LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 09月 13日

熊野の旅 役所の金

 熊野市が使う金は100億ほどです。
 人口二万ですから一人当たり50万円です。
 一杯であって一杯じゃない微妙なものですね。
 保険だとか年金だとかは別ですからそこそこの金額なんですけどね。
 このお金が細切れにされて消えて行きます。
 消えてゆくと表現できる金額は一つ一つはそんなに大金にはならないのですが、足し算すれば結構大きくなります。
 既得権的なものがあって、配分も硬直化しがちですね。
 10年余り見なかった決算書を見てもあまり代わり映えし無いし、ものすごく目新しいとも思えない…
 猫の目のように変わっても困るし、変わらないのも困るし…
 
 箱物の金額はでかくなります。
 昔からこの辺では、田舎で立派なのは学校と役場と天理教なんて言われました。
 「ニシン御殿」「ミカン御殿」「梅御殿」なんてのが建てられなかったこの辺では、この言葉に近いのも事実です。
 でも、学校は老朽化が進んできたし生徒は居なくなっているし少し侘しいです。
 公共の箱物は今でも建設は続いています。
 調査費、基本計画なんてのがあってから作りますから、表面に出るよりコストが嵩みます。
 不正ではないのですが民間から見ると不思議な制度が存在します。
 で…
 いつまでたっても「足ること」を知らないのが住民なのでしょうね。
 毎年同じ位の金額が箱物作りに使われます。
 みんな税金なんですよね。
 と言うより、借金なんですよね。
d0045383_1615196.jpg





 こんなブログもはじめました。
 更新しました
   


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2010-09-13 16:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/11912079
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 雨季・乾季      熊野の旅 競争相手 >>