人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 08月 03日

熊野の旅 立派なもの好き

 昨日の続きじゃないのですが、たまたま「中部国際空港」の事を書いたら、ニュースでは「羽田空港」の事を報じました。
 「中部告訴空港」の上を行くような施設や売店が並んだもののようですね。
 中部国際空港の「おかげ横丁風」の売店、食堂郡も無駄な装飾に見えたのですが、羽田もまさに「屋上屋をかける」のものですね。
 天井も高く…立派なものです。
 建設もランニングも無駄なお金が係り、アジアの他の空港に負けますね。
 見掛けが立派だからって利用客が増えるわけでは無いでしょう。
 作る方の自己満足???
 この携行は今の日本では強いです。
 役所の建物に始まって、何とか会館に観光施設…立派さを競い合いますね。
 デザイン優先で使いにくくて、雨漏りだらけ、なんてのが一杯あります。
 でも、予想図のパースが発表されても、マスコミさん辺りは褒め放題褒めます。
 「中部国際空港」の時も「関空」ときも、今回の羽田の時も…
 各地の観光施設も同様です。褒めまくります。
 その後の実態を報じると具合が悪いくらいでしょうね。
d0045383_925590.jpg


 と、言うことで、世界遺産指定後の熊野古道周辺では「立派な施設」がぽつぽつ出来ています。
 その割りにブームが終わりかけて客は減り気味の所もあるようです。
 「熊野古道」のお客さんは「熊野古道」を歩きに来ているのです。取って付けた様な施設を実に来るのは「行政視察」「先進地視察」なんて団体だけです。
 紺の競争が北は北海道から南は沖縄まで行われています。
 「視察」の時はそんな施設を探し出して出かけるのですが、「普通の旅」ではそんなものは興味の対象外なのでは無いでしょうか?
 まあ、「立派なもの」が好きな人も居ますからねえ…
 せめて、観光の対象本体の雰囲気だけは壊して欲しくないものです。

 それにしても、公共事業の設計と言うやつは「無駄」とか「始末」なんて考えが無いのだろうかと思えるものが多いです。
 口田は「予算が無い」などと言いながらねえ…


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-08-03 09:28 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/11672954
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 土用波と熊野灘      熊野の旅 空路・海路と熊野 >>