人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 05日

熊野の旅 期限付き観光地 難破船「ありあけ」

 先日、久しぶりに難破船「ありあけ」を見てきました。(午前中に記事は名前間違いなので訂正)
 昨日の写真に黒く写っていたのもあかつきです。
 現場で切断撤去だと言うことで、作業が信仰しているのかと思ったのですが、回りには台船も作業船もありませんでした。潜伏を切開して運び出した積荷のコンテナらしきものも横たわった腹の上に見えては居ましたが、作業はされていないようです。
 春先になって、海が荒れることも増えてきたので作業がしにくいのでしょうかね?
 台湾坊主みたいな大きな低気圧が通過することもある季節になって来たし、この先の作業はどうなるのでしょう。
d0045383_1074146.jpg

 燃料は抜き取ったとは言われていますが、タンクの完全洗浄がされた訳ではないし、オイル関係も残っているでしょうから、本格的切断撤去の時には少しは流出するでしょうね。
 まあ、いつの時でも、やってしまえば「ごめんなさい」と「お金」で済んでしまうのですけどね。
 前に締結した同意書の中身がどうなっているか分かりませんが、プロが付いている船会社と田舎の漁協ですから、書面では向こう有利でしょうね。

 難破した当初はマスコミの取材も多く、泊り込みのスタッフも居て賑わいました。
 報道合戦で宣伝したので、その後しばらくは、見物人も多かったし、わざわざ遠くからみに来た人も居ました。
 長引いてくると、堤防から眺める人もほとんど居なくなってきています。
 人の噂も何とやら…
 めったと無い見世物でもこんなものです。
 人の気持ちをひきつけておくのが以下に難しいかを示すような例ですね。


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2010-03-05 10:17 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10832988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 年中みかんのとれる町      熊野の旅 観光客の動向 >>