LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 29日

熊野の旅 見晴らし満点 環境良し

d0045383_11325422.jpg

 この緑に囲まれ、海を見渡す施設は、「三重県立熊野少年自然の家」です。
 管轄は多分、教育委員会なのかと思います。
 館長?は学校の先生が就任していましたからね。
 天下りではなく、出向みたいな感じですから教育委員会の所轄ですね。

 この施設、宿泊施設で、主に小中学生の林間学校などに使われています。
 地元の学校に行った子供の多くはここに泊まって、カレーライスなどを食べた記憶があるのではないでしょうか?
 教育施設ですから、夜には星を観測したり…
 ここにはきちんと「天文台」らしい「ドーム」が作られています。
 覗かせてもらった事はありませんが、多分、まともな天体望遠鏡は設置されているのだと思います。

 見てのとおり、下り尾根の途中にあり、見晴らしもよく、緑もたっぷりで環境は抜群です。
 これのある場所は、熊野市金山町の一番上です。
 歩いてゆけるところには飲み屋さんなんてありません。もちろん、ゲームセンターなどはあるわけもなし…
 子供が夜中に抜け出す心配もありません。
 下手に谷中に外をうろつけば、鹿やいのししに出会いかねません。
 大体出たがらないと思います。

 こうした学校行事の入っていないときには一般の人も泊まれます。
 ふらりと立ち寄って、「今晩空いてますか?」と。いうわけには行かないのがこういうところです。
 下にここのHPのURLを載せておきますが、きちんと、申請書を出して、許可をもらってからおいでください。
 営利ではないので仕方ないのでしょうね。
 それを我慢すれば安いですよ。
 ユースホステル式の料金形態で、「素泊まり・630円」「リネン料・初日215円・二日目55円)で泊まれます。あいりん地区のホテルより安そうです。
 食事の中身は不明ですが、予約すれば作ってもらえます。

 熊野古道歩きの足場としてはこれ以上安いところは無いと思います。
 若い女の子なら我が家にただで止めてもよろしいですが…それ以外にこんな安いところは無いと思います。
 ここからは、熊野三山のお山や、太地・梶取岬にかけての熊野灘も一望できます。
 林間コースの遊歩道も整備されています。
 まあ、詳しくはHPで調べてください。
 『熊野倶楽部』よりは見晴らしは良いですが、ちょいと山奥って感じですが、車なら国道を分かれてからの所要に間は5分ほどしか違わないと思います。
 この写真、よく見ると右端に低い方の山に白い点のような建物がありますが、そこが「金山パイロット蜜柑園」「里創人・熊野倶楽部」です。

 三重県立熊野少年自然の家のホームページ
  http://www.pref.mie.jp/KUMASYO/HP/index.htm

 普通のユースホステルもありますから、そちらも、又、紹介します。
 それは『熊野市立』でもっと便利なところにあります。

 カメラはソニーα350+シグマ10-20ズーム


熊野市周辺地図です
 

by je2luz | 2009-11-29 12:07 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10505743
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 ざるの目はふさがった...      熊野の旅 リゾート法 夢?の跡... >>