LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 21日

熊野の旅 熊野路も冬です

 気温がそんなに下がらない熊野路でも、陽の高さは低くなり、長さも短くなります。
 夕方などは日の落ちるのが早くなっているので「冬」を感じます。
 寒いところが少し苦手な植物でも、この「陽の長さ」には敏感に反応するものが多いようです。
 この海岸線では冬になると「つわぶき」が花をつけます。
 何しろ派手な花ですから咲き始めるといやでも目に飛び込んできます。
 砂地でも岩場でも日向でも半日陰でも…丈夫なのでしょうね。
 山茶花のようにひっそりとした花ではなく「咲き誇る」と言う監事なので冬らしくないのですが、これを見ると、「冬なんだなあ…」と思います。
 つわぶきの一杯咲く所で育ったからでしょうね。
 絵を描くとか一句ひねるなんて風流なものでは無いのですけどね。
d0045383_1052559.jpg

 この写真は今日の花の窟神社入り口の群落です。
 売店の女の人は「絵手紙」なるものを書いたのだそうです。描ける人は良いですね。

 この辺で冬を感じさせるもの…
 「南天の実」「アロエの花」「水仙」「山イチゴ」・・・
 最近は「ウチワサボテンの花」を見なくなりました。流行らなくなったのでしょうね。
 私が子供の頃には大きな「ウチワサボテン」があちこちの庭にそびえていたものです。3mを越すような大きなものが多かったですが、棘はあるし台風などでは折れて落ちてくるし…
 まあ、厄介なものには違いないです。
 我が家にあったのも4mを越すような立派なものでした。最後はバラバラに崩れてしまいましたね。
 黄色い綺麗な花を咲かせましたけどね。

  こんなブログもはじめました。
 ★★
   


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2010-11-21 11:07 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/12317882
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 消え行く国営パイロット      熊野の旅 新嘗祭 どぶろくまつり >>