人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 10月 18日

熊野の旅 爺世代 次々世代

 「孫」なんて歌がありますね。
 私は孫と一緒に住んでいませんが、年に一回くらい繰るとついつい甘くなります。
 周りを見回しても、子供を育てる時には怒鳴り散らしていた人も、孫の手を引いて目を細めて歩いていますね。
d0045383_1231564.jpg

 昔から写真のコンテストで入賞したければ、「ガキ」「ババ」を撮れ…なんて言われた位ですから、小さい子は誰でもかわいいものなんですけどね。
 それに、写真を撮っていてもお巡りさんを呼ばれなくて済みますしね。
 昨日までの写真はイベントでなかったら撮れないかも知れません。
d0045383_12332913.jpg

 今の田舎では「爺世代」は元気です。
 「次世代」はうんと数を減らしています。
 そして「次々世代」は絶滅危惧種くらいまで減っています。
 今、名古屋でCOP10なんてのをやっているようですが、日本の田舎では、「熊」「猪」「鹿」「猿」「ブラックバス」なんてのが増えるけど「ホモサピエンス」が絶滅しかけています。
 大体において、「鯨」や「イルカ」はかわいそうだけど、人間はかわいそうじゃないというのが大国の考えですよね。いや、後進国の独裁者も同じです。
 日本の都会人も同じでしょう。
 「熊」「猿」はかわいそうだから保護しなくては…

 昨日、ちょいと林道に入って行きましたが、里の外れの栗の木のある当り…熊のものらしい足跡と引っかき傷がありました。
 先日の目撃情報のところから下り尾根を越え1Kmほどのところです。
 住宅地まで500mほどですね。
 少し古かったですが、うろついているようです。
 
 あるう日 森の中 熊さんに 出ああった ……
 
なんてことになると大変ですからね。
 私は猟師ではなく丸腰の市民ですからね。
 腰鉈すら身に付けていませんから逃げるしか無いです。
 まだ、足に違和感があって走れそうに無いし…
 ねじ伏せても、熊の肉はそんなに美味しいものでは無いし…
 殺しちゃったら林業事務所に叱られます。
 殺される分にはお咎め無しですが…

 こんな状況なので、「次々世代」の頃には、田舎の町は「アラモの砦」のように柵で取り囲んでインデアンならぬ「熊」の襲撃に備えなくてはならないかもしれません。
 すでに山間部や海岸線では自分の家を網や有刺鉄線で守っているのですからね。
 まあ、ゲリラから身を守るよりはましなのかもしれませんけどね。

 こんなブログもはじめました。
 ★★
   


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2010-10-18 12:56 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/12097941
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の銘菓 産田堂      熊野の旅 新宮市 今 >>