味は「カミュなんて知ら.. at 2005-07-11 23:34
タイトル : 今様熊野詣
熊野を訪ねる機会を得ました。 忙しい都会生活の合間の、SPOT熊野体験。 超特急1泊二日だったので、羽田→白浜空港⇒本宮 湯の上温泉泊、翌日は中辺路・発心門王子から本宮までのコースを熊野古道歩き後、湯の峰温泉で足の疲れを癒して帰途... という慌しさだったのですが、充分リフレッシュできました。 土地の滋味〜お父さんが裏山で摂って来た蕗を佃煮にし、田んぼの脇に自生してる茗荷をツマに、川鮎を焼いたんを供されます...。 無人野菜販売所でひと山150円で売っていた、手作り梅干の、なんと酸っ...... more


<< 熊野の旅 紀勢線 賀田駅      熊野の旅 紀勢線 新鹿駅 >>