LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 11月 03日

熊野の旅 霜月の祭

昨日に続き今日も朝早くから動かなくてはなりません。
少し世の中の時間に合って来たとはいえ、朝が苦手なことに変わりはありません。
 7時に家を出るということは…

 今日は「飛鳥神社の大祭」です。
 「飛鳥神社」は旧・飛鳥村の鎮守様で、飛鳥村全域の神社です。
 私は神社のある「小阪」で育ちましたから、祭と言うのは神社で始まるものだと思っていました。
 ところが、こんな広く色んな集落を管轄する神社では、それぞれの地区で一度集まって神事をし、みんなで神社に向かうのだそうです。
 「大又」地区では、朝7時半からその儀式をし、ちょいと一杯飲んで神社に行く手はずになっているらしいです。
 と、言うことで、それに間に合うように出かけることになりました。

 神社の神事なら9時までに行けば間に合うのですが、1時間半も早いです。

 考えてみると、私が子供の頃、川下の方の「野口」に住んでいた親戚の爺さんが、9時前にはみんなを引き連れ、伊勢音頭を歌いながら小さな峠を越えて歩いてきました。
 今のように自家用で来る時代ではないのですから、随分早くに集まって飲み始めていたのでしょうね。一時間ほど掛かりますからね。
 道中も飲みながら来るので、神社に着いたときには出来上がっていましたね。
 その頃の「飛鳥神社の祭」は12月1日でしたから、夜が明けるのも遅いし、かなり寒い朝の行進だったのですね。
 そんなに大変な祭なのに、一杯人が集まり、賑やかでしたね。
 子供も一学年80人ほど居たのですから、その10年分でも800人ですからね。
 今では全部来ても150人ほどなのでしょうかね?
 お年寄りも年々集まりが悪くなっています。
 なんと言っても「青年団」なんて年代の人が居ませんからね。
 出来るだけ色んな人の写真を撮っておきます。

 と、言うことで、出かけます。
d0045383_6463172.jpg


 こんなブログもはじめました。
 ★更新しました★
   


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2010-11-03 06:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/12189768
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 飛鳥神社の祭 速報1      熊野の旅 霜月の七里御浜 >>