人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 15日

熊野の旅 餅の食べ方 熊野の場合…

 今日のどこかで「餅ほり」が…

 餅をまけば、多くの家庭に餅があるようになります。
 持ちまき以外にも、「正月」「桃の節句」「彼岸」「いのこ」など、何かの折にも餅を搗いて来た地方です。
 餅が有ることが多いと言うことは、餅を良く食べたと言うことです。
 しかし、その割りに、餅の食べる料理がそんなに無いですね。
 「何もつけない」「砂糖をつける」「醤油をつける」「砂糖醤油をつける」なんてのは何処にでもありますね。
 「きな粉をつける」「安倍川にする」「磯部巻きにする」「ぜんざいに入れる」なんてのは、戦後も落ち着いて世の中が贅沢になってからの話です。
 「鍋に入れる」ってえのもありますね。
 でも、寒い地方ほど鍋を食べた訳でも無し…

 熊野の餅は「丸餅」です。
 今はスーパーで「切り餅」を買う家が多いので、「餅は四角いもの」などと言う、関西人、紀州の山猿らしからぬ非常識を常識とする若い人が増えたようですが、日本の餅は丸いものなのです。
 ことに、めでたい時には丸くなくてはいけません。角が立ったものではどう考えても…

 しかし、食べる時にはこの丸餅は硬くなりすぎのことが多いのです。
 搗いて丸めた瞬間から硬くなり始めますから、3日も立つとかなり硬いです。10日も過ぎると石の状態です。
 そんなに長く置かなくても…なんてのは考えが甘いです。
 熊野で「餅が有る」ということは、生易しい数の話ではなかったのです。
 今でも、「もち拾い軍団」のおばさんの家には戦利品の餅が数百個あるはずです。
 下手すると、一回でバケツ一杯なんて持ち帰れることがあるのですからね。
 硬くするなって言っても無理な話です。

 でも、ご安心ください、。
 熊野には硬くなった餅を美味しく食べる方法があるのです。
 「あられにする」なんて手間がかかって、手も危ないことはしません。
 普通に焼けばよいのです。
 硬いですから、中々膨れませんが、せっせと裏返して、箸で押さえて二三回膨れさせます。
 ここで登場するのが、「熊野の番茶」です。
 ほんじょそこらで売っている「ほうじ茶」や「番茶」では本当の味は出ません。
 「熊野の番茶」それも、山間部で取れた「奥のお茶」が一番なのです。
 こいつをやかんで煮出して沸き立っているやつを、大き目の茶碗に餅をいれ塩を少し乗っけたやつの上からぶっ掛けるのです。
 すごく固い餅の時は、「おきせ」と言う茶碗の蓋をしてしばらく待ちます。
 これが熊野の』餅のお茶漬け』です。

 焦げた餅の香ばしさと番茶の香ばしさとコクが何ともいえない味を作り出すのです。
 家によってはこれにご飯を入れるところもありますし、塩ではなく醤油にするところもあります。
 私に言わせれば「美味しい番茶」を使っているなら、醤油なんて邪道です。「ほんまもん」ではありません。

 でも、この食べ方も減ってきたようです。
 炊き出し番茶を飲む家が減ってきた位ですからね。
 この美味しい郷土料理は料理屋では出ていないと思います。
 「茶粥」に入れて出すところはあるかもしれませんけどね。
 私の家もおふくろが居なくなってから、「億のお茶」がなくなったので、「ほんまもんの餅のお茶漬け」が作れなくなっています。
 食べるのが難しい「熊野の味」でしょうね。
d0045383_101373.jpg

d0045383_101195.jpg


 こんなブログもはじめました。
 ★★
   


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2010-11-15 10:01 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/12273626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 国道42号線夜間通行止め      熊野の旅 餅撒き月間 >>