人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 19日

熊野の旅 熊野大花火大会 裏方さん

d0045383_9493841.jpg

 何をやるのでも裏方さんと言う物が必要です。
 「熊野大花火大会」も規模が大きく、観客も多いので準備から当日の交通整理、車の誘導など一杯の裏方さんが働いています。
 主役の花火を支える花火師さんなども、テレビなんかでは表に出ますが普通の花火大会では姿も見えません。
 今年は出番がなかったですが、鬼ヶ城大仕掛けでは上の山に火が入って山火事になりかけることがあります。そのために木本町の消防団が山頂で待機していますが、これも見えない裏方です。
 遠い公式駐車場での整理に当たるのも消防団だったり、市職員だったりします。この人たちは当然花火はまともには見られません。
 遠来のバスの運転手や臨時列車を捌くJR関係の人たち・・・
 三重県中から集められた交通整理のおまわりさん・・・配置された場所がよければそこそこ花火は見えますが、運が悪いと全く音だけですね。
d0045383_104127.jpg

 お巡りさんの現場への出動はお昼12時からです。写真の一番手前の人はバス会社の人です。この人も自社の観光バスの到着を待って誘導するために待機中です。
 今年は車の少なめで交通整理もあまりで晩が無いし、お巡りさんの動員数も少なかったようです。
 バスもスムーズに到着して、開始時間を過ぎても到着しないと言うこともなかったようで係りの人がお客さんに謝っている姿も見かけませんでした。
 昼間から風が少しあったし炎天下の割にはましな方だったかもしれません。
d0045383_10125028.jpg

 しかし・・・
 商売とはいえ、浜での出店の設営を終わると、こんな状態になるようです。
 一見涼しそうですが、日が昇る前から設営していた日よけの下なら砂利も冷たいですが、出来たばかりの日よけだったら、汗が熱で乾くような砂利だと思うのですがねえ・・・
 かくかように、色んなところで汗水を垂らして頑張ってくれるので、夜の少しの時間が楽しめるのです。
 おまけに、有料の席に入らない限り『ただ』ですからね。
 裏方さんには感謝しなくては・・・

カラー写真のカメラはソニーα350+コシナ19-35cズーム
白黒写真のカメラはレチナIIIc

熊野市周辺地図です

by je2luz | 2009-08-19 10:20 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10120658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野大花火大会 舞台裏      熊野の旅 熊野大花火大会 月曜... >>