人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 20日

熊野の旅 イベントも終わりお正月へ・・・

 『熊野古道朝市』も終わり、イベントの多い「本町通り」も今年の行司は終わりだと思います。
 主催団体は三つくらいあるようですが、実行部隊はほとんど同じですね。
 熊野市の中心街は木本町で、広い通りは、江戸時代からある「本町通り」と「皇紀2600年」に出来た「記念通り」の二本だけです。
 記念通りが出来て、町の中心が移ってゆくまでの商店街の「本町」は今でも中心街の誇りは捨てていません。
 100mあまり離れて完全に平行に走る二つの道は同じにイベントをやることはありませんね。
 二つを埋めるほど催し物をやる主催者の力もないし、この二本を同時に閉鎖することは「熊野大花火大会」くらいで無いと、町の交通が完全に止まるので出来にくいのもあります。
 それに、それだけのイベントを埋めるだけの見込み客数も無いのも事実です。
 観光客を引っ張るほどになるイベントと言うのはそんなにあるわけでも無し、全国、金太郎飴になりがちですからね。
d0045383_10513211.jpg

d0045383_1055308.jpg
 
 地元の県立木本高等学校総合学科の生徒さんたちの実習を兼ねた出店も出て協力してくれていました。
 果たして元を引けたのやら…
 まあ、高校生活の楽しい思い出になってくれれば良いでしょう。

 観光客をターゲットにしたイベントではないですし、暮れも押し詰まってきた時期なので、古道歩きの人は見かけませんでした。
 「年中休暇」と言う私のような生活を送っている人の割合はどんどん増えていて、人口の二割ほどに達していると思うのですが、そんな人でも、長年の習慣と培われた意識で、「暮れは忙しい」と思う人が多いようです。
 こうしたところに集まってきたおばあちゃん達も…
 「もう正月じゃのう…」
 『そうじゃのう…いそがしなって来たのう…」
 などといっています。
 一人住まいで、もう、御節も作らないし、餅もつかないのに気分は忙しいようです。
 古道歩きの人はこうした「年中休暇」の世代の人がほとんどなのですが、暮れになると出足が止まりますね。
 雪で行動が制限されたり、遭難したりすることの無い熊野灘沿いの「伊勢街道」などは真冬に行ける観光地では良い方だと思うのですけどね。
 それに、暮れは宿泊施設など空いているはずです。
 日本人の大人全体が、「暮れは忙しい」と思っているのですからね。


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2009-12-20 11:11 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10577162
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野三山ではない初詣      熊野の旅 冬将軍は強い! >>