人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 30日

熊野の旅 ささやかの歓迎 めだかの学校

d0045383_9121248.jpg

 この手作りの看板は、熊野の山間部、飛鳥町小又にあるものです。
 個人の方が、小さな休耕田を使ってやっているものです。
 呼び物は今の時期に咲く『睡蓮』です。
 豊富な水を利用して田圃には水がかけ流しになっています。
 何が住んでいるのか良くわかりませんが、トノサマガエルはたくさん居ました。
 おそらく、「ヤゴ」も沢山居てもうすぐトンボが一杯出てくるでしょうね。
 小さめの田圃ですから、「見渡す限りの水練池」と言うわけには行きません。
 それでも、沼や池のないこの辺りでは珍しい光景です。
 残念ながら「鹿避けのネット」が張られています。
 開放してあるのですが、鹿に目をつけられたら花どころでは無いですからね。

 飛鳥町内には「菖蒲」の田圃もあります。
 こちらも、民間・個人の方がやっておられます。
 もちろん、「菜花の里」なんてものに比べようもない規模ですが、季節になれば山間で来る人を拒まないで迎えてくれます。

 休耕田・廃耕畑はいくらでもあります。
 山間部になるとそんな農地の方が多いくらいでしょう。
 花の好きな人はこうして個人でがんばって花を育てています。
 全国でも、コスモスや向日葵、アジサイなどが植えられて、ローカルニュースなどで紹介されています。
 私など、自分の庭でさえ草だらけのジャングルにしてしまうくらいですから、花作りも中々大変なものです。
 熊野古道歩きのコースの脇にあるので、わずかに咲かせる「ケシ」「花石榴」などでも目に触れるようです。
 こうしたものがささやかですが、「歓迎」の気持ちとなって伝われば一番よいと思います。

 日本の庭は閉鎖的で通る人を歓迎するものでは無いですが、ほんの少しのプランターなどでも目を休めてもらえると思います。
 イタリアでもスイスでも海外では個人の家々が外に向かって花を咲かせます。
 それが習慣になっているようです。
 「花一杯運動」なんてタイトルが付くと、予算を使って…予算を引っ張り出して…と言う考えになる人も多いようです。
 助けてもらえるに越したことは無いですが、それ以前の問題のような気もします。
 うまく表現できませんけどね。
d0045383_9395373.jpg


 


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-06-30 09:44 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/11433759
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 えらいこっちゃあ 梅雨が!      熊野の旅 わき道 自己中自治体・国民 >>