LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 31日

熊野の旅 覗いてきました 交流拠点 熊野倶楽部 4

 『交流拠点・熊野倶楽部』の『交流』の部分の要素には、食べて泊まるお客さんだけの親睦交流の他に、文化?の面での地元との触れ合いも入っています。
 これを入れないと、まさか、宿泊施設のために何億と言う公金をつぎ込んで、民間にあげちゃうなんて出来ませんからね。
 もしそうなら、公金の支出としてはものすごく疑念のあることになり、ただでは済まされないはなしです。
 まあ、これは原則論で、全国にはいくらでもそんなのがありそうですけどね。

 この「熊野倶楽部」では「体験学習」と言うコースもあります。
 下の建物と看板が体験教室です。
 木工・那智黒は熊野のものといってよいでしょう。
 ガラス細工は新しく始まったような気もします。
 食品関係も料理教室が出来る施設は出来ているようです。
 都会なら、文化会館とかにあるものがここに作られています。
 立地から言うと、とても地元のご婦人方が気楽に行けるところではないですし、対象は基本的には遠来のお客様なのでしょうね。
 オープンが7月の夏休みに入る時でしたから、宿泊が予約で埋まっていたとか聞きますから、この体験教室などもお客さんが結構居たのではないでしょうかね。
d0045383_1148737.jpg

 今日で夏休みも終わり・・・
 まさに、『秋風』が吹き始めますが・・・

 同じような企画が、御浜町の『パーク七里御浜・ピネ』でもやられ、とても採算が合わないということで、那智黒石加工や木工体験コーナーに関しては民間が出店拒否した物です。
 今回の物は雇用関係はどうなっているのでしょうね?
 宿泊などの施設のサービスと割り切らないと、『独立採算』は不可能な部門だと思われます。
d0045383_1214141.jpg

 この屋外舞台も交流目的の一つかと思います。
 小さめの広場に仮設?の桧舞台がしつらえられています。
 何か、歓迎イベントの時とかに太鼓を叩いたりするのでしょうね。
 残念ながら、私に目で見ると、長持ちしない仮設舞台にしか見えません。今は新しいですから、ヒノキが綺麗な光を見せていますけどね。

 高い木を植えるつもりは無さそうですが、一見すると昔に流行った郊外の宅地分譲地のような光景ですよね。
 文句ばかり言うようですが、「これでいいのだーーー」とは言いにくいです。
 岡の上に並んでいるのは建売住宅ではなく、高級リゾートホテルなのですから・・・
 趣が出そうに無いと言うのはこうした構造から受ける印象なのです。



 ただ・・・
 救われるのは・・・
 ここで働く人たちは『やる気』があります。
 上の方の人もやる気充分です。
 地元からの参加者もやる気充分のようです。
 やる気があるから、訪れた人には目一杯奉仕すると思います。
 愛想の悪いのが紀州の人間なのですが、「脱紀州」で頑張るようです。

 昼間しか営業していなかった外来用の食堂ももうすぐ夜も開くようです。
 昼飯を食いに国道42号線走行の車がやってくるところでも無いですから、少し高めの物を食べるとしたら夜でしょう。

 ここの宿泊客は『連泊』の人が多いといっていました。
 熊野市は熊野三山を回ったり、海で遊んだり・・・と言う、レジャーの拠点としては悪くないところです。
 道も空いていますから、二十キロとか三十キロなんて熊野三山までの距離はすぐ隣と言う感じですからね。
 これも、夏休みと言う、日本では少ない長期旅行のシーズンだったからかもしれません。
 これから先、どこからそうした客を連れてくるやら・・・

 この日も、明らかに『視察』と言うグループを1時間あまりで4組も見かけました。
 私もこんな風にあちこち視察して回ったものですが、意外と宣伝にならないのが、役人や議員の視察なんですよね。
 あんまり、ノウハウも盗んでゆきませんけどね。
 
 熊野市でも宿泊を伴う、ソフトボールの「バッテリーキャンプ」をはじめ、高等学校などの冬季合宿などもやってきていますが、ここの施設で滞在できるような学校も無いでしょうね。
 かといって、オフシーズンだからといって1/3ほどにカットダウンできるか?
 これからの運営に期待が掛かっているのですが、心配の芽も一杯あります。

 これを解決するには、皆さんが来て、ここを利用してやってくれることです。
 こうした『官』が先行した施設の中では、スタッフのやる気は上のほうです。
 それを見に来ませんか?

 カメラはソニーα350+
シグマ10-20ズーム・上16mm・下10mmで使用


熊野市周辺地図です

by je2luz | 2009-08-31 12:37 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10166990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 長月 もう秋は終わり?      熊野の旅 覗いてきました 交流... >>