LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 22日

熊野の旅 経済効果とやら

 少し前に関西の私鉄の新線が出来て一年とかで、その経済効果が発表されたとか…
 テレビではものすごい波及効果があったように報じましたが、私から見るとかなり疑問のあるものです。

 新しい交通機関が出来たので、買い物客の移動がうんと活発になったので売り上げが増えたとか…
 不景気で個人消費がいまだに回復どころか縮小方向にあるときに電車が出来ただけで財布の紐が緩んだのでしょうかね?
 中心部まで買い物に行かなかった人が行くようになって、そっちの方は売り上げが増えたかもしれませんが、沿線部の商店街はどうなったのでしょう?
 いつも来てくれたおばちゃんがしばらく見えないとか…
 都心部の人が周辺部の店に買い物にくるなんて無いですからね。
 同じ財布で、余分な電車賃を払えば買い物が一品減るのではないのかなあ…などと考えるのは貧乏人だからなのでしょうね。
 〇〇経済研究所なんてところにお勤めのエリートさんたちが日本の平均でしょうから、あんな数字も間違いはないし、沿線も潤っているのでしょう。

 昔から、鉄道が便利になったり、道路がよくなると田舎が寂れているのですが…
 近郊の場合は大手が住宅地を開発してその周りだけ開けるところもありますがね。

 観光地も同様でしょう。
 新しい道が出来たりするとしばらくは少し増えるけど、全体としての純増などと言うのはほんのわずかで、方向を振り替えただけと言うのが本当のところだと思います。
 「同じパイの取りっこ」ですね。
 これから、どんどん人口は減るし…
 紀伊半島、熊野などはその先進地です。
 50年後の日本は今の熊野のようになるんだとか…
 それでも日本には高速道路は要るし、まだまだ飛行場も要るんだそうですね。
 「枯葉マーク専用道路」にならなければ良いのですがねえ。
d0045383_9441422.jpg





熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-03-22 09:44 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10888217
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 春本番      熊野の旅 連休 >>