LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 08日

熊野の旅 修復できたけど…松本峠

 去年の秋に周囲の巨木が風で倒れるとともに壊れてしまっていた「松本峠」の石畳道が復旧しました。
 きちんと石垣を積み、元のように石畳にして完成しました。
d0045383_9585947.jpg

 出来立てのほやほやなので「熊野古道」にはちょいと似合わない光景です。
 元はこの下側には土の斜面もあり、そこに木が植わっていたのですが今の段階ではこの通り殺風景になりました。
 自然の作り出してゆく味はいきなり作り出すことは出来ません。
 京都などの庭園も完成した時は味など無かったものが多かったはずです。
 数年、十数年、数十年の時間が経った時を予測して作ったものでしょうからね。

 味も素っ気もなくなった代わり、展望台のような景色が邪魔物無しでみられるようになりました。
 物事は良い方に解釈しておいた方が良いでしょう。
 残念なのは脇の農業用の納屋が無粋なんですよね。
 以前から写真を撮るのにこれを隠そうと苦心したものです。
 木々がなくなった分、隠しにくくなりました。
 松本峠の写真で邪魔になるのは、通行人ではなく、この小屋と電信柱と観光案内標識くらいでしょうね。

 今のところ、景色が良くて見とれるところですが、木は無いし、手すりも無いので石畳につまずくとさえぎるもの無しで落っこちます。くれぐれも気をつけてくださいね。
 落ちた先が極楽なら良いのですが、多分、病院のベッドでしょうからね。
 落差は2mを越えると思います。
 落下するのに0.5秒ほど時間はありますから。「落ちる!」と考える暇はあると思います。
 その間に「極楽への道」を見るか、「地獄への落下」を体験するか…あなたしだいでしょう。

 


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-05-08 10:12 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/11074541
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 月例 くまの広報      熊野の旅 子供たち >>