LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 29日

熊野の旅 猛暑と熊野

 今朝、ほんの少し雨が降りました。
 「おしめり」ともいえないほどのもので、植物の足しにもならないものです。
 葉っぱが少し濡れて、草木が「雨かな?」と思ったときに止んでしまい、猛烈な太陽光が照り付けています。
 草木にとっては逆効果になりかねないほどです。
 

 今日の新聞によりますと、猛暑も程度を越したからか、海水浴場とか屋外プールの客数が減ったのだそうです。
 連日テレビで「日向に出るな」「冷房の入った室内に居ろ」と報じたら、カンカン照りの海に出かける気にはならないでしょうね。
 熊野の海水浴場もずっと空いていたのも当たり前なのでしょう。

 この日照りで夜眠れないのは街中の人だけではないのです。
 ミカン農家も眠れません。
 川から水を汲んでミカンの木に水をやらないと、実が大きくならないどころか、木が枯れる事も起きます。
 他所で収穫期を迎えている梨なども少し小粒でその代わりに甘いそうですが、温州みかんも今が玉が育つ時期です。
 果物なんてのは大量の水に少しの糖分と酸分を混ぜるものです。水が無いことには大きくなってくれません。
 このままだと、今年のミカンはSとかMが増えるでしょうね。そのかわり、甘くておいしいのが多いと思います。
 この辺の人は大体において、でかくて立派なL寸のミカンは好きでは無いですね。
 中の小袋ごと食べちゃいますからね。
 小粒で甘いミカンを育てるのにも、夜中の水遣りが欠かせない日照です。
 ミカン農家も老齢化が進んでいるので大変だと思います。
 ミカンの木の葉っぱが丸まってしまうと今年だけでなく来年まで影響しますからね。

 暑すぎて熊野古道歩きの客が減る以上にこうしたことの方が大変なことです。
 雨乞いが出来るほどの高僧も居ないようです。
d0045383_10512793.jpg




 こんなブログもはじめました。
   


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-08-29 10:52 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/11825022
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hamaco1968 at 2010-08-29 23:52
私の叔父は御浜でミカン農家を営んでて、
お歳暮用に毎年利用させてもらってますが、
東京や大阪でも非常に評判がいいです。
今年のミカンがどんだけイケてるのか、、、楽しみです。

誤字脱字、、、指摘するということは正解が見えてるということで、、、チッチャイことを気にするのは熊野気質ではないですね。たいがいで行きましょう。
Commented by je2luz at 2010-09-11 18:10
 まだまともな雨が降りません。
 多分、叔父さんは睡眠不足になっていると思います。
 夜中中かかって川から水を運んでいるでしょうからね。


<< 熊野の旅 ミカンと摘果      熊野の旅 船と日本人 >>