LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2019年 01月 21日

雪 美しいけど・・・

 今年も雪の季節になり、豪雪が襲っているようです。
 私などにとって、雪はスキーをして遊ぶ楽しい物でした。
 この辺に居る時は、厄介な喪の程度にしか思えません。
 でも、毎年、雪国では雪による死亡者が沢山出ます。 
 屋根の雪下ろしだけでも何人気祭になるのでしょう?
 屋根の雪落とし装置が新聞などを賑わせたのは半世紀も前のことのように思います。
 昔はかやぶき屋根などの勾配を大きくして雪が滑り落ちるようにし、屋根の構造も合掌造りにして重量に耐えられるようにしていましたね。
 柱も檜だけでは無く、杉の8寸角とか一尺角などで荷重に耐えるように・・・
 しかし、近代建築になると柱は細いし、屋根の勾配も緩やかになって雪が自然に落ちろ構造では無くなっていますね。
 そこで出てきたのが、「電熱線による落雪装置」なのですが、騒いだ割に普及しなかったようですね。
 コストなのか漏電などの障害なのか・・・
 道路の方も、井戸水や谷川の水、温泉などによる融雪装置が付けられた時代もありましたが、これもさほど普及しなかったのかな?
 除雪して雪を流下させる水路はそこそこ作られているようですが、ここに落ちる事故も多発していますね。
 雪国の人が楽になった要すがあまり見えません。
 田舎暮らしはここのような南国でも大変ですが、雪国はその何倍も大変でしょう。
 「都市計画」なんてのの視点はそっちには向きませんからね。

 今年も地吹雪、ホワイトアウトによる犠牲が出たようですね。
 最初に私などがその言葉を知ったのは、南極探検隊、福島隊員の遭難でしたね。
 吹雪の時夜間の国道で視界ゼロに陥って車を止めるのも怖いという経験を一度しましたが、雪になれている人たちでも手に負えないようですね。
 自動運転・センサー運転でも中々解決できないでしょうね。

 南国に住んでいると言うことは幸せなんですね。
 昔は、「南国には台風が来る」と言われましたが、今では北国も台風と豪雨に襲われますからね。
 地形がそれに慣れていないから温暖化の影響は北国の方が恐ろしいのかも知れません。
 予想では夏の暑さも北の方より沖縄とかこの辺のような海縁の方がしのぎ良さそうだとか・・・
 「長生きはするもんだ!」
 ではなく、「長生きなんてするもんじゃ綯い!」になりつつあるのかも知れません。
 げに、恐ろしい時代ですね。
d0045383_23240614.jpg



# by je2luz | 2019-01-21 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 20日

これ以上は無理なのでは?

 三重県立高等学校の志願者数などが発表されたようです。
 この地方も、新制高校になった頃は木本高校だけでした。
 進学率の向上時代に入り「紀南高等学校」「近畿大学付属熊野工業高等専門学校」が誕生して、3校体制になっていました。
 過疎・少子化の時代に入り、子供の数が減り始め「高専」が名張に転出して行きました。
 高専ブームも終わっていましたしね。
 一校減っても子供の数は県立高校二校を支えるだけ居なくなっきています。
 近年は熊野市と南牟婁郡を合わせた子供の数が二百人ほどで推移しているようです。
 何度も検討されても「統合」「廃校」という意見は固まりませんが、新宮にある「近大付属新宮高校」も私立ですから存続を掛けて三重県側へ勧誘の手を伸ばしています。

 今年の志願者数は・・・
 木本高校 普通科定員120ー志願者128
      総合科定員80ー志願者79
      定時制定員40ー志願者0
 紀南高校 普通科定員80ー志願者50
 つまり、今の高校のクラスは40名ですから。木高は普通科3クラス、総合科2クラスの5クラス体制です。
 紀南高は二クラス体制と言うことです。
 両方合わせて7クラスの定員で280人・・・志願者は257人ですね。
 三重県は二クラスを割れば廃校の方針だとか・・・
 木本高校は一学年8クラス体制に対応できる施設があるはずです。
 そして、科目の選択肢の広い「総合科」はたった二クラスでは生きてこないでしょう。
 教育という見地からすればもう統合してきちんとした教育が出来るようにするべきでしょうね。
 各高校のOB,OGさん達は「母校が無くなる」という意識からの反対が多いようです。
 尾鷲は200人定員で146人の志願者?
 そちらを含めどう進むかも問題になりつつあるでしょう。

 生徒もそうですが、教員に関しても集約して人材の有効活用が望まれますね。
 日本国の国力が落ちつつある時代ですが、田舎だからってのんびりしていてはいけないでしょう。
 良い先生が居れば、学校って楽しい所のはずです。
 遊び相手のお友達先生では無く、きちんと指導してくれる力のある先生が生かせると良いのですが・・・
d0045383_23325980.jpg



# by je2luz | 2019-01-20 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 19日

オスプレイが???

 オスプレイが沖縄から自衛隊・明野基地にやってくるんだそうですね。
 常駐では無く訓練だそうですが、ちょっとずつ慣らしていって、日本中自由に行動できるようにする気なんでしょうね。
 明野なんてあまり出てこない基地なのに・・・
 垂直離陸型の飛行機って、ヘリコプター以外にも色々出てきたけど、あまりぱっとした話にはなりませんね。
 滑走路が無くても、滑走路が壊れていても離着陸できる。
 ヘリコプターに比べ早く飛行できる。
 だから、上手く行くなら欲しいのでしょうね。
 でも、中々思うようにはならないようで、いろんなのが出ても話題にはなるけど・・・
 本当にうまくいって燃費も良く、安定しているなら民間のローカル路線でも使われるでしょう。
 まっすぐ浮き上がらせるだけで随分燃料を食うんだそうですね。
 水平飛行に切り替える時は不安定だそうですし・・・
 翼ごと90度回転させたり・・・
 その途中が危ないとか・・・
 日本もオスプレイと戦闘機のF35Bを導入するとか・・・
 
 沖縄から明野への飛行だとこの近くを通る可能性はありますね。
 落ちても良いように海岸線をかすめるか・・・
 以前は戦闘機訓練で十津川辺りの出材用の架線を切ったなんてトラブルもありましたね。
 垂直尾翼で架線と切断しても墜落しなかったとか・・・

 マニアでもないし、詳しい時間などの発表も無いでしょうから、写真にするのは無理でしょう。
 飛行ルートとかに関し、明野は三重県ですが県には何の権限も無いでしょう。
 
d0045383_21173915.jpg
 こいつを積んでも「出雲」は航空母艦では無いんだそうです、
 普段は岩国辺りに駐留させるのかな?
 なんだか、どんどん、軍備が進んでいるようです。
 「解釈改憲」で何でもしちゃうえらいお人が居ます。
 「自衛隊明記」までしたら何処まで行くやら・・・ 
 最近は隣の国が日本を「精神的敵国」にして居るようですし・・・
 しょうも無い「戦争ごっこ」は意味が無いのにねえ・・・
d0045383_21341994.jpg
 こっちのハリアーIIの方が有名かな?



# by je2luz | 2019-01-19 04:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 18日

防災・耐震

 私の生まれたすぐ後に、「東南海地震」と「南海地震」があったのですが、赤ん坊だったので全く記憶にありません。
 台風に関しては、子供の頃からのべつ襲われていましたし、「伊勢湾台風」もこの木本の海岸で高波が堤防を越えて今は国道になっている場所にあった長屋や作業小屋を押しつぶすのを目撃しました。
 要害山にあった建物の屋根が飛んだしするのも見ました。
 長く人間やってますから、それなりに災害現場や被害を見ていますね。
 そして、「自然には逆らえない」と言う意識が強くなっています。
 浜にあった作業小屋が高波で崩され、堤防にぶち当たり、跳ね上がった所に強風が吹き、何十メートルも空中を飛んで民家に飛び込んだのもあります。
 だから、「花火の桟敷」に神経を使うのはその経験からです。
 こうしたことは、役所では把握していませんし、係がどんどん移動するし、退色して行きますからね。
 なんだかんだ言っても、未経験だし他人事になるみたいです。
 上からの指示があることだけはかたくなにやろうとするし・・・
 やっぱり、「自分の身は自分で守る」が一番大事なことです。
 でも、役所に対応して貰わなくてはならないことも一杯あります。
 現地の事情をどう取り次いで貰うかは大変なことなんです。
 同じ要望でもタイミングが悪いと実現しませんしね。
 いつも言うのですが・・・
 「むしろ旗を立てる運動」って、以外と効果無いみたいです。
 かといって、何も言わなければ何もしてくれません。
 その割に、「しなくて良いこと」は一杯していますね。
 この辺でも見渡すとあちこちに・・・

 自分でする対策って、家の設計段階から始まるのですが、最近の家以外は想定外のことが多いですね。
 日本ではタンス・食器棚などは、建物が出来てから据えますね。
 それが殺人凶器になるし・・・
 転倒防止するにも家の構造が・・・ 
 家の外では門柱やブロック塀が・・・
d0045383_01331741.jpg
 これは我が家の分電盤です。
 「地震で避難する時はブレーカーを落としましょう。」といいますし、今では「簡易型感震ブレーカー」なんて、アイディア商品があり。揺れると玉が落っこちでブレーカーを切るのがあります。
 熊野市でも75歳以上の老人を対象に1000円で取り付けてくれるそうです。
 でも、この分電盤はナイフスイッチのでかいのがメインなのでつきませんね。
 分電盤って普通は手の届かない所に付けてありますしね。
d0045383_21222312.jpg
 本箱の落下防止などは完了していますが・・・
 家自体は壊れてもつぶされることは無いだろうという構造にはしてありますが、「想定外の津波」が来たら、こんな対策は全く役に立たないでしょうね。
 木本や有馬の旧市街には家を建てさせないのが本当の都市計画でしょうね。
 もうすぐ、人口も半減するし、不可能な話では無いでしょう。
 土地神話が邪魔しますけどね。



# by je2luz | 2019-01-18 05:01 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 17日

お綱掛け神事 事前に参加も・・・

 来月2日には、世界遺産・花の窟神社で「お綱掛け神事」があります。
 ご神体の岩山から下界まで張り渡す「お綱」をみんなの力で張り渡す神事です。
 2月と10月の2日の日に行われます。
 半年では無く飛んでいるのは台風の影響かも知れませんね。
 今はクレモナのロープを添えて張りますが、元来は荒縄状の長ーい綱を崖の上から松の木の枝を中継点に下まで張ったのですから。台風時期には耐えられなかったのでしょう。
 祭りに関しては「紀伊続風土記」に出てくるようです。
 同じような記述が「日本書紀」にあり、出雲・伯耆国にあるそうですが、そちらは誤記なんだそうです。
 八つ橋だけでは無く。何でも本家争いってあるんですね。

 この縄を引っ張る「お綱掛け神事」は毎回書きますが一般の人が自由に参加できます。
 有馬の人で無くても良いのです。
 そして、この長い綱は地元の人たちで作られます。
 神社の前、道の駅「お綱茶屋」の所にある小屋で作ります。
 稲藁を選り分け、木槌で叩いて柔らかくし、縄にする作業です。
 縄を作る作業は「縄をなう」と、言います。
 新聞では「縄なえ」となっています。 
 漢字では「縄を綯う」と書きますね。
 当然のようにこれは元々「ハ行」ですね。
 この作業にはたくさんの人手が要るのですが年々人が減ってきて困るようです。
 1月20日日曜日、午前8時から作業に入るようです。
 仕事が出来る姿で行けば参加できると思います。
 ただ・・・
 稲藁を触る作業なので少し手が荒れるかも知れません。
 でも、中々、このような神事に参加できる機会とか無いと思います。
 参加されてみてはいかがでしょうか?
d0045383_23515329.jpg




# by je2luz | 2019-01-17 04:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 16日

これからが本番なんだけど・・・

 一月もようやく真ん中まで来ました。
 20日には「大寒」ですね。
 と言うことは、やっぱり寒さはこれからですね。
 南国の雪は春先が多いです。
 今年はスタッドレスが壽命になっているので降って欲しくないです。
 かといって、スタッドレスを今買い換える気もしないし・・・
d0045383_20294390.jpg
 地元に居る時は「降ったら出なければ良い」で済んじゃいます。
 でも、出先で降られたら・・・
 明くる日のお昼まで待てば、私の行動範囲なら雪は溶けるでしょう。
 早々と走行をあきらめれば・・・
 でも、田舎道だと何処で夜を明かします?
 漫画喫茶もインターネットカフェもほとんど無いでしょう。
 42号169号168号309号311号・・・立派な国道なんですけどね。
 それに、山間部以外はまず積雪・凍結もないですね。
 311ー169ー168ー311のルートなら、熊野ー新宮ー串本ー周参見ー白浜ー田辺ー南部と全線42号にすれば何年に一回しか雪には遭わないでしょうね。
 昔は何の疑いも無く42号線を走ったのですが、今では山間部ルートの方が20分ほど早いですからねえ・・・



# by je2luz | 2019-01-16 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 15日

べた凪

 季節風があまり吹かないこの一体では、冬になると海は「べた凪」になります。
 波は「縮緬皺」のような形になるので、日が当たるとすごく綺麗な写真になります。
 この鬼ヶ城の写真は、国道311号線磯崎道からです。
 鬼ヶ城はここから撮るか東口千畳敷手前で撮るのが格好良いです。
 獅子岩は喫茶「山茶郷」・獅子岩展望台がベストと言うよりあそこしかありません。
 七里御浜は獅子岩から撮るか、松本峠からですね。
 松本峠なら展望台・東屋まで昇った方が良いでしょう。
d0045383_20384153.jpg
 熊野の海は島影が少ないので退屈なのです。
 広々しすぎですね。
 まともに外海・・・「熊野灘」ですからね。
 せめて船がたくさん通ると良いのですが、外国航路の大きな船はうんと沖を通るらしくあまり見えません、
 昔は海岸沿いにしか走れなかったから、この鬼ヶ城とかで見張っていたら、捕り逃さずに通行料をせしめられたのでしょう。
 舟石の巨岩を目印におそるおそる通ったでしょうからね。

 ???
 船は通らなくて良いから、「さいれ」と「鰤」が通って欲しいですね。



# by je2luz | 2019-01-15 04:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 14日

小さな春を探しに・・・

 ぽかぽかと暖かいし・・・
 暇だったし・・・
 ちょっと早いけど「春を探しに」出ました。
 まず行ったのは松本峠木本側・・・
 ここは北風が当たりにくいし日当たりは良いし、梅畑があります。
 この条件なので梅も結構早く咲くのですが・・・
d0045383_19351982.jpg
 一杯梅の木があるのに、咲いていたのはこの一輪だけ!
 でも、探しに行った小さな春は見つけました。
 こんな状況なので、「梅の花に囲まれた七里御浜」は撮れませんでした
d0045383_19392152.jpg
 まだ、枯れススキの方が勢いのある時期です。
 ここで目についたのは冬の花の藪椿くらいで、まだ、蕗の薹も見つけられませんでした。
 あと、10日ほど早いのかな?




# by je2luz | 2019-01-14 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 13日

駅伝

今日の「2019熊野市駅伝」は上天気だし、風もほとんど無いし・・・ランナーは気持ちよさそうに走っていました。
 家を出るのが遅くなって、獅子岩のポイントについた時にはすでに「復路」になっていました。
 去年は「往路」なので、背景に「獅子岩」を『入れましたが、今年は「復路」なので「七里御浜」を背景にしました。
 景色の良い所だから何とかなる物です。
d0045383_19240769.jpg
 この場所だと、七里御浜の遠望が綺麗に入ります。
 駅伝のコースにはほとんど入っていませんが非常に格好良い絵になります。
d0045383_19244536.jpg
 駅前は結構人が集まりますが、沿道ではそんなにたくさんの人にはなりません。
 それでも、この羽市木などでも、毎年同じ人が一生懸命声援を送っています。
 もともと、沿線に住んでいる人が少ないのですから仕方ないですね。



# by je2luz | 2019-01-13 19:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 13日

世界中で・・・

 自国民だけでは無く地球までも破壊するような事故を起こした原発を、世界に売り込もうなんてキチガイじみた企てを「国是」としていたのは、誰でしょうね?
 史上最長の総理を目指しているようですが、最低の総裁にようですね。
 その自分の国でも作れない原発を自ら走り回って、お友達の日立や東芝のお金稼ぎに荷担していたのが軒並み破談になっているようですね。
 巨額の損出芽もうすぐ計上されるようですが、あの御仁なら「そんなの関係ない!僕のせいでは無い」と言うでしょうね。
 いまだに解決の道筋も見つからない福島の原子炉を「Under contorol」と世界中に向かって嘘をついて誘致したオリンピックですが。そちらでも、あの段階で問題になっていたシンガポールのコンサルタントに支払った金が解決できていないようですね。
 ゴーンさんの仕返しというのでも無いでしょうがフランスが動いたとか・・・
 あれって、当初から「だまされた」という説がありますね。
 だまされて金取られたのなら汚職では無い???
 飛び回って良い格好したことのアラがぼろぼろ出てきますね。
 北方領土も本当はどうにもならないみたいですし・・・
 北朝鮮どころか南朝鮮も扱えないし・・・
 「切れ者では無い」と言われてきたのにスタンドプレーだけはやってきていますからねえ・・・
 「各省庁の上を行くんだ」と力んでも、官僚のやる気をなくさせ体裁を取り繕うだけに成り下がらせたし・・・
 この調子で何処に向かうのでしょう???
 でも、説明しないままでうやむやで終わらせることに関しては天才なのかも・・・
 ???
 下手に説明するより「忘却」を待つ方がえらい人なのかも・・・
 戦後すぐの頃に・・・
 「忘却とは忘れ去ることなり、」
 でも、その後ろには・・・
 忘れえずして忘却を誓う心の悲しさよ」と、続きましたよね。
 あの御仁は悲しくなんか無いでしょう。
 民が悲しむのなんか想定外ですから・・・
d0045383_23040560.jpg



# by je2luz | 2019-01-13 04:32 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 12日

2019くまの駅伝

 13日日曜日10;40スタートで恒例の「新春駅伝」があります。
 一般参加型イベントでは一番盛り上がる物です。
 すっかり定着して市街からの参加チームも増えていますね、
 ちょっと寂しいのは「旧熊野高専」が来なくなったようです。
 名張からでは遠いですよね。
 
d0045383_22203414.jpg
 この駅伝はアマチュア用なので各区間は比較的短く最長3.3Kmですからそこそこ長距離中距離が好きな人なら参加できるでしょう。
 私は若い時から長い距離が嫌いで、高校の校内マラソンでもコースの監視役を進んで申し出たくらいです。
 今年も天気は大丈夫なようです。
 写真を撮るロケーションは駅前・斉藤呉服店前の門・イオンから跨線橋を越えた信号・羽市木信号獅子岩バック・花の窟信号あたりでしょうか…
 私もあちこちで撮ってみましたが、ランナーはさほど早くないので撮りよいです。
 斎藤呉服店当たりでは団子ですが、松原跨線橋当たりではさばけています。
 くれぐれもファインダーに気を取られてランナーにぶつからないように…
d0045383_22054240.jpg
 去年の駅伝…国道から羽市木に曲がるところで、獅子岩バックです。



# by je2luz | 2019-01-12 04:46 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 11日

第二の便りは???

 8日の日に今期最初のさいれの便りが届きましたね。
 1トン半しか無かったので干物屋さん2軒しか買えなかったようです。
d0045383_20313466.jpg
 これはさいれの便りが吉熊新聞に載った日、8日の夜の沖の光景です。
 かなり遠いですが漁り火が並んでしかす。
 その後で捕れたとかと捕れなかったとかの記事が出ません。
 このにの中には遊木だけでは無く他の船も入っているのでしょうけどね。

 今日、水産商工振興課と話したのですが、「魚群探知機があるから、走り回って群れに出会えば確実性は上がるけど、魚群が少ないし漁場が分散しているのだから、大型ドローンでの探査が必要な時代なんだろうね」と言うことです。
 漁業法が改正されてこうした漁も大型船を持った会社も出てくるようになったら、遊木の漁船では太刀打ちできないでしょう。
 それを助けるのが漁場の行政なんですけどねえ・・・
 サンマ漁は夜中の操業なので「鳥山」なんて無いですからね。
 海の上ならドローンも自由なのでは???
 「いずも」ほどでは無いけど小さな空母に改造する必要も出てくるでしょうね。
 「漁船群団」で対応する必要は感じないのでしょうか?
 高速艇で探査し、知らせを受けたら仲間が出漁・・・
 無駄に50Kmも100Kmも何艘もが走っている時代では無いでしょう。



# by je2luz | 2019-01-11 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 10日

冬は鳥が増える

 この辺りは紀伊半島が出っ張っているからか、湖が少ないからか北からやってくる、 鶴・鴨・おしどりなんてのがあまり来ません。
 だから「こいつが来たから冬なんだ」なんて季節の鳥はあまりいません。
 でも、ほんのひとっ飛びでものすごく寒い所から暖かい海のそばに出られるからか、冬になると、トンビとカラスがものすごく増えます。
 今年は気持ちが悪くなるほどの集団は見かけませんが。以前に上空を撮った時には300羽ほどの群れになっていました。
 海のそばに来ても地引が引かれるわけでもないし、昔のように漁船が一杯居るでもないし・・・
 
d0045383_20453657.jpg
 夕暮れになると集まって旋回しています。
 朝は波打ち際とかを低空飛行していますが、餌を探しているのでしょうね。
 これくらいの数の時は良いですが、300なんて数になると、ヒッチコックの「鳥」じゃ無いですが嫌ですね、
d0045383_20500513.jpg
 綺麗な夕空です。
 冬場にやってくるトンビたちは悪さをしないようです。
 何羽か悪いのが居て、堤防でお菓子など食べようとすると音も無く滑空してきて「バサッ」という羽音を立てた時にはタッチアンドゴーで物を盗んで行きます。
 江ノ島とかのように狙える人間が少ないので不良も群れにはならないようです。
 田舎でも悪は居ますからね。

 大きな渡りをする連中では無いので「鳥インフル」を運んでくる率は少ないでしょうね。
 以前に鳥インフルでこの辺でも騒ぎましたからね。
 それより、「豚コレラ」大丈夫でしょうか?
 イノシシは一杯居ますからね。
 大規模養豚場は無いですけど・・・
 野生動物などの病気もある意味では怖いです。
 訳の分からない動物が身の回りをうろついていますからね。
 「狂犬病」なんてのも出たら厄介ですよね。



# by je2luz | 2019-01-10 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 09日

昨日は将軍様 今日は・・・

 1月8日生まれの有名人は「将軍様」ですね。
 私は別に「敬愛」していませんが、どのテレビも報じますね。
 今日、1月9日はスコット・ウォーカーの誕生日です。
 と言っても分からない人が多いかな?
 でも「ダンス天国」って言えば何となく・・・

 このスコット・ウォーカーって1943年1月9日だそうです。
 私の同じ日です。
 この歌が流行っていた頃には全然知りませんでした。
 そもそも、この曲って「スパイダース」で流行った気がします。
 でも、この曲が懐かしい人も。もう、高齢者ですよね。
 と言うことで、今日で「また一つ大人」になりました。
 歳だけ大人になっても中身は大人になれませんけどね。
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村 


# by je2luz | 2019-01-09 04:25 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 08日

捕れたぞ! さいれ1.2トン

  闇夜なのに便りの無かった「遊木のさいれ」
 ようやく捕れたようです。
 鵜殿沖だそうです。
 たった1.2トンでもまだ一月ですから期待は持てます。
d0045383_16155060.jpg
 先年の時は一業者分しか無かったようですが今回は二業者で買ったようです。
 たまたま魚作君に会ったらうれしそうでした。
 遊木のさいれが捕れなければやっぱり話になりませんからね。
 今夜はもっと多くの船が語群を探しに出るのでは無いでしょうか?
 沖にずらりと漁り火が並ぶのを近年は見ていなせん。
 丸干しになるのは明後日かな?

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村 


# by je2luz | 2019-01-08 16:19 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 08日

昭和の終わり

 1989年昭和64年・・・平成元年1月7日は昭和天皇が崩御された日です。
 ここで一つに時代が終わって新しい「平成」に入ったのですね。
 昭和天皇がお体をこわされてからは巷でも忘年会の自粛とか随分おとなしくなりました。
 崩御・・・新天皇即位・・・新元号という流れでしたから、小渕さんが「平成」の上を提示しても世の中は沸き立つ祝賀ムードにはなりませんでした。
 今回は、退位・・・新天皇即位・・・新元号発布ですから、少し祝賀ムードが出るのかな?
 少なくとも、商業ベースでは「祝賀セール」なんてのが出るのでしょうね。
 折しもゴールデンウィーク、最大10連休と言うことであおり立てるかも知れません。
 昔なら「旗行列」「提灯行列」なんでしょうね。

 熊野市が誕生した時には小学校で「旗行列」しましたね。
 合併の歌なんてのも作られました。
 はっきりとは覚えていませんが・・・
 「三重の県の 南の ここきのくにのみくまのの 八つの町村 すべ合わせ 今新しく生まれたり 熊野・熊野市 栄えあれ♫」なんて物でしたね。
 平成になった時はそんなの無かったけど、次は???
 旗行列や提灯行列には映画などに出てくる戦時中のイメージがついて回るので廃れていったのでしょうか?
 でも・・・昭和30年代には神宮から学校まで凱旋行進しましたね。
 あれは参加型でしたが、今のプロ野球とかのパレードは見物型ですよね。
 最近はデモまで参加型で無くなっているので企画しにくいでしょうね。
 渋谷の群衆のはちょっと違うし・・・
 どんなになるのでしょう?
 新天皇家はちょっと国民受けが良くない所もあるようですし・・・
 大変な立場ですから心配している人も多いでしょうね。
d0045383_22072786.jpg
 昔々にはこうした天体の異変でも改元があったそうですね。
 今年12月26日夕方にも日食がありますね。
 これも天変地異と言うほどの欠け方はしませんけどね。
 太陽=神=王・天皇という図式なので日食は縁起が悪いと世界中で信じられていたようです。
 その現象が年に二回もあるのですから古代なら大鷺になったかも知れませんね。
 
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村 


# by je2luz | 2019-01-08 04:25 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 07日

プロパガンダ

 最近は「プロパガンダ」なんて言葉を聞かなくなりましたね。
 もっぱら、トランプさんが乱発する「フェイクニュース」と言うことががまかり通っています。
 全学連や労組が騒がないので「アジ演説」というもの無くなって「ヘイトスピーチ」なんてのが増えているのだとか・・・
 「アジ演説」は左が多かったのですが「ヘイトスピーチ」は右よりなんだそうですね。
 時代と共に政治的な行動も流行り廃りがあるようです。
 
 権力者側が放送・新聞などの報道機関を握ると社会はおかしな方に進みがちです。
 日本も戦前から戦時中はその形でしたし。ドイツもナチスが握ってどんどんおかしい方向に進んだようです。
 日本人って演説はあまり上手くないですね。
 中身に関係なくブラジルの人たちは上手でした。
 身振り手振り入りで何てこと無いことを力説しますね。
 日本では明治から大正に掛けてほんの少しそんな時代もあったようです。
 至る所で演説会があったそうですが、お巡りさんが会場に張り付いて「弁士待った!」と発言を止めたのだとか。
 自由民権運動がうまく行かなかったようです。

 世界でも「自由に発言できる国」って多くないようですね。
 日本も少しずつおかしな方向に進めようという勢力が頭を持ち上げてきていますが、まだ。ましな方でしょうね。
 近所の国も「自由諸国」のはずなのにおかしな流れになってきたようです。
 まあ、歴代大統領がその座から降りると訴追される国ですから、国民にごますら無いと生きられないのでしょうからね。
 友軍に対しても噛みついておかないと政権が危ないのかな?
 専守防衛の自衛隊でも戦略的には友軍なんでしょうからねえ・・・
 違う隣国の飛行機や軍艦にあれをやったら・・・
 危なっかしい話です。
 仮想敵国を仕立てるののがアジテーションを行う第一歩ですからね・

 最近は近所の住民とのトラブルなのか意味も無く殺される事件が多いですね。
 我が国も近所も少々おかしな雰囲気です。
d0045383_19270668.jpg
 ここの原発作って居たら・・・
 もう一軒向こうの国のミサイルの標的になったでしょうね。
 理由はご推察ください。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村 


# by je2luz | 2019-01-07 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 06日

冬来たりなば・・・

 「小寒」に入りましたね。
 寒に入ったと言うことは冬本番です。
 20日には「大寒」になります。
 そして、二月になると、2日初午 3日節分 4日立春 で春が来ます。
 あっという間でしょう。
 と言っても・・・
 奈良の辺りでは「お水取り」が春の合図のようですね。
 となると、3月12日ですね。
 若草山の山焼きも春の合図ですが、これは1月26日土曜日ですね。
 寒いとことでは春が来るのがすごく楽しみなんでしょうね。

 子供の頃にはお寺さんで「寒行・寒回り」が盛んでした。
 日蓮宗の小阪の本乗寺さんでは檀家が集まって毎晩回っていました。
 小阪をいくつかに分けて回り、一日は新鹿まで足を伸ばしました。
 その頃が檀家の人もそこそこ若かったので大勢でした。
 木本でも回っていましたね。
 どこのお寺さんでも段々出来なくなったのでしょうね。
 大本山のある町などでは托鉢のお坊さんが歩きますが、最近は偽物が横行するなんて報じられていました。
 「罰当たり」なのか「仏様は許してくれる」のか・・・
 タイなど仏教国では観光客のマナーの悪さで困っているのだとか・・・
d0045383_19143561.jpg
 これはベトナムの中国式寺院です。
 ベトナムも基本的には小乗仏教の国ですね。
 仏像なんかは随分趣が違い拝みづらい?感じがしました。
d0045383_19192942.jpg
 近年日本企業の進出が激増している「ダナン」は大理石の産出地で、仏像やらいろんなのが大量生産されています。
 その辺にある新しい仏様などにはここから渡来した物もあると思いますよ。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村 


# by je2luz | 2019-01-06 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 05日

明日は日食

 「にっしょく」は「日食」と「日蝕」と二つの漢字が使われますね。
 今は「日食」が多いようです。
 Google検索では「日蝕」は1998年の出た「日蝕」という小説が先に出てきます。
 もとは難しい方が使われていたのだとか・・・

 明日、1月6日は「部分日食」があります。
 明日の天気予報はすかっと快晴とは行かないようです。
 食の起きるのは、午前8時40分頃でピークが10時50分頃。終わりが11時20分頃と結構長丁場です。
 今回は北の方が多く掛けるようですから、この辺はあまり大きくは欠けないようです。
 晴れるかどうかも微妙です。

 日食というと、ガラス板をロウソクにかざしてすすを付けて黒くして観察するのが普通でしたが、今では「やらないでください」となっています。
 子供の時に煤ガラスを作って眺めた記憶がありますが、明かり過ぎたのか目を離しても残像がずっと見えていましたから目には良くないです。
 ホームセンターや文房具屋の一部では観察用のガラスを売っていると思いますが、皆既日食の時ほど出回らないでしょうね。

 写真の撮影も可能ですが、光量を落とすNDフィルターが必要です。
 それも、太陽の明るい部分が白く写るまで落とすのですから、「ND100000」なんて光量を10万分の一に減らすものが必要です。
 普通の風景がf8で1/250だとすると、この10万倍、400秒・・・6分半ほどのシャッター速度になるのです。
 太陽を撮る以外にほとんど使い道はないし、グレーの透明ガラスと言っても真っ黒にしか見えません、
d0045383_21160616.jpg
 これは皆既日食を撮った時に使った物です。
 もちろん三脚立てて撮ります。
 前回は熊野は晴れないという予報だったので急遽、晴れの可能性がある津方面に走り、松坂が晴れていたので高速を降り、ぎりぎり間に合わせました。
 そんなにマニアでも無いのですが一生のうちでもう会えないという機会なので走りました。
 今回はそこまでするほどのものではないでしょう。
 
d0045383_21234773.jpg
 右上が京都ですし。ここはうんと南ですから欠けが少ないはずなんです。
 今年は二回の部分食があり、12月26日にもありますし、そっちの方が多く欠けるはずです。
 写真撮るならそれまでにフィルターを手配してください。
 あまり普通には売れないのですぐには手に入らないかも知れません。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村 


# by je2luz | 2019-01-05 04:49 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 04日

みんな帰っちゃうようです

 今日は上りの車が多いです。
 最近は一日二日早めに帰って家でのんびりする人も多いようです。
 と言うか・・・
 帰ってきても同級生とかと会うことも少なくて退屈するのでしょう。
 かく言う私は学生時代あまり帰ってこない方でした。
 学割周遊券が安かった時代ですから・・・
 切符でも101Kmを越えると、その先では無くはじめからの分半額になった時代です。
 あの頃から宿はぶっつけで値切っていましたね。
 海外に行くようになっても同じパターンで現地で値切るのが安いし楽しかったです。
 帰省してきても友達に会わなかったら時間のつぶしようが無いですね。
 夏は海とか川もあるけど冬はねえ・・・
 寒くても雪も氷も無いし・・・
 たこ揚げ位なのかな?
 でも、近年は浜のたこ揚げも少ないですね。

 ばあちゃんもおせち作ったりしないし、寿司も既製品だし・・・
 おまけに、ここだと外食もままなりません。
 隣のハンバーガー屋は三が日ずっと休んでます。
 地の商売人はあまり商売熱心な土地柄では無いので・・・
 夏は「バーベキュー」が多いようですが・・・
 冬はそれも出来ませんね。
 私も行く所が無く退屈していますからね。

 今日一日だけ仕事の人も多いのでしょうね。
 昔のように「女の子が着物着て」・・・なんて。仕事始め風景もほとんど無いのでしょうね。
 証券取引所はやってるのかな?
 マネーゲームですからコスプレも・・・
d0045383_16572951.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村 


# by je2luz | 2019-01-04 04:38 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 03日

あれ何処へ行ったのかな?

 今はスマホもデジカメもカーナビもなんでも位置情報が分かるようになっていますね。
 基本的には米軍のGPSただ乗りシステムかと思います。
 先頃日本の位置情報用衛星が軌道に乗ったと報じられましたが、今のところ私たちには縁の無い話みたいですね。
 いくら正確な位置を計算できる電波を出しても受信側にそれを受けて使えるシステムが組み込まれなければ何にも変わりません。
 以前に米軍がGPSをいじるという話が出て一部でパニックになりかけましたね。
 何しろただ乗りですから位置をずらされようが周波数を変更されようが、テレメトリーとかの方式を変えられようがあまり文句言えませんね。
 国内の無線関係の電波は「電波利用税」とか言うのが掛けられていますが、GPSには掛けられていませんね。

 GPSだけで無く、「日本の最先端技術の成果」って私たち庶民には恩恵が少ないような気がします。
 テレビがデジタル化する時も、「3D映像が送れる」「複数のデータが送れるから視聴者がストーリーの展開を選べる」なんてのも確か宣伝されましたよね。
 でも、放送する側にその能力もないし・・・
 ほとんどが芸人のお騒ぎ番組で時間つぶしてますね。
 今度は4K・8Kでテレビが生まれ変わるって???
 放送が始まっても受信できる家がどれだけあるんですか?
 ハイビジョンだって擬似的なのを見ている人が多いのでは無いでしょうか?
 NHKを中心に開発費をつぎ込んでその付けは、恩恵にあずからない一般視聴者が負担してきていますよね。
 ハイビジョンだって「世界に売るんだ」と言っても、外国にはそっぽ向かれたり・・・
 4K・8Kも同じなんでしょうね。
 オリンピックをそれでやると言ってもそれまでに何軒が対応するテレビを入れるのやら・・・
 スポーツ番組をそこまで高画質にする必要があるのかな?
 三千円・五千円の話では無いですからね。
 こんな風に騒がれた新技術も中々身近になりませんね。

 ろころで、私のデジカメの付属品のGPS受信装置、何処へ行っちゃったのでしょう?
 でも、位置情報まで記録できるカメラって中国とかへ持ち込んで撮影していたら「スパイ容疑」で逮捕されそうですよ。
 軍事国家って、戦前の日本でも山陽本線の海側の窓は閉鎖されて居て写真など撮ろうものなら憲兵が・・・
 Hauweiを問題にするけど、向こうにしたらカメラもスマホも全部疑わしいんでしょうからね。
d0045383_20230487.jpg
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村 


# by je2luz | 2019-01-03 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 02日

次のエイプリルフールは???

 4月1日と言うと今では世界的に「噓・冗談の日」みたいです。
 日本はおとなしい方みたいですからね。
 でも、今年の4月1日はあまり悪ふざけしない方が良いかもしれません。
 4月1日に「新元号」が発表されるようです。
 そろそろ、色んな予想が出てくるでしょうし、直前にはさも特ダネ、リーク情報化のごとくの偽情報が飛ぶでしょうね。

 新しい元号の条件では、明治のM、大正のT、昭和のS、平成のHは使わないのではないかと言われています。
 日本語の便利さで元号をその頭文字一つで表してきましたからね。
 アルファベットが26あると言っても、頭文字表記の場合はアカサタナハマヤラワと濁音半濁音だけに絞られると、A・K・S・T・N・H・M・Y・R・W・G・Z・D・B・Pの15文字でもう使われているH・M・S・Tを除くと残りは11個ですね。
 ZとPは可能性は低いし…
 イギリスあたりだとイニシャルとかがトトカルチョの対象になりそうです。
 残りの9個で始まる最初の音はWは「わ」だけですから。8×5=40+1なら41音です。
 と言う風に探してゆけば機械的にも候補がだんだん絞られるでしょうね。
 575の俳句をコンピューターで全部作っちゃった学者もいましたけどね。

 難しい漢字はダメだし…
 前に使われたのも避けるし…

 国学者さんたちが頭使ってすでに候補がいくつかに絞られているのでしょうけどね。
 発表は前回は小渕さんだったけど今度は誰が発表するのでしょう?
 やっぱり官房長官なのかな?
 映像時代なのであとまで残る役割ですね。
d0045383_21495580.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村  


# by je2luz | 2019-01-02 04:21 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 01日

謹賀新年 2019

d0045383_22121916.jpg
         
 そしてこんな年賀も・・・
d0045383_22313964.jpg
 
           Line Stamp スヌーピー倶楽部
今年もよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村  


# by je2luz | 2019-01-01 00:01 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 31日

良いお年を!「

 日が暮れました。
 今朝のそれは府もが一杯で明日の日の出が心配でしたが、お昼までにはすっきり晴れました。
 海の方には雲があったのですがそれも取れては来ていますが・・・
d0045383_16423226.jpg
 と言うことで、16時20分、西に沈む太陽です。
 今夜は月齢25・・・闇夜です。
 初詣の道中は暗いです。
 昔なら本当に暗かったですが今なら道路はそこそこ街灯がありますね。
 風は少なそうですが冷えそうです。
 初詣は暖かくしてお出かけください。

 本年はありがとうございました。
 来年もよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村  


# by je2luz | 2018-12-31 16:46 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 31日

2018 最終月例

 いつもは月初めに配達される「広報くまの」が年末委と言うことで月終わりに配達されました。
 2019年1月号です。
 新年号と言うことで市長と市議会議長の年頭挨拶から始まっています。
 その次には85人ほどの子供の顔写真が4ページにわたって載せられています。
 一年に生まれる子供が100人弱ですから年長の子が7歳ですからかなりの確率で写真提供してもらえたのですね。
 近年はおかしいくらい「肖像権」「個人情報」などと叫ぶのでこうした紙面も作りにくいでしょうね。
d0045383_21334428.jpg
 「町作りアンケートの結果というのが出ています。
 住みよいは「どちらかというと」を加えると6割ほども居るのですね。
 まあ、気候も温暖だし日本の田舎では住みよい方でしょうけどね。
 「住みたいか?」についても同じような数字ですね。
 高齢者も多いし、アンケート対象の18歳以上の1000人・・・回答者338人は若い人だけでは無いので安定志向が強いでしょう。
 高校生を入れるとがくんと下がるのは全国の田舎共通かと思います。
 若い時に進学などを含め「外向き指向」が無いようではこれも困った物ですしね。

 人の動き 平成30年12月1日現在
    人口   17.096  (-19)
     男    7.861  (-10)
     女    9.235   (-9)
    世帯数   8.943   (-7)
 年内・平成の間は17000人を確保しましたが、新元号のお盆頃に割り込みそうです。
 外国人が入ってきても受け入れる企業がほとんど無いでしょう。
 対象の農業も通年雇用できる形態の農園も無いようですしね。

 それよりも、前にも書きましたが、「くれても要らん土地」を買いあさられる危険性が増しているようです。
 同化して一緒に働き暮らすなら外人も結構ですが、よそで動いているのは投資目的とか地元にはメリットの無い目的が多いのだとか・・・
 一時期は「水資源買い占め」なんて話もありましたね。
 紀伊山地の水はほとんど「電源開発」が押さえていたのですが、この先も大丈夫なのでしょうか?
 水道まで民間に開放しようという流れですから怖いですね。
 海岸側の分水嶺から海側には電源の水利権も及んでいませんしね。
 「くれても要らん土地」が売れるとなると迷わず売る形になる事も予想されます。
 気にはなります。
d0045383_21543618.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村  


# by je2luz | 2018-12-31 04:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 30日

小晦日 大晦日

 また暦ですが…
 今日は「小晦日・こつごもり」です。
 これは「こつごもり」と読むのに、明日の「大晦日」は、同じ漢字を「おおみそか」と読んだり「おおつごもり」と読んだりしていますね。
 今ではほとんどの人は「おおみそか」と読むかと思います。
 「みそ」とは「三十」と言うことでもありますね。
 でも、普通の月の最終日を「みそか」と呼ぶので30だったり31だったり28だったり29だったり…
 不思議ですね。

 ところで今度の正月には一部のファミレス、コンビニも休むところが出ているようです。
 この辺ではどうなのでしょう?
 イオンは熊野店もモール津南も休みなし
 オークワも各店休みなし
 主婦の店は元旦だけ休業
 農協・ほほえみ館は1・2・3・4日休業、5日より平常
 と言うことで、私にとってはほとんど影響なしです。
 ホームセンターは
 コメリ 31日18時早じまい、1日休業、2日より営業 2・3早じまい
 ダイキ 31日18時30分早じまい 1日休業2日より営業 2・3早じまい
 コンビニは広告が入らないので不明です。
 大手のファミレスなんてありませんから食堂関係は不明です。
 まあ、普段通りに生活できますね。
 昔と言うか若いころはスーパーも休むし年末には少し買い込まないと食い物が亡くなったのですがねえ…
 この風潮は決して良くないと思います。
 スーパーなどの店員さんも生活があるわけですからね。
 「働き方改革」って、高級サラリーマンの話ではないはずですよね。
 パートタイマー、派遣社員、外国人研修生などもちゃんと考えないとだめでしょうね。
 そうだ!
 ガソリンは入れておいた方が良いのでしょうね。
 ごみの収集はもう止まっていますし、一番最初はこの海岸線で1月7日の燃えるゴミです。
 冬は長くても問題ないですね。
 と言うことで…
 年末綿糸も生活リズムは変えなくて良さそうです。
d0045383_23204043.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村  


# by je2luz | 2018-12-30 11:17 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 29日

正月の風習

 正月はどこの国でも大きな節目のようです。
 「暦」と言うものが出来たときから、その始まりの日があり終わりの日があるようになったでしょうからね。
 「暦」と言うものはずいぶんいろんなものが作られてきたようです。
 私たちには今の「新暦・太陽暦」と「旧暦・太陰暦」の二つが身近にあります。
 今の新暦は「グレゴリオ暦」と言うやつですね。
 明治6年1873年に太陰暦の少々ややこしい暦から今の太陽暦(グレゴリオ暦)に改められたようです。
 それまでは大の月、小の月、閏月…ずいぶんややこしかったようです。
 西洋でも「ユリウス暦」のほかいろいろあったのが「グレゴリオ暦」統一されていったようですが、ロシアでは「ロシア歴」がずっと使われてきたのでトルストイの小説などでもそれが出てきてややこしいです。
 歴史の上では「暦」を支配するものが世の中を支配したようです。
 何しろ、年の初めを決め、農作業などの時期を決められますからね。
 その元になる月や太陽や星の観察と知識は権力者の根源でもあったようです。
 かのシーザーも暦をいじりました。

 地球は太陽の惑星としてかなり正確に公転しており、自分自身もかなり正確に自転しているようです。
 太陽も連星なんてややこしいのではなく単独で宇宙に浮かんでくれていますしね。
 だから、暦も作りよいようです。
 月の存在も地球の公転を揺るがせるほどのものでもないようです。
 それでも太陽を一周する時間がうまく自転の回数365回にならないので4年に一回一日増やさないといけないので「うるう年」がありますね。
 最近取りやめたようですが、一日の長さが少しずつずれるので「うるう秒」なんてのを挿入していましたね。
 人間の一生くらいならそんな誤差は大したことないですが、何千年、何万年となると無視できないでしょうね。
 私の一生の中でも春分の日・秋分の日はずれてきていますからね。
 長い目で見ると南北の軸が逆転していた時代もあるんだとか…
 そんな気の長い話を真剣に考え、観察する学問って変わり者がやるのでしょうね。
 その変わり者たちのおかげで私たちの生活がきちんとしたリズムで刻めるのでしょう。

 長くなりましたが…
 正月の風習で、飛騨の辺りの「餅花」が取り上げられますが、子供のころには我が家でも「餅花」作りました。
 木は「黒もじの木」だったように思います。
 枝に小さな餅をくっつけるのは同じでした。
 でも、あれって、うまくアラレみたいには焼けないし食べた記憶がないです。

 サイレの寿司の頭はコンロで焼いて食べていましたが、私は好きではなかったです。
 今なら多分食べられると思いますけどね。
 今のように鏡餅をラップでくるむことができないので、鏡開きのころにはひび割れてカチンカチンでした、
 とても切ったり焼いたりできないので水に漬け「水餅」にしました。
 私は堅いやつより「水餅」が好きでした。
 ずいぶん後になると、鏡餅を切ったりする「押し切り」が丸田商店で売っていましたね。
 押し切り使うほど餅文化が隆盛だったのでしょうね。
 今はどうなのでしょ?
d0045383_21495393.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村  


# by je2luz | 2018-12-29 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 28日

動物愛護とは別の視点では・・・

 「捕鯨条約」について少し書きましたが、鯨・(小さいだけで同じ類)イルカ・シャチって、水族館で見ても賢そうだし、色んな国で「イルカに助けて貰った」なんて言い伝えがあるほど人間には敵対しない動物らしいです。
 陸上の獣・・・日本だとイノシシ・鹿・猿・ツキノワグマ・ヒグマ・狸・狐・イタチ・モモンガ・・・いろんなのが居ます。
 頂点のオオカミが居なくなってやたらと増える傾向だそうです。
 さらには外来生物まで・・・
 陸の上の動物でも「かわいそう」が先に立って、「何でも保護せよ!」の声が大きいです。
 でも、田舎ではこうした獣が生活を脅かしています。
 ???神戸とかになると都会でもイノシシに人間が襲われたりして居ますね。
 田舎では農地も家も電柵や有刺鉄線で囲われています。
 人間の生活圏を確保するためです。
 補助金まで出して鹿・イノシシ・猿などを駆除していますが、鉄砲持ちの高齢化で獣は増える一方です。

 海の動物、鯨・イルカも獣害が出ています。
 食物連鎖の海の世界では頂点に居ますから、オキアミを食べる南氷洋の鯨でも最終的には地球上の食物連鎖の頂点で最高の雑食、大飯ぐらいの人間と競合します。
 あの動物達も大食いらしいですし、頭も良いので定置網に入った魚まで食い散らすのだとか・・・
 だから。増えすぎると困ったことも起きそうです。
 対馬でイルカを捕獲しているのも問題になったことがあります。
 でも、定置網漁の漁師にとってはイルカの大群は天敵らしいですからね。
 このバランスをどう取るかはこの先も大きな課題でしょう。
 それをどう訴えるか・・・
 どれだけ国際社会で理解を得るかと言うことも「外交課題」でしょうね。

 食品として大切とか美味いとかの問題を越えた所にも課題があるのです。
 イノシシや鹿は外国まで行かないのでやり玉には挙がっていませんが、国内だけでも愛護団体と田舎の住民の利害はぶつかっていますからね。
 日本人も外国のゾウやアザラシ・セイウチなどには味方して、原住民の生活には重いが至らないことが多いです。
 アメリカ人がバイソン・バッファローを食い尽くしたのに・・・
 黒船が日本に来たのも捕鯨船の水や燃料の補充基地が欲しかったという一面があるそうです。
 でも、今では鯨はかわいそうらしいです。
d0045383_14240418.jpg

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 三重県情報へにほんブログ村  


# by je2luz | 2018-12-28 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 27日

IWC 脱退 大丈夫なの?

 とうとう・・・ という感じで「International Whaling Commission・国際捕鯨取締条約」から脱退すると政府が決めたようです。
 確かに、長年日本がいじめられているような状態が続いては居ましたが・・・
 これを脱退するって事の影響はかなりのものだと思います。
 鯨の他にマグロ・ウナギなどでも日本は世界から睨まれています。
 海に関することでも国際世論、風向きが悪くなる可能性はありますね。

 1933年に思うに任せなしからと言って「国際連盟」を脱退しましたね。
 威勢良く席を蹴って・・・
 その流れでますます孤立してあの大戦に・・・
 時々書きますが、今の政権からは「軍靴の音」が漏れ聞こえるように思います。
 そして、国会も形が違っても「大政翼賛」のにおいがします。
 大丈夫なのでしょうか?

 韓国駆逐艦の「火器管制レーダー」の照射事件も下手すると・・・
 同じようなのが中国軍の艦船から自衛艦向けに照射されて事件もありましたね。
 軍隊・自衛隊って、丸腰では無いです。
 一応いつでも反撃できる体制で「専守防衛」をやっています。
 歴史上でも現場兵士の跳ねっ返りが大きな紛争になることもあります。
 文民統制ってかなり難しいみたいですからね。

 戦後しばらくは対馬海峡で韓国に拿捕され、知床やオホーツクでソ連に拿捕され文句も言えなかった時代が続きましたが、紛争にはなり得なかったと言うことです。
 今は「武力では無い武器」を持って行動しているだけに、国際関係を大事にしないといけません。
 憲法に自衛隊を明記すれば事態が変わるというものでもないでしょう。
 戦死者は出ないけど自殺者が出ている現状は決して健全な部隊では無いと思われます。
 「主権在民」を守るのは普段から意思を強く持たないと出来ないのでしょう。
d0045383_20465698.jpg


# by je2luz | 2018-12-27 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 26日

古いニュース番組

 平成が終わると言うことで、今上天皇の子供の時からの映像が流されたりしますね。
 当然のこととしてムービーもスチールも白黒が多いです。
 私などはそうした画面を見ていると今で言う「クラシックカメラ」でプレス陣達が頑張っているのを見て楽しくなります。
 私が写真を始めた頃には35mm時代に入る頃ですが、まだまだ、二眼レフやスプリングカメラを使っている大人が多かったです。
 
d0045383_20122748.jpg
 これはグラフレックス社の「スピードグラフィック・クラウングラフィック」という物で、1947年から1973年迄作られ、通称「スピグラ」と言われ、プレスの定番でした。
 戦後は日本の新聞社も導入しましたが、高いので朝日新聞、毎日新聞などでも写真部の上級の人しか使えなかったという話です。
 ニュース映像でもバックに映り込んでいることも多いですし、映画では「ローマの休日」など多くに出てきます。
 これは私がeBayで買った物ですが、レンズもコダック・エクターで定番のままです。
 シノゴ4×5のフィルム以外にブローニーも使える便利なものだったのです。
 これに大きな電球式のフラッシュを付けて「ピカッ!バシャ!」が新聞社流だったのです、
 もちろんこれは今でも動きますよ。
 メチャメチャ重いし今では実用にはなりませんね。
 これを渡してもらえないカメラマンが「ローライフレックス」で記者会見写真やスナップを撮ったのですから、昔のカメラマンはすごかったですね。
 オートフォーカスなんてないし、自動露出やズームなんてありませんからね。
 私の時代のカメラ使いはスナップでは「置きピン」という手法でいちいちピント合わせはしません。
 そんなことやっていたらシャッターチャンスを失うし、日が暮れちゃいます(笑)

 と言うことで、ニュース画像の後ろが気になる世代です。
d0045383_20290873.jpg


# by je2luz | 2018-12-26 04:02 | 熊野 | Trackback | Comments(0)