LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2009年 07月 28日

熊野の旅 熊野の土産物 干物屋 かんばやし

 熊野の名物も色々あります。
 持って帰りにくい物もありますが、一応昔からの観光地ですからそれなりに「みやげ物」は考えられてきました。
 一村一品運動以来、全国の市町村同様、色んな特産品も試されてきました。
 そして、ほぼ全国の市町村並みにコンクールも行われ、熊野市長賞なんてのも出してきました。
 これまた全国の市町村並みに、そうして生まれた「特産品」もその存在さえ忘れられた物も沢山あります。
 役所が何を言おうと、テレビがその時に褒めようと、よほどのことが無い限り「変わったもの」なんて売れません。やっぱり生き残るのはスタンダードな物・・・そして、食い物なら「おいしくて飽きない物」なのです。
d0045383_938161.jpg

 この小さなお店は、熊野名物の『干物屋・かんばやし』です。
 場所は今までの弁当の紹介やイベントの紹介にいつも出てくる、熊野市のメインストリート『記念通り』、スーパーオークワの近くです。
 実に間口も狭く、建物の中には店が無いと言う独立した店舗では日本一狭いかもしれないお店です。
 しかし、ここの親父さんは仕事熱心、アイデア一杯でがんばってきています。
 通販で『干物詰め合わせ』なんてのを売り出したのも随分早かったですね。
 それだけに、この店先にはその時が旬の「丸干し」「開き」と「生節」などが並んでいます。
 みやげ物や進物用の箱が用意されているので予算に応じて詰めてもらえます。
 おいしかったら追加でいつでも送ってもらえます。
 品物の性格上、旬を外れると同じ魚の干物は無いときもあります。
 ここの親父さんだと、注文があったからといって、無理やりおいしくない干物を作ることは無いはずですからね。
 愛想の良い方ではありませんが、仕事熱心な人です。
 店先での応対は少し小ぶりの奥さんがやっています。
 (この奥さんにほれ込んで、今の親方がよその人なのに熊野に住み着いて魚屋になったとか・・・)これは内緒話です。
 それくらいですから、奥さんの只見はいけませんよ。開きの一枚も買ってからにしてください。

 まあ、旅行の途中で買うとすれば、到着の日にちを指定して発送してもらうのが一番だと思います。
 お土産専門店で買うよりは数倍おいしいと思います。
 本人は「干物屋」ではなく『雑魚屋』を名乗っています。
 ごちゃごちゃ書くより、本人のHPを読むほうが早いかと思いますので、URLを貼り付けておきます。

  http://www9.ocn.ne.jp/~zakoya/

熊野市周辺地図です

by je2luz | 2009-07-28 10:08 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/10037692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 ドーナツ化現象は昔のこと      熊野の旅 雨に強い熊野 >>