人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 21日

熊野の旅 熊野三山ではない初詣

 各地に「初詣」になるとものすごく込む神社やお寺が沢山あります。
 ことに、もはや神道とは関係の無くなって日本人でも「結婚式」「お祭り」「初詣」になると『神社』が好きですから、大きな神社は混み合います。
 私はそうした神社は「明治神宮」しか行った事がありません。
 もちろんアベックで…今ならカップルと言うのでしょうが…出かけましたが、あれは「お参り」ではなく「行って来た」が正しいようなものでした。
 これは、有名なところではそうなりがちで、賽銭箱にも近づけない…まともに手を合わせてお願いするのも難しい混みようになりますね。
 まあ、100円玉一個で「恋愛成就」「家内安全」「無病息災」「受験合格」「家運隆盛」「交通安全」の個人的なものから「世界平和」までお願いしちゃうのですから、神前でゆっくりなんて出来なくても当たり前かもしれません。
 三重県でも北の方の「多度神社」「伊勢神宮」「頭の宮」などになると大変な人出だそうです。
 今年は「お伊勢さん」では「宇治橋」の架け替えが済んで宣伝が行き届いているので、天気がよければ例年より沢山の初詣客が押しかけるでしょう。
 このあたりで混むのは、新宮市内にある「速玉神社」「神倉神社」と知名度一番の「那智山」でしょうね。
 熊野三山」の中では交通の便が少し悪い「本宮大社」は地元の住民も少なく夜中の参拝者は他よりは少しだけ少ないようですが、世界遺産登録以来、知名度が上がったので明るくなってからの参拝者は増えているようです。
 他所から来ると、「那智山」「ご来光」「速玉神社」「本宮大社」をセットでこなして帰る人も多いようです。
 道路事情の関係で「那智山」に近づくことが難しいので時間も掛かります。

 同じように知名度が上がってきても、日本最古の神社、「花の窟神社」の方は初詣客を沢山呼び寄せると言うわけには行かないようです。
 自然崇拝に近い古い神社形態なので、厳かな神殿があるわけでもないし、衣冠束帯で身を固めた神官や清らかなはかま姿の巫女さんがにこやかに「破魔矢」などを売りさばいているのでもないですからね。
 初詣も一種のお祭り的な要素が強いですから、混み合っているところで、飛ぶように売れている「破魔矢」の方が「らしい」のでしょうね。
 
 「初詣」と「ご来光」をセットにするなら、「最古の神社花の窟神社」と「七里御浜の初日の出」をセットにされてはいかがでしょう?
 そんなに混まないし、駐車料金なんて無粋なものは要りませんし…
 初日の出は、午前7時ごろです。
 普段より伊勢詣でとかの関係で高速の混む区間もあるでしょうけど、中京、関西の方なら近所のお宮さんにお参りしてそのまま南下してくれば、日の出までには熊野に着くと思います。
 「花の窟神社」「産田神社」「大馬神社」をセットにして回るのも悪くないですよ。
 などと宣伝していますが、初日の出を見るのは寒いですけどね。
 その中では、標高10m、黒潮のそば、直前まで車で待機できるなんて場所はそんなに無いですよ。
 ただ…腹が減っても暖かいうどんを食わせる店も開いているかどうか…
 「サークルK」と24時間営業の「オークワ有馬店」でなら食料は調達できます。
d0045383_10571875.jpg



熊野市周辺地図です


by je2luz | 2009-12-21 11:03 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10580542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 初日の出      熊野の旅 イベントも終わりお正... >>