人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 03日

熊野の旅 無事終了 響鼓in熊野2009

d0045383_10143233.jpg

 昨日の『響鼓in熊野2009』の写真です。
 途中で空模様が何度もおかしくなってきていましたから、主催者・スタッフ・出演者は気をもんだと思いますが、無事に最後まで降らないで終われました。
 昼間の部も例年に比べ日差しがほとんど無い分、涼しいはずなのですが、かなり蒸し暑かったですね。
 今年も熊野市役所の職労を中心に実行部隊が汗を流していました。
 何しろ、ベルギーからなんて遠来の出演者を含め、大勢の太鼓叩きの大太鼓・小太鼓・鉦などをわずかな時間で舞台から下ろして、次のをセットするのですからめまぐるしい物です。
 何しろ、自分たちのものでは無いので、舞台裏には大きな見取り図が貼られ、太鼓にも付箋が張ってあります。
 それを見ないことには太鼓を据える事も出来ませんからね。
 それに、ジャズバンドのようにバンドボーイなんてのを引き連れてくるわけでは無いですからね。
 野外舞台ですから、幕が下りるということは無いので、入れ替えの作業も見せますから、もたつくわけには行きません。

 舞台はスーパー・オークワの前、丁度、T字路のなったところの突き当たり、木本小学校の正門をふさぐ形で作られます。前の「記念通り」とT字路で駅裏に向かう通りが観客席になります。まことに都合よくT字路になっているものです。
 おまけに、バックが木本小学校の校舎なので音も跳ね返ってくれるし、何より、講堂や教室などが大量の楽器類の準備室に使えるのもこの「響鼓in熊野」には都合の良いことでしょう。
 運動場は駐車場に開放してもらえるし・・・
d0045383_10294291.jpg

 と言うことで、今回はローライフレックスなんてのを引っ張り出して行きました。
 ステージに登る訳には行かないのでポジションも距離もアングルも自由にならないのですぐに嫌になってしまうので困ります。
 少しは出演者の熱演振りが伝わればよいのですが・・・
 これだけ熱演してくれても、昼間の部の見物客は少ないです。
 バードウオッチングの人なら秒単位で数え終われるほどですからね。

 昨日は市民会館で何かやっていたようで、駐車場が一杯だったのはそちらだったのかもしれません。
 太鼓の会場と市民会館は100mほどしか離れていませんからね。
 そちらは「有森裕子」さんだったかと思いますが、中年のご婦人方はそちらに行かれたようです。
 「講演会」の嫌いな私は覗きにも行きませんけどね。

カメラはローライフレックス・オートマットMX クセナー

熊野市周辺地図です

by je2luz | 2009-08-03 10:50 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10060896
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 太鼓だけではない響鼓...      熊野の旅 快晴 ほっとしたのは・・・ >>