LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 30日

熊野の旅 微妙な天気 初日の出

 今日はどんより曇っています。
 でも、夜になると晴れてきて、明日の大晦日は夜中まで「晴れ」の予報です。
 つまり、年が変わってすぐの「初詣」は上天気ということらしいです。
 初詣の帰り道の頃に「月食」が見られるそうです。ほんの少しだけの部分月食なので気が付かないかもしれません。時間も午前4時ごろだとか…

 「月食」と言う事は「満月」に近いってことです。
 天気がよければ、明るい月夜の道を歩いての「初詣」です。
 今の季節の月明かりは空が澄んでいるので、青白くて寒々しいですけどね。
 「月天心 貧しき町を 通りけり」 でしたっけ…

 この上天気の予報は非常に微妙で、元旦は「曇」なんです。
 どの時間から雲が出て曇ってしまうのか…
 気圧配置の変化が少し早ければ「初日の出」は駄目ですね。
 「初日の出」ではなく「最後の夕日」を拝んでおいた方が良いかもしれません。
 『さいなら!朝日さんによろしゅうゆうといて!』と、伝言しておけば大丈夫でしょう。
 「日の出」は朝七時で早いですが、夕日なら16時50分くらいですから忘れさえしなかったら見られるでしょう。
d0045383_1039014.jpg

 こんな風になっていたら、「初日」さんは拝めないでしょうね。
 大勢の人が楽しみにしているだけに、朝7時…東南の水平線、地平線に雲が無いことを祈ります。
 正確に言うと・・・
 熊野市 初日の出 07:01 方位117.5 です。
 お住まいの場所の初日の出時刻を知りたければ下の東京天文台のホームページで調べられます。
   http://www.nao.ac.jp/koyomi/
 昔は「理科年表」などを引っ張り出さないと自分のところのは分かりませんでしたから、便利になったものです。
 それでも、昔ながらの「暦」の小さな本になったやつとか、農協などが配る旧式のカレンダーの方が便利なことも多いです。
 「大安・仏滅」だけではなく、「節句・土用」など縁起を担ぐ人には必須な事項が記載されていますからね。
 縁起を担ぐ人なら持っているのでしょうね。
 縁起を担がない人でも、「潮干狩り」なんてのも「大潮」なんて分かりますからね。
 と、言いつつ、私は縁起を担ぐ方でもないので詳しく見たりしませんけどね。
 ブログのネタに使うこともあります。


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2009-12-30 11:01 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10610614
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 2009年 ありがと...      熊野の旅 広報くまの 新年号 >>