人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 09日

熊野の旅 又、連休です

 昔なら、この秋の行楽シーズンに連休があると、マスコミも騒ぐし、子供の居る家族「ニューファミリー」なんてのがそわそわした物です。
 しかし、週休二日制が普及し、「国民の休日に関する法律」とやらが、どんどん改定され、こじ付けみたいな休みを増やして連休を大量に生み出してからは、今度の連休などは、あまり、「連休」扱いされませんね。
 それでも、この「体育の日」は昭和39年の「東京オリンピック」を記念して出来た今となっては古いほうの休日です。
 ただ…
 本来は10月10日のはずが、ご都合主義で動き回るようになってしまいましたね。
 オリンピック記念だった休日を動き回らせるくらいだから、オリンピックの女神が日本に来たがらないのかもしれません。

 台風は週の真ん中に通過し終わって、この連休の天気は大丈夫なようです。 
 昨日は「台風一過」の秋晴れでしたが、今日は少々雲が厚いですけどね…
d0045383_12512681.jpg

 これが、我が家の傍の「行政無線・広報熊野」の拡声器です。
 木本町の国道42号線の脇に立っていて、国道沿いをカバーしています。
 スピーカーの無い方向に、「七里御浜」があります。
 国道の対面の堤防外には民家が無いので、スピーカーが向けられていないのです。
 風向きによって聞こえ方が随分違う音声ですが、浜に居ても一応聞こえます。
 今は、サイレンもこのスピーカーから流れます。
 津波も『警報』になると、「サイレン」が流されます。
 「サイレン」と言う物は、「空襲警報」同様、異常事態、緊急事態の発生を知らせるものです。
 旅行者にとっても生命に関わる場合もあるものです。
 「ピン・ポン・ポーン』なんてのではじめる放送はほとんど地元住民向けですが、「サイレン」だけは別物です。
 ことに、海岸に出て七里御浜の景色と潮風を楽しんでいる時にサイレンが鳴ったら、すぐに堤防の内側に上がることを考えてください。
 遊んでいると聞こえなかったり、聞こえてもたかをくくってしまったり…
 まあ、100年とかに一度の災難かもしれませんけどね。
 熊野の海から船出すれば、『極楽浄土』『補陀洛・ふだらく』に行けるそうですから、津波で生身のままさらわれても、他所でさらわれるよりは極楽へ行く確率は高いでしょうけどね。

 秋祭りもこの動き回るお休みに合わせる様になったところも多いでしょうね。
 「木本神社秋の大祭」も臨機応変、動き回るようになりました。
 昔は祭りになれば学校も職場もお休みになったのですが、そんな時代でも無いですからね。
 私が子供の頃…半世紀ほど前だと小さなお寺の「花祭り」でも小学校は半日でした。
 その代わり土曜日も学校に行っていましたけどね。
 
 いかがですか?
 久しぶりに「故郷の祭り」を見に帰られては…
 同じ神社の境内が子供の頃より狭く感じるでしょう。
 それに、賑わいが減ったと感じるお祭りが多いと思いますよ。
 でも、懐かしい顔もちらほら見られるヵも知れません。
 「ディズニーランド」「USJ」「大江戸温泉村」などだけが、行楽地では無いですよ。


 カメラはSONY α350+SIGMA スーパーワイドII 24mmF2.8使用


熊野市周辺地図です


by je2luz | 2009-10-09 13:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10319303
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 世界遺産 被害発生 松本峠      熊野の旅 台風一過 >>