人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 04月 17日

熊野の旅 騒々しい一週間

 明日から一週間、熊野市内は騒々しくなります。
 熊野古道で言えば「大吹峠」「松本峠」「花の窟神社など、観光地では「鬼ヶ城」「獅子岩」「丸山千枚田」などがその中に入ります。
 明日18日日曜日から24日土曜日まで、熊野市では市議会議員選挙があります。
 予想では17台の選挙カーが走り回ることになります。
 熊野市は広いですし、集落が分散していますから、選挙カーも糞さんはしますが、逆に言えば数少ない民家の固まった市街地に集まってくると言うことですから中心部は騒々しくなります。
 「峠」は山の中ですから峠道を歩いている時はそんなに騒々しくないでしょうが、町に出ればうるさいでしょうね。

 全国的にそうなのですが、平成の合併で田舎の市は広くなったところが多いです。
 熊野市は南牟婁郡との大合併に失敗し、紀和町とだけの合併に終わりました。
 合併後の選挙では、吸収した紀和長だけを分離し中選挙区行ったのですが、今回からは全紙一本の大選挙区制に戻りました。
 紀和町は、熊野市の中でも「超」の付く過疎地で人口も少ないです。当然のように立候補者を一人に絞ってきています。
 そうしないと「地元選出の議員」が居なくなる可能性が出るからです。
 そうした「地域代表の議員」は要らないと言う声もありますが、あまりにも広大で遠いところの事情は中心部で生まれ育った人間には分からない部分があります。
 熊野市などはまだ良いほうでしょう。
 津市などのように、もともと大きな都会があちこちの山間部の町を吸収した場合は非常にバランスが取り難くなると思われます。
 大都市の役所の職員や議会がはたして、家が山の中に点在して夜中には庭を鹿やイノシシが徘徊する田舎のことが理解できるのかどうか…

 「大合併」でも「大都会が田舎を飲み込む」のと「田舎同士が寄り集まる」のがあります。
 前者は行政効率が上がりますが、田舎切捨てになりかねません。
 後者は面積ばかり広くなって行政効率はあまりあがらないと言うところもあります。
 こうしたシステムを考えてくれるのが中央のお役人ですから田舎のことが抜け落ちても仕方ないでしょうね。
 「限界集落」などは速く消えて欲しいのでしょうからね。

 ちなみに、私もこの騒々しさを増幅する立場になり騒がせますから、お許しください。
 まあ、一週間だけですし、ゴールデンウィークには掛かりませんから…
d0045383_9283673.jpg





熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-04-17 09:28 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10973725
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 田舎の人      熊野の旅 イベント山積の季節かな? >>