LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 07月 05日

熊野の旅 紀勢線 有井駅

 熊野市に入り最初の駅が有井駅(ありい)です。旧有井村になります。
 この近くに『花の窟神社』と『産田神社』があります。地名は古事記に出てくる、熊野の有馬セす。
 駅に近づく手前など山側は低い湿地帯になっています。かなり深い沼地で、建物を建てるのにパイルを打ち込んでも、沈下してしまいます。逆に海岸側は盛り上がって砂利と土砂の混じった地盤になっています。
 この駅は近畿大学系列の熊野工業高等専門学校の通学駅になっています。高度成長期の高専ブームの時に設立されたものです。今では設立当時より規模も小さくなってきており、地元の子供の減少や高専ブームが終わったのでよそからの生徒さんが来なくなったので、存続自体が危ぶまれています。
 学生寮も完備して、全国からの生徒さんを受け入れています。
 この駅の前方にそびえるのが花の窟になります。列車はこの山のトンネルに入り日本のトンネルを抜けると熊野市駅になります。
 このトンネルが、これから先のトンネル、又、トンネルの区間の始まりです。これからは七里御浜が終わり、リアス式海岸沿いに走るためです。
 熊野古道も、山又山の伊勢街道に入ります。

 カメラはヤシカ・フレックスD


カメラはミノルタα7700i

by je2luz | 2005-07-05 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/1181148
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 紀勢線 熊野市駅 1      熊野の旅 紀勢線 志原鉄橋 >>