LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 22日

熊野の旅 初日の出

 なんといっても「お天気しだい」その時にならないと分からないのが「初日の出」です。
 「流星群」とか「彗星」は期間がありますが、「日食」だとか「初日の出」はその時だけですからね。
 時期的に、太平洋側は天気が良いことが多いですけどね。
 それでも、上が晴れていても、東南の水平線、地平線に雲が掛かると、「日の出の瞬間」と言うのがなくなってしまい感動が薄れますね。
 「初日の出」が元旦だけだから感動するんぼですが、「正月三が日」にしてあれば、ほとんどの年におばめるのですけどね。

 平地で見るより、雲の上に出た方が邪魔される率が少ないのもあって、高い山の山頂から雲海の上に出てくる「初日」を拝もうと言う人も多いです。
 この辺では、そこまで高い山は在りませんね。
 700mとか800mクラスの山頂になら車で登れます。
 余程の寒気が来ない限り、雪で上れないと言うことは無いです。
 『長尾山762m』と『矢ノ川峠808m』の二つは登れます。
 低い朝霧からは頭を出す山です。
 『矢ノ川峠』からだと、運がよければ『ご来光』と『富士山』の両方を拝めるのですが…
 年に何回かしか見られない「富士の遠望」が「初日の出」の時になる確率は…
 東にあってはるかに高い富士山ですから、矢ノ川峠に陽が差す前に日が当たって輝くはずなのですが…

 新宮の奥の『大雲取山』とか那智山の『妙法』なども日の出を見るスポットにはなるでしょう。
 でも、どの場所も山岳道路慣れしたドライバーで無いと、夜中に走ることは非常に危険ですね。
 途中で出会うのは、鹿や猪くらいしか居ませんけどね。
 他所の人にはあまりお勧めできません。
 長尾や矢ノ川峠の日の出は何度と無く見てきましたが、中々良いものですよ。
 初日の出の時なんかには登りませんけどね。
 「CQ CQ CQ こちらは JE2LUZ/2 三重県熊野市移動」なんて叫びながら日の出を迎えたものです。
 下の写真は「長尾山山頂」から眺めた熊野市の中心部です。
 今年の1月3日、JJ2JQFの移動運用に同行した時の者です。
d0045383_10451089.jpg



熊野市周辺地図です


by je2luz | 2009-12-22 10:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10583761
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 日も長くなります      熊野の旅 熊野三山ではない初詣 >>