人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 19日

熊野の旅 紀伊長島は 3

 紀伊長島は路地裏ばかりではありません。
 古くからの町ですから、神社仏閣にもいいものがあります。
 普通の観光ガイドではそちらの方を取り上げてあるでしょう。
 街の構造上、そうしたものは岬のように突き出してきている山のすそに並んでいます。旧国道沿いを歩けば自然にその前を通ることになります。
d0045383_1122665.jpg
 
 長島の鎮守様なのでしょうね。
 『長島神社』です。
 神社の前は広い広場になっていて普段は駐車場になっています。
 お祭りのときはここが人で埋め尽くされる…された?…のでしょうね。
 ここには樹齢800年とやらの楠があります。
 楠は大きくなりよいし、明治以降は国によって「樟脳専売」の対象となり、例え自分の山の楠でも切ってはいけないという制限もありましたので、南紀では大木が多いのです。
 しかし、この神社の物は誰でも見られる町中の神社の入り口にあります。
 それに、その姿が、いかにも「古木」と言う風格があるので、見る人を感心させるでしょう。
 三重県の天然記念物指定を受けているようです。
d0045383_1191291.jpg

 神社の境内も夏場などは横の谷川とうっそうとした森で、おそらく、訪れた人がほっとする空間のはずです。
 でも、先を急ぐ観光客は入り口の『楠』を見たら、石段を上がって参拝するということもなしで次に向かうことが多いのでしょうね。

d0045383_1132229.jpg

 少し町の中心に向かうと、曹洞宗の『佛光寺』と言うお寺があります。
 写真のように立派な鐘楼を持つお寺で、狭い屋敷しかない町では別格の大きなお寺です。
 本堂は講堂風の物です。
 正式には、大嶋山 佛光寺 本尊 釈迦牟尼仏 開基 傑山宗英居士 建立 寛永四年 と言うお寺です。

d0045383_1145781.jpg

 こちらは、浄土真宗のお寺で、「長楽寺」というところです。
 このお寺も、ほんの少し歩くだけで着きます。 …と言うより…長島は広くないのです。
 このお寺も、近年再建したらしい立派な鐘楼があり、長島の人々の信仰心の厚さを物語っています。
 今の時代、在来の宗教では中々こうした浄財も集まりませんからね。
 ここのお寺の庭にある紅梅は中々の物だとか…

 こうした大きな神社仏閣のほかにも、「庚申さま」だとか言った小さな祠もありますし、そちらに興味のある方は見て回るのも良いでしょう。
 何しろ、紀伊長島町は広いですが、その中の「長島地区」だけなら端から端まで歩くだけなら10分ほどですから…
 長島を見るなら、急がないことでしょう。
 私か今回、フォーラム見たい魔物への参加で、団体だったので随分急がされましたけどね。

カメラはソニーα350+シグマ10-20ズーム


紀北町紀伊長島周辺の地図です
 

by je2luz | 2009-11-19 12:02 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10471374
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 紀伊長島は 4      熊野の旅 紀伊長島は 2 >>