人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 07月 29日

熊野の旅 CHINA MONEY

 昨日、中国からの観光客について触れたのですが、夕方のテレビで和歌山県の取り組みを放送していました。
 今回のビザ発給の垣根を下げたことで大幅に海外渡航する中国人が増えるそうです。
 将来的には日本の人口そっくりに匹敵する数が地球をうろつくとか…

 人口がもうすぐ一億人まで減少し、その四割が高齢者になることがはっきりしている日本人を相手に、観光の青写真を引いていたのではどうしようもないことに目をつぶっている地域が多い中で、和歌山・白浜などはまじめな方でしょう。
 九州も地域的に近いこともあり、力を入れだしたのは早いですね。

 中国での団体募集の料金は大体八万円くらいだそうです。
 もちろん、航空運賃も込みの話です。
 中華航空などは日本の飛行機会社に比べうんと安いはずですが、とにかく、足、宿、飯…全部混みで八万円に収めると言うことです。
 日本からの海外ツアーもそんなものですが、「円高」だし、交通費などの高い日本で、動き回らせるのは大変でしょう。
 それに、今のところ中国からのお客様を絶対に案内しないと収まらないのが『秋葉原』のようです。
 日本人がハワイに行ったら必ず出かける「アラナモア・ショッピングセンター」みたいなものでしょう。
 もう少し高いものですから、ローマに行ったら押しかけた「グッチの本店」的なものでしょう。
 同じ値段でも「大阪日本橋」ではなく「東京秋葉原」で買いたいようです。
 おまけに、「萌~」なんてのも大阪難波では駄目ですからね。

 八万円で「秋葉原」あり…
 日程的にも予算的にも地方が引っ張るのは大変そうです。
 熊野市が誇る????、「一泊二万円でお安く…」と言うリゾートホテルでは、組み込みようが無いでしょう。
 それに、「観光産業」なんて虎視眈々と懐を狙うようでは、「おもてなし」なんてあり得ませんね。
 「歓迎」と言えば「和太鼓」と「ソーラン」で賑やかに…
 日本に求められるのは「ド迫力」では無いでしょう。
 「遠くから琴の音が聞こえ、彼方から笛の音が…」
 「何処からとも無く祭囃子が聞こえ、誘われて出かけたら、賑やかな祭りにぶつかる…」
 これが一番だと思うのは私だけでしょうか?
 オプションは良いけど強制的な過剰接待は「おもてなし」では無いでしょう。

 日本の団体ツアーは、始まってもう40年になってようやく大都市以外の目的地を回るようになったところです。
 私はどさ周りが好きな方で田舎を歩いた方ですが、時間と予算が限られるとねえ。
 自分自身が「人生初の海外旅行」で日本に来たらどこへ行きたいかを考えれば答えも少し出るでしょう。
 うろつく人が増えるので、おこぼれ的に少し増えるでしょうけどね。

 困ったことに、私は中国語は駄目です。
 「ニー・はぉ」と「オー・アイ・ニー」では…
d0045383_1135512.jpg



熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-07-29 11:36 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/11642432
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 類似・典型 古い町並み      熊野の旅 高速道路無料化 >>