LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 21日

熊野の旅 今年は10月6日7日 木本祭

 昭和の後半には「体育の日・10月10日」に行われていた「木本神社例大祭・木本祭」がこの体育の日が動き回るようになって、祭も動き回るようになりました。
 大体、祭なんてのは「日にち主義」なんですけどね。
 世の中、曜日で働く勤め人ばかりになったので、曜日・祭日・休日に合わせて行事が動くのは仕方ないでしょう。
 そう言うことで…
 今年の木本の祭は10月1日・「鈴上げ」…祭を始めることを神様に報告する神事で、これは夜行うので動きません。
 10月6日土曜日 「よみや・宵宮」
 10月7日日曜日 「本祭り」 です。
 我が町内も「神楽」を奉納しなくてはならないので練習は始まっているはずです。
 残念ながらこの「新出町の神楽」も町内の若い衆と子供では成り立ちません。
 と言うより、町内の人間が居ない状態です。
 宵宮と本祭りには「だんじり」も出さなくてはならないのですが、これも新出町縁の人とその友人で成り立つ始末です。
 家の数45ほどで空き家はどんどん増えるし、何しろ、私より若いのは6軒くらいかな?
 この町内も「町内会」が成り立たなくなって来ているのです。
d0045383_23203258.jpg
 神社の神輿も以前は木本町内の若い衆しか担げなかったのですが、今では市内・近郷、一円可能になっているようです。
 40人50人の若い衆を揃えるのが難しいのです。
 私は飛鳥の出、「奥の子」なので神輿は担いだことありません。
 この町内のだんじりもあまり引いた記憶がないのですから…

 以前は木本町では、木本小学校ー木本中学校を卒業していないと木本人として扱って貰えなかったくらいで。
 「おまんは奥の子やさかい!」と、面と向かって言われた時代もあります。
 なにしろ、狭い土地に家がぎっしり建っている古い町ですからね。
 人・家の入れ替わりはほとんど無かったのです。
 それに、古くから木本はこの辺りの中心として威勢を誇っていましたからね。
 有井村領にあっても「紀伊木本駅」でしたよ。
 花火大会も「木本の花火」でした。
 旧制中学も女学校も木本…警察・裁判所・県事務所・銀行・郵便局・巡航船乗り場…全部木本だったのです。
 だから、私が子供の頃の「木本の祭」は賑やかでした。
 「奥」から見に来る私などびっくりしましたからね。
 時代が移り、町の中心も移り…その移った先も消えそう…


[PR]

# by je2luz | 2018-09-21 04:23 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 20日

熊野の旅 花の窟神社お綱かけ

 後二週間ほど…
 10月2日は「花の窟神社・お綱掛け神事」です。
 今年は「火曜日」です。
 毎回載せていますが、このお祭りは素朴な物です。
 怖ろしく古くからあったのかと思います。
 天上界とこの世を繋ぐ綱?
 伊弉諾・伊弉冉…
 この名前ががすんなり漢字変換されるってすごいです。
 最初の頃には字を作って登録でもしないと駄目でしたからね。
d0045383_22501338.jpg
 以前に「錦の御旗献上行列」なんてまつりが企画されたことがあります。
 二回やったのかな?
 衣装を借りて、錦の御旗を作って…
 勿論公金注入でしたね。
 鳴り物入りで始まったけど、なんだかピンと来ないイベントでした。
 江戸時代には記録があるそうですが…
 何しろ「稚児行列」をしようにも子供が居ないし、姫君と女官を揃えるのも大変な時代です。
 全国でどんどんまつりが消えて居るそうです。
 そこへこんなイベント企画しても続きませんよね。
 
 それにしても、肝心の「お綱かけ」って、人が少ないです。
 花の窟神社って鎮守様でもないでも無いようですね。
 花の窟神社・産田神社・浅間神社…もっとあるのかな?
 明治時代の随分統合したようですけどね。
 一村一社なんて無理だったのでしょう。

 お綱かけの綱が引っ張られるのは10時頃からですがその前の神事などを含めると、9時頃に行かれれば良いでしょう。
 車は充分停められると思います。
 綱が国道を通過する間は交通規制が掛かります。
 迂回路はオレンジロードですが。国道で待っても短いですよ。
d0045383_22225484.jpg
 今回を逃したら、次は2019年2月2日です。
 半年ごとでは無いのは綱と台風の関係かと思います。
 この場所に荒縄状のしめ縄を張り渡して、夏の台風は厳しいです。


[PR]

# by je2luz | 2018-09-20 04:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 19日

やっと対策を…

 私は東南海地震の近いことを言い出したのが世間では一番早いほうでした。
 国が「東海地震」を騒いだ頃に「東南海の方が危ないんじゃ無いか?」と考えて居ました。
 新鹿とかの人に「とにかく逃げて」と言って不思議がられたこともありました。
 もう、30年ほど前ですね。
 近年では「東南海」どころかもっと大きな「南海トラフ」なんてのが間違いなく起きると言われています。
 家を建てる時に、地震対策で屋根材を極端に軽くして「潰れる」という恐れは無くしました。
 「壊れる」のは防げないと思いましたからね。
 「筋交い」「火打ち」など通常より増やしても…
 箪笥なども置かないで造り付けに…
 と言いながら、本棚の本が飛んで出る事の対策を分かっているのにやって居ません。
 ようやくやる気になり資材を手配しました。
 2mmのステンレスワイヤーを貼れば一応止まるかなと思います。
 これまで46年?放置してましたね。
d0045383_21222312.jpg
 この手前にベッドがありますから飛び出すとよろしくないです。
 今、据わっている書斎の本棚も飛び出すかな?
 居間のも…
 カメラの保管庫をどう止める?
 両方とも作り付けなので倒れることは無いのですけどね。
 資材は2mmのステンレスワイヤー+端末処理用スリーブ+ヒートン+ターンバックルです。
 本が走る前に止めれば2mmワイヤーで強度はあると思うのですが…
 ほとんど出し入れの無い子供のアルバムとか古い議事録ですからピンと張っておいても不自由は無いでしょう。
 黄色い線の部分に張ります。
 不急の物は物置のロッカーに移しちゃう方が安全ですけどね。
 
 と言いつつ…
 資材のワイヤーが来ても末端処理をすぐにしないと意味ないですね。
 分かっていても中々やらない物です。
 作業時間は半日位のはずですが…

 私がやったからって地震さん、テストに揺すらなくて良いですよ。


[PR]

# by je2luz | 2018-09-19 04:13 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 18日

9月25日午前11時52分

 9月25日午前11時52分は満月です。
 満月も天文学的には時間まで決まっているのです。
 段々満ちてきて折り返すのですから、折り返し点の時間も決まりますよね。
 地球の公転・自転、月の公転も少しずつずれるのでこうした時間は東京天文台で予測して発表しているはずです。
 予報官次第で変わる可能性が無い訳ではありませんね。
 起きたら大変でしょうけどね。
 9月25日は旧暦8月15日です。
 7月・8月・9月が秋ですから、8月が「中秋」と言うことです。
 この旧暦には同じ月が二回あったりするので確か明月も二回ある年もあったような…

 中秋の名月にはススキや萩の花を縁側や窓際に生け、三宝やお盆に「月見団子」とか里芋、サツマイモなどを供えてお月様を迎えた物です。
 風流な習慣だったのですが段々廃れて行きましたね。
 町が明るくなりすぎて、満月やら闇夜やらわからない位ですから、お月様も忘れられたのでしょう。
 
 この名月の晩に子供達が「お供え」を貰い受けるために集落の家々を回ったようです。
 「たばらせて」とか言う習慣ですが、私の育った小坂では私の頃には既に消えて居ました。
 それでも、今でも海岸線の一部、市木などには残って居ます。
d0045383_20074536.jpg
 これは熊野市農協の「ほほえみ館」にあったものです。
 今の子供は「月見団子」や「蒸かし芋」では喜びませんから、この様なお菓子を用意するようです。
 満月の夕方になると子供達が走り回ります。
 親御さんの付いている時もありますが、子供だけで走り回ることも…
 薄暮から良いに掛けてですから見えにくいですよ。
 お菓子欲しさで普段とは違って居ますからいきなり横断したりすることもあります。
 オレンジ道路とか集落どうを走る時はくれぐれも気をつけて下さい。

 この習慣は西洋の「ハロウィン」と同じ様な物です。
 なんだか、舶来品の好きな日本人女性は「ハロウィン」に夢中みたいですね。
 お釈迦様の誕生日の「花祭り」よりは、キリストの生誕祭「クリスマス」が大事なようですし…
 これは今に始まったことでは無く、飛鳥・平安時代でも到来物が好きだったようです。


[PR]

# by je2luz | 2018-09-18 04:25 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 17日

長いものは怖い

d0045383_21133500.jpg
 この写真、なんてことない井戸川ボックスカルバートと七里御浜の光景みたいです。
 そして、浜には真っ白に皮が剥かれた丸太が一本!

 この丸太はどこから来たのでしょう?
 少なくともこの七里御浜にはこんな木は生えていません。
 井戸川・志原川・市木川・尾呂志川・熊野川 このどれかから流れ出た物でしょう。
 私が車で走っている間に見掛けたのは、この一本だけでは無く有馬に一本、阿田和に一本ありました。
 この20m程の細い丸太は根っこが付いています。
 山から谷に入り大水で流されて海まで来ました。
 20号21号でのゴミは少なめです。
 でも、この三本って怖い物です。
 12号台風・紀伊半島大水害の時あちこちの橋を落としたのは流木とゴミが橋桁や橋食いにひっかったのが原因です。
 この長さだとこのカルバートの出口の直角部分は抜けられないでしょう。
 もし井戸川上流からだとしたら、カルバートまで無事に来てもこれが引っかかるとこれにゴミがまとわりついてトンネルが詰まるでしょう。
 他に有馬や阿田和にあると言うことは尾呂志川か熊野川の可能性が大きいです。
 熊野川は大河なので橋も高いところにありますが12号の時は橋桁まで水が来たところもありますね。

 あちこちの川・谷のそばには立木が倒れたままで放置されているのがあります。
 本当は怖い物をそのままにしているのです。
 こんな小丸太では無い大木も見掛けますよ。
 こうした流木を止めるために鋼鉄製のガードが作られはじめましたが、井戸川・瀬戸地内の新しい物が既に大きな岩で塞がってほぼ機能しなくなっています。
 こうした砂防とかの浚渫や障害物撤去って予算が付きにくいんですね。
 災害防除にはこれが大事なんですけどね。

 全国で色んな物が作りっぱなしになって居るのが災害時の報道映像などで見られます。
 新設は格好良いので何となく首長も作りたがるし、県や国も予算付けるのですけどね。
 橋やトンネル、ビルディング、ダム…原発までメンテナンスとか更新とか考えられないで漫然と放置されていますよ。
 それでも、新しく「道作れ」「橋掛けろ」という人は多いです。
 もうすぐ人も居なくなる場所にでも…

 たった一本の「流木」で大きな問題を提起してくれています。
 気付く私が馬鹿なのか???
 色々見て来た私が悪いのか?
 みんなで声出さないと「想定外でした」という言い訳の口実を与えますよ。


[PR]

# by je2luz | 2018-09-17 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 16日

台風20号・21号

 台風が20号21号と、続けてこの辺にも影響を与えました。
 台風というやつは大きさ強さだけでは無く、何所を通るかというのが大きく影響します。
 20と21は比較的近いところを通ったので色んな影響がありました。
 世間的には21号の方が大阪直撃で関空など目立つ被害があったので大きく取り上げられます。
 我が家では20号によって洗濯物干し場にしているカーポートのポリカーボネートの屋根材が剥がされたので久々の台風被害でした。
d0045383_21110690.jpg
 風というやつはこうした立地の場合、強さだけでは無く「向き」関係します。
 ここは普段風の当たらないところだったのですが、20号ではやられました。
 なのに、「素麺カボチャ」はぶら下がって居ますね。
 柱は三本立てで丈夫にしたのですが…
d0045383_21252336.jpg
 台風20号の前に井戸川カルバートの排出口を県土木が砂利の排除をしていました。
 でも、又々塞がって二日ほど掛けて排除していました。
 少しの堆積なら水流で切れますが、台風の時は雨より先に波が来るので厄介なのです。
 今回も上流・新宮側を重点的に排除しましたが、次に波が来れば塞がるのでしょうね。
 脇の浜同様、「切りのない戦い」ですね。
 カルバートはまだましですね。
 志原尻・市木川河口緑橋・尾呂志川河口…時によっては、あの大河の熊野川河口も閉塞しますからね。
 ダムからの土砂の減少と河原での土石採取・採石製造の許可を長年出したことで、七里御浜の浸食が早まっているのですが、減った砂利でも河口を閉塞する波の力は大きいです。
 こんな事を繰り返しながら浜は痩せ続けます。
 最上流の井田海岸は浜がほとんど無くなっています。
 対策はしていますが、砂利の補充が…

 七里御浜はまだましな方なんです。
 ダムと分水で下流に流れが無くなった「大井川」などは怖ろしい物です。
 元の海岸の土地。道路。神社も海の中…
 養浜工事話されていますが役立たず…
 私が視察に行った頃にはダンプカーで毎日砂利を運んで海岸に入れて居ましたが。まさに「焼け石に水」状態でした。

 抜本的な対策は、「砂防ダム」「発電ダム」の撤去で自然に山が海に流れるようにすることです。
 何万年も掛かって自然が作り出した七里御浜とその背後地なんですから…
 でも、上流域での災害は少し増えるかも知れません。
 でも、明治の大水害以来、12号台風の紀伊半島大水害までそこそこで済んでいたのはダムの効果では無かったようでもあります。
 ダムの放水が洪水を助長したという話もあるくらいですからね。
 アメリカではこうしたことと生態系などからダムの撤去がされているところもあるようです。
          (続く)


[PR]

# by je2luz | 2018-09-16 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 15日

賽の河原?

 鳥取砂丘は風の力でどんどん形を変えるようです。
 七里御浜は粒の大きな砂利ですから風で形を変えることはありません。
 粒の大きな砂利と言っても水に入れば軽くなりますし、波の力はすごいです。
 さらに波は24時間休み無く働きます。
 本当に静かな時以外は波打ち際周辺では砂利を転がし続けています。
 川も山から転がり出た石を下流に流す間、削り続けて角の取れた丸石にしたり砂に変えたりします。
 海はそれを受け取ってひたすら磨き続けますからきめの細かい硬い石は砂利として長く留まりますが、砕けよい物は砂になってしまいます。
 大泊や新鹿は紀州御影が山から出てくるでですがきめの粗い結晶の塊なので砂になってしまいます。
 熊野川が押し出してくる岩や石は色んな物があります。
 那智黒なんかもあるし御影もあるはずなのですが、木本まで来ると御影の石ころはありませんね。
 砂になって砂利の下に潜ったり遠くに漂って行くのでしょう。

 この砂利は潮の流れの関係で新宮の河口から北に向かって流れます。
 何年くらいで木本まで来るのかわかりませんがこっちに向かってくるのは間違いないし、その間に削られて粒が小さくなって居ます。
 昔は熊野川からもっと石が供給されていたようで、もっと大きな手のひら大の物も結構あったのですが、今ではほとんど見ませんね。
 小豆粒みたいなのが増えているのは供給が蹴っていると言うことだと思います。
 その原因は今では国土省もある程度「ダムのせい」と認めていますが、以前は全く認めませんでしたね。
 熊野川総合開発の当初の検討会議でもある学者さんは「ダムを造ると土砂の流下が止まり七里御浜が痩せて危険」と唱えたのですが、無視されました。
 いつの時代も国家権力とはそう言う物ですね。

 波が大きくなる時、春先の海荒れ、夏から秋への台風の時には大きく浜の様子が変わります。
 写真は七里御浜最下流の鬼ヶ城西口「木本港」ですが、この港くらいは一晩で埋めてしまいます。
 先頃浚渫したばかりなのですが一つの台風で船の入る場所が無いほど埋められました。
d0045383_21164305.jpg
 こうした砂利浜に港を作ること自体が無理があるのですが、作って以上は維持するという国や県の意向で何に何回か浚渫されます。
 かつてかここに船を着けて魚を揚げる漁業者が居たのですが今では釣り客用の渡船が出るだけしかありません。
 建物に「活魚」と書かれているのはその名残です。
 漁業協同組合も合併したので漁港として維持する意味がほとんど無いのですかどね。

 手前に見える水は「西郷川」の河口部分で砂利で塞がっています。
 洪水対策で開削しておいた方が良いのですが志原川のようには河口切りはあまりされません。
 この様にやってもやっても埋められるのですが、港を守る突き出し堤防も今更作っても・・・


[PR]

# by je2luz | 2018-09-15 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 14日

Rain cats and dogs

 先ほど所用で七色峡線で大峪を越えました。
 積乱雲の下に入ったのか土砂降りに突っ込みました。
 道を知り尽くしている私でもまともに走れない水の壁が立ちふさがりました。
 そんな大降りの場所はそんなに広くないのですが、折り返して向こうからの登りになると道が川になっていて、「急こう配+急流」なのでものすごい抵抗でした。
 カーブの内側にかかると、「ゴーッ」とタイヤとボディが水に突っ込み急減速されます。
 そんなところに止めるわけにもゆかないし登り切りトンネルに入るとホッとしました。
 トンネルの井戸側は土砂降りが終わっていましたが、瞬間的には時間雨量100mmを越す降り方でしたから、油断が出来ないので慎重に… 
 先日は道路に大きな石がゴロゴロ出ていましたからね。
 パジェロ時代と違いVW UP!はファミリーカーですから障害物には弱いです。
 それに若い時のように石を転がす力もないですしね。
 今夜、路面にあったのは木の枝と葉っぱだけでやれやれでした。

 中学の時かな?
 Rain cats and dogs  てえのを習いました。
 こんな慣用句ってあまり使い道はないけど忘れませんね。
 It raining cats and dogs の形だったかな?
 時間や気候とかは「IT]を使うってえのも覚えたときですね。
 「猫や犬の大騒ぎ」と「土砂が降ってくる」のと、どっちがピッタリでしょう?
 日本では「土石流」なんてのもあるしねえ…

 学生の時、写真部の先輩が合宿のついでに熊野にやってきて夕立にあいました。
 全く目の前が見えない土砂降りだったので…
 「熊野ってこんな雨降るのか・」と驚いていました。
 北九州の人でも驚いていましたが、最近ではこんな雨はどこでも降るようですね。
 入道雲が行儀良くなって、並んで通るようになったので平野の方がこんなの多いようです。
 熊野では海から陸に上がるとすぐに山ですから行列は崩れますよね。
 だから、「線状降水帯」は発達しにくいでしょう。

 都市部では家も学校も公園も舗装をやめた方が良いでしょう。
 道路ではない「道」も…
 ずいぶん前に埼玉のどこかの町が「住宅敷地とかをできるだけ土にしてください」.と言うの絵をやっていましたが…その後どうなっているのでしょう?
 駐車場も浸透式舗装か砕石敷き詰めのしては???
 徹底すればずいぶん効果があるはずですが…
d0045383_00052470.jpg


[PR]

# by je2luz | 2018-09-14 04:10 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 13日

熊野の旅 秋らしい物

 少し人間が古いので、「温室ミカン」は馴染めません。
 ミカンと言えば秋の運動会の頃に出てくる真っ青なやつです。
 「アオギリ」ですが、昔と違って今の品種は口が曲がるほど酸っぱいのは無いですね。
 少し前から出ていましたが、もう少し味が出ないかなと思っていました。
 でも、今日貰ったやつはもう立派に「ミカンの味」です。
d0045383_20001776.jpg
 昔は9月の末頃に出て来たのですが、段々早くなって、9月の上旬でも大丈夫です。
 「アオギリ」「極早生」の市場の値段って昔は毎日くらい下がって行きましたから、一日でも早く出荷出来るように品種改良したり頑張ったのでしょうね。
 露地でも地面にアルミの反射シートを敷いて日あたりをうんと良くして、早く熟し、色が付くように工夫したり・・・
 「マルチ」なんて書かれたやつがそれです。
 これには補助金が出ていますね。
 たしか、「年中ミカンのとれる町」の御浜町の方が先に助成したと思います。

 ミカンも春から初夏に掛けて「摘果」もしなければなりません。
 収穫後の「剪定」もありますし、「施肥」もあるし、収穫まで入れると年中作業がある農業ですね。

 先日の台風は、まだ実が小さい時期の台風だったのであの強風もそこそこで済んだかも知れませんね。
 ミカン農家さん達も老齢化していますから大変だと思います。
 県知事は「輸出」に力を入れるそうですが、東南アジアでは果物が安いし・・・
 中国の富裕層を狙う???
 諸外国は日本以上に衛生検査・検疫とかうるさいみたいですから、農家の負担も結構大きくなるのでしょうね。

 トランプさんじゃ無いけど、今の日本では国産果物より「バナナ」が売れたり・・・
 「Buy Japan」
 ちっとも田舎の所得は増えないのに、まだまだ、日本の人件費はアジアでは高いですからねえ・・・


[PR]

# by je2luz | 2018-09-13 04:24 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 12日

9月12日 宇宙の日

 ブログのネタ探しに暦を見ていたら・・・
 9月12日は「宇宙の日」だそうです。
 この日になったのは「毛利衛」さんが1992年にスペースシャトル・エンデバーで宇宙に飛び立った日です。
 日本人初の宇宙飛行は1990年12月2日にTBSの秋山豊寛記者がソ連のソユーズで宇宙に出たのが最初です。
 秋山さんは「宇宙飛行士」では無く「乗客」だったので扱いが違って居ますね。
 それに「TBS記者」ですからね。
 F1も「フジテレビ独占」になって人気は陰りましたからね。
 月面着陸の日は7月20日 
 宇宙飛行の日は4月12日 私が写真を撮った「ユーリ・ガガーリン」が19661年にボストーク1号で初の有人宇宙飛行した日です。
 「記念日」って、毎日何十もあるようです。
d0045383_21074895.jpg
 宇宙ついでに・・・
 これから先の「流星群」は・・・
 10月22~23日 オリオン座流星群は月齢13で明るいので期待薄です。
 11月5日と13日に 「おうし座流星群」こちらは闇夜に近いので見られるでしょう。
 11月18日 「しし座流星群」月齢10ですが見られるかな?
 12月13日14日 「ふたご座流星群」 一晩中見られるとか・・・
  一時間に40から100個だそうですよ。
 12月23日の「こぐま座流星群」は満月だそうです。
 「しし座流星群」を獅子岩のところで撮影したこともありますが、思うように飛んでくれませんでした。
 流星群の撮影はバルブでシャッターを開けっ放しにしますが、今のデジカメはその間じゅう電池を消耗するので予備電池が無いと駄目になることがあります。
 古いフィルムカメラ、機械式シャッターのNIKON FやF2は向いています。
 28mmとか20mmワイドにISO400でf5.6~8 シャッター開放1時間で36度の円弧に横切る流星が一個か二個・・・2時間なら72度回転します。
 星座や星を撮るのでではありませんから三脚だけで赤道儀は要りません。


[PR]

# by je2luz | 2018-09-12 04:36 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 11日

鐘一つ・・・

 鐘一つ 売れぬ日は無し 江戸の春
 榎本其角にはなんて景気の良いは行くがありますが、最近の日本国では・・・
 避難指示 出ない日は無し 瑞穂の夏
 ほとんど毎日、注意報どころか警報が出て、避難準備ー避難指示とテレビにテロップがやたらと流れます。
 エアーチェックして録画などしている人だと随分邪魔なんでしょうね。
 高性能レーダーが稼働してからは積乱雲とかの発生がかなり正確に把握出来るのでこうなったのでしょうね。
 竜巻の発生まで予測して出て来ますからね。
 でも、「三重県」を一つにして出されたりしますね。
 南北に200Km程もあるのですから・・・
 でも、なのも岩手無いままに雷が落ちて竜巻が襲ってくるよりは良いとしなければなりませんね。
 10日は「二百二十日」ですね。
 今年ほど台風が出来ると「二百十日」「二百二十日」って死語では無く感じますね。

 9月8日は「白露」です。
 そろそろ夜露が着く頃なんですね。
 この海岸線の木本では中々夜露なんてありませんが、飛鳥などの山間部ではススキや稲に露が付く頃でしょう。
 次の9日は「重陽の節句」です。
 菊の節句ですが、昔ほど庭先に菊が植わっている家は多くないですね。
 菊=葬儀というイメージが強くなってきて植えなくなったのかな?
 水保ちも良く輸送にも耐えるので葬儀に使われることが多くなったのでしょうね。
 開花時期も電照で調節出来る便利さもありますしね。
 今は省エネのLEDなのかな?

 中秋の名月は25日です。
 「たばらして」もこの日の夕方でしょう。
 事故の無いように気をつけてほしいです。
 「ハロウィーン」と同じ様なのに、日本古来の風習より舶来の方がうれしいようですね。
 「バレンタインデー」は随分廃れたそうですけど・・・
 「ラマダン」は真似しないのでしょうか?
 ダイエットになるのにねえ・・・
d0045383_21582250.jpg

[PR]

# by je2luz | 2018-09-11 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 10日

今は火山の無い紀伊半島

 熊野市のある紀伊半島は「火山が無い」とされています。
 それは「今は無い」と言うことみたいです。
 太古には大きな火山があって真ん中辺に大きなカルデラがあったのだとか言います。
 あまりにも古い火山なのでそれ自体の火山灰が降り積もった大地では無いようですが・・・
 でも、赤土は火山灰の風化した物でしょうし、楯ヶ先とか鬼ヶ城東口の崖や熊野川沿いに一杯見えて居る「柱状節理」も山に埋まっている「丸岩」も火山の物ですよね。
 まあ、地球は火の玉だったのですけどね。
 三重県側には少ないけど和歌山県側には昨日書いたようにずらりと温泉も並んでいます。
 九州や箱根のようにまともに火山を思わせる「地獄」なんてありませんけどね。
 まあ、火山自体に関しては私たちが生きていると言う時間の中では火を噴くことは無いでしょう。
 日本では珍しく安全なところです。

 断層に関しても少ないことになっているけど、調査をきめ細かくやったのかどうか・・・
 有馬から新宮へ掛けての断層もつい近年に発表されたばかりですよね。
 熊野市にも地質の全く違う場所の境界が一杯走っています。
 「破断帯」のような所もあるし・・・
 それでも、他所よりはましなのかも知れません。
 だから、直下型地震の率は低いと考えて良いのかな?
 でも、目の前には「南海トラフ」が横たわっていますね。

 大雨と地震の相互作用が北海道のことでクローズアップされていますが、大雨+高波+地震+津波なんてのはここではあり得ます。
 その確率は花火大会が津波に見舞われるよりはだいぶ高いですね。
d0045383_07293593.jpg
 「住んではいけないところ」「住まない方が良いところ」・・・
 広島でもその線引きに行政の腰が引けていたのだとか・・・
 デベロッパーの開発にでも網を掛けにくいのに、既存の家屋敷を規制するのは財産権との絡みで難しいでしょうね。
 でも、何とかする方向に進まないと、動き出した地球、狂いだした季候に対応出来なくなるでしょうね。
 どんどん土地が空いてきても・・・
d0045383_22364658.jpg
赤線が活断層 青線は推定活断層 新宮まで繋がっています。
くまの新宮を結ぶ自動車専用道路とほぼ一致します。


[PR]

# by je2luz | 2018-09-10 04:23 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 09日

熊野の旅 足を伸ばしたついでに…

 昨日、南部まで足を伸ばしましたが、そのついでと言うか南部にも温泉があるのを知りました。
 この「南部」は紀州の人と梅干好きの人には「みなべ」と呼んでもらえますが、何もつながりがないと読んでもらえませんね。
 国民宿舎は温泉と言うことで岬の上に建っているので景色は抜群…
 周りは別荘なんだか新興住宅地なんだかで雰囲気は全然リゾート感なしでしたが、「国民宿舎」らしい作りでした。
d0045383_21172675.jpg
d0045383_20425058.jpg
家に帰ってから検索するとあるわあるわ、温泉だらけ…
 和歌山に始まり、宮前・紀三井寺・海南・紀伊宮原・湯浅・南部・紀伊田辺・朝来・白浜・椿・串本・湯川・勝浦・那智・紀伊佐野、紀勢西線沿いだけでこれだけの駅に温泉があるようです。
 山沿いには竜神・川湯・湯の峰・十津川・奥瀞・紀和など
 火山国日本とは言え温泉だらけですね。
 日本人は温泉大好きだし、外人さんも温泉マニアが増えているようですが、どうやって引っ張ってくるか…
 何しろ、「自称美人の湯」「自称日本三大名湯」「自称秘境の湯」だらけなんです。
 1000m以上平気で掘りますからどこでも温泉が出る?
 温泉掘っても地盤沈下はしないでしょうし、マグマを誘導するほど深くないし…
 竹下総理の一億円も呼び水になりましたね。 
 
 びっくりしたこと…
 入湯料のレシート…
 「2人×単600」ではなく「2個×単600」なのです。
 お役所的???
 ほとんどだれも見ないレシートでしょうけどね。
 ???「個」は「個人」なのかな???



[PR]

# by je2luz | 2018-09-09 04:27 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 08日

昔もこんなんだったのかなあ・・・

 新聞に文科省のやった「学力・学習状況調査」の集計結果が出ていました。
 基本的には学校別成績は発表されません。
 都会はまだしも、田舎の小さな学校だと名前を伏せても個人が特定出来ちゃいますね。
d0045383_20344835.jpg
 表を見れば一目瞭然
 小学校も中学校も全教科で県平均を下回っています。
 「少し」では無いですね。
 例の文科省の裏口入門で出て来た「あと10点ほしかった」は多分3科目合計の話だと思います。
 三科目合計だと三重県平均でも15点低いです。
 受験が絶対でも無いですが、何所まで行っても学力はついて回ります。
 少なくとも「理解力」は持っていないと・・・
 芸術や体育系以外だと「個性的」だけでは通じませんからね。

 私の時代、ガリ勉は嫌いでしたし周囲にもそんなのは居ませんでしたが・・・
 時代が変わっても、その時代時代で競争相手は同じ学年やその前後、全国の子供です。
 何かというと、「今の子供は難しいこと習っているから」と、先生まで言いますが・・・
 ゆとりの時などはπ=3なんて省略したり・・・
 計算は電卓で・・・
 試験に辞書持ち込み・・・
 「世も末だなあ・・・」と、思ったりしましたが、この表を見て少し悲しくなりましたね。
 クーラーがあるとか無いとかでは無いような・・・

 ヒトヨヒトヨニヒトミゴロ フジサンロクオームナク
 サインコサイン何になる ♪♫
 受験生ブルースだって結構楽しい物なんですがねえ・・・
 楽しいと思わせちゃえばのってっちゃうものです。


[PR]

# by je2luz | 2018-09-08 04:30 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 07日

熊野の旅 月例広報くまの 9月号 より

 もう、9月号です。
 今月は「動物愛護週間」があります、
 広報くまのにも記事が組まれています。
 「飼い主の皆さんに守ってほしい5か条」なんてあります。
 ①ペットの習性などを正しく理解し、最後まで責任をもって飼う
 ②人に危害を加えたり、近隣に迷惑を掛けたりしないようにする
 ③むやみに繁殖させないようにする
 ④動物による感染症の知識を持つ
 ⑤迷子を防ぎ、災害時に備えるため所有者を明らかにする
  だそうです。
 確かに今の日本は犬猫が増えすぎでしょう。
 番犬とか狩猟犬では無い愛玩犬がやたらとだっこされていますね。
 私は猫と一緒に育ったし、大人になってからも犬も飼ったし猫も飼いましたが今風の買い方は好きでは無いですし、「愛玩犬」は好きになれません・
 なんだか「お犬様」「お猫様」みたいな扱いする風潮がありますね。
 それ以前に・・・
 「人間も動物だぞ!」と言いたいような事件が多いですね。

 人の動き  平成30年8月1日現在
   人口   17.164 (-34)
    男   7.898  〔-13〕
    女   9.266  (-21)
   世帯数  8.963  (-12)
 コンスタントに下がっています。
 市報と一緒に配られた「福祉くまの」No.78には・・・
  熊野市の人口と高齢化率 と言うのが載っています。
     同じ8月1日現在です。
   人口     17.164
    65才以上  7.272
      男   2.985  女4.287
    熊野市の高齢化率 42.37%
 29年度の白書では 全国平均 27.3% です。
 まあ、2040年には半分以上の自治体が40%を超すそうですが・・・
 熊野市などの田舎は高齢化の先進地です。
 だから、色々実験しないといけないのですが・・・
d0045383_19435136.jpg
 夜明けは必ずやって来ます。
 暗いのは怖いとか厭なことでは無く明るい朝日を待つ楽しい時です。
 


[PR]

# by je2luz | 2018-09-07 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 06日

カジノも万博もおやめなさいよ!

平成30年21号台風で大阪周辺がズタズタにされました。 
 心配された「第二室戸台風」のコースをたどりました。
 このコースには「ジェーン台風」「室戸台風(第一)」も入り、大阪湾に大きな被害を与えています。
 室戸半島をかすめて紀伊水道に入る台風は障害物がないので勢いよく大阪を襲います。
 今回はあまりやられていないようですが、淀川火口周辺の大正区は改月も低く水害に弱いところだったのです。
 
 私が子供のころには大阪湾周辺・東京江東三区・新潟などの工業地帯はものすごい地番沈下が問題になりました。
 工業用に地下水をくみ上げたのが主な原因で、地下水のくみ上げが規制されて少し改善され東京などでは地盤が水を含んで隆起したところもあるんだとか…
 でも。水ぶくれですから地震が起きれば泥沼になるんですね。
 東日本大震災の時に千葉周辺でも起きましたし、仙台では若松区など沈んじゃいましたね。

 東京にも「キティ台風」と言うのが襲っていますが、大阪の方がはるかに問風の襲来はおおいです。
 台風銀座の真ん中を通ると紀伊水道に入りたがりますからね。
 これからも減ることはないでしょし、大きなものが増えると思われます。
 台風以外にも南海トラフ地震も紀伊水道のそばで、津波も紀伊水道を通て襲うところです。
 危険は減ることがなく、台風は巨大化が予測されているし、地震確率は上がる一方です。

 そんな中で、「関西空港」って完成後に3mも余って地盤沈下したんだそうですね。
 作るころに地盤が悪いのは聞いたことがあります。
 「世界一」と言う日本の技術だから解決したのだと思っていたら…
 大阪湾に浮かんでいる島々は埋め立て地ですね。
 どの島もコストからでしょうかそんなに海抜は稼いでいませんね。 
 そんな島で「オリンピック」「万博」「カジノ」色んなの誘致にかかりますね。
 私の心配する「熊野大花火」は年に一回ですが、万博は半年、カジノは通年で何年でも…
 台風に津波…
 花火以上に無責任でしょう?
 心配な話ですね。
 世の中はひと月もすると忘れるのでしょうね。
d0045383_21101653.jpg
 台風21号・熊野市鬼が城西口
 まあ、大阪湾ではここまでの高波は無いでしょうけど、高波絵お含めるとここよりずっと弱いです。
 南海トラフ地震の津波でもここよりずっと危険なはずです。


[PR]

# by je2luz | 2018-09-06 04:02 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 05日

スマホに振り回される

 私はポケベルから始まって、携帯電話を持つようになったのは田舎では早い方だったと思います。
 中継局の整備が田舎ではなかなか進まないのでその分は遅かったですけどね。
 ポケベルは電波が止まる日まで持っていました。
 通告通りに電波が止まって感心しましたね。
 携帯電話は「IDO」なんて会社のから始まりましたが、こんな町中に居ても電波の入るところを探しましたね。
 「針が三本」なんて騒ぎましたからね。
 そして。DoCoMoからAUとSoftBankへ…
 その先は一年少し前まで「ガラケー」でした。
 メールを少しするだけで電話にも出ないのでガラケーで上等だったのです。
 世の中がずいぶん変わったので、「スマホ」に移ることにし、選んだのが「格安スマホ・DMM」です。
 スマホになっても電話はかけないし出ない…
 データ通信はWiFiばかり…
 だからDMMの3Gプランで上等でした。
 でも「Line]はメールより便利なのでつかってます。
 そして、元からのFaceBookはスマホからアップになってきました。
 携帯電話で写真をとる習慣はなかったのですが、LineをやったのでLineBlogに手を出して、リンクでFaceBookやTwitterへもアップできるようになると、デジカメで撮るよりスマホの方が便利だと悟り、その分はスマホで…
 スマホで写真撮りだすと動画も…
 と言うことで、今度の台風でもスマホの動画とデジカメの写真…果てはコンデジの動画まで…
 台風など撮ると動画が暗いのでAdobeのアプリを探し出したり…
 パソコンとは少し様子が違うので同じようなのが別アプリになるし…
 登録をなまじ共通にしたのでこんがらがるし…
 いい年こいて変なものに手を出すといかんです。
 スマホー2in1-デスクトップ…
 写真・動画のやり取りでBlueToothをフル活用…
 まあ、ボケ防止にはなるでしょうね。
d0045383_21234070.jpg
台風のさなかに家と前の堤防を行ったり来たり…
 こんな時はD800Eなんてたいそうなカメラは怖いですから、スマホもありですね。
 台風が通り過ぎる時間までは国道42号線は規制されていなかったのですが、最後になって佐田坂と矢の川の尾鷲側の二か所で倒木と落石で通行止め…
 雨と言うより風で木と岩が動いたようです。


[PR]

# by je2luz | 2018-09-05 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 04日

まずいよまずいよ

 今NHK845ニュースで鬼が城西口と井戸川カルバート、夕方の映像が出ていました。
 西口の防波堤を超える波はまだまだ大きくなく気になりませんでしたが、続けて写ったカルバートの絵で「まずい」と思いました。
 先日、台風の雨を予測してか県土木がカルバート内部の砂利を排除していました。
 近年はカルバートが岡の上に座っている状態なので、波の度に砂利で入り口が埋没しかけるのです。
 雨が早く降れば砂利を押し出す圧力もかかるのですが、21号は雨が降る前にかなりの波になっているので、テレビの画像で見ても出口が埋まりかけています。
 明日の朝、雨が降り出して井戸川の水が多くなってもうまく出られないかも・・・
 あまりよろしくない状態です。
 うまく砂利が押し出されてくれるとよいのですが…
d0045383_21103051.jpg
 平常時のカルバート遠景です。
 波打ち際にあるのが波切用のテトラポッドでその内側に砂利に埋もれたようなのがボックス・カルバートです。
 これの設計当時はダムの影響で砂利がやせていたのです。
 さらに浸食が進んだ時には排出口が海に突き出していたこともあるのです。
 私や同僚の議員さんが必死になって海岸浸食を訴えていた頃です。
 潜堤で浜は太り木本は守られたのですが、井戸川河口、ボックスカルバートの機能が落ちています。
 これの大改装は難しそうです。
 問題視する人も居ないし…
d0045383_22212224.jpg
出て来ました。
 2004年のカルバートです。
 完全に海に突き出していますね。
 20mあまり浜が狭いのです。
 この頃に木本堤防を波が越え、西郷川の導流堤が崩落し国道42号線も崩落する事故が起きたのです。
 そして、「潜堤」という大工事が採用されたのです。

 9月4日、台風21号、朝6時頃の状況です
d0045383_07070354.jpg


[PR]

# by je2luz | 2018-09-04 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 03日

田舎と大型店舗とコンビニ

 熊野市って田舎の割にスーパーマーケットが出来るのが早かったのです。
 今は一部上場企業になっている「オークワ」は木本記念通りに「主婦の店大桑」として生まれました。
 このオークワは三重オークワと新宮オークワがあったのですが、途中で三重オークワが吸収されたようです。
 今は一本化された「新生オークワ」のようですが、木本本店などの記録は出て来ません。
 意識して隠された歴史なのかも知れませんが他人様の私会社ですからそれもありでしょう。
d0045383_22552341.jpg
 
 熊野にはこのオークワさんの店が井戸店・有馬店の二つ、イオンが井戸に一つ、主婦の店が有馬に・・・スーパーが合計4店舗も展開しています。
 ホームセンターも「コメリ」と「ダイキ」の二店舗
 大型薬局は「セイムス」と「モリヤマイオン店」
 コンビニは「ファミリーマート」有馬2・井戸・五郷 「ローソン」木本 
 ファッション関係は「シマムラ」「ナカミチ」「イオン」
 家電は「EDION」
 外食は「すき屋」「モスバーガー」
 人口17000弱のところにこれだけチェーン店が出店してきています。
 金融機関は「百五銀行」「第三銀行」「新宮信用金庫」 中京銀行と紀南信用は無くなっています。
 この中で「三重オークワ」と「第三銀行」は木本が発祥の地だったのですから。木本は捨てた物でも無かったのでしょう。
 でも、この先も人口減少がどんどん進みますから、これらの店を維持出来なくなるでしょうね。
 こうした現象は全国で起きてきます。
 個人の店舗は当代限りのところがほとんどです。
 物が買えない街が出現します。
 一時期千葉の町などで起きた現象です。
 どう軟着陸させるか考えないと「店を引き上げます」と言われてからでは大変ですよ。
 「民間のこと」と突き放すのか「市民の生活を守るため」と動くのか?行政も市井を問われる課題です。
 送迎から宅配まで、今まででは考えられない事態が起きようとしています。


[PR]

# by je2luz | 2018-09-03 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 02日

台風・高波 VS 堤防・潜堤

 海沿い、ことに太平洋岸、ことにことに土佐や紀州は昔から、台風の高波、地震の津波との戦いが村の存続に直結していました。
 ここ奥熊野でも代官所の記録などに、「大風吹いて家流さる」なんて記録がいっぱいあるようです。
 台風では歴代一位の第二室戸台風も伊勢湾台風も木本を襲っています。
 第二室戸台風は知りませんが、伊勢湾台風は私が高校生でこの家の隣にあった実家の離れで高波が堤防を越えるのを目撃しました、
 堤防は今の堤防より少し低かったのですが、堤防にぶち当たって家が揺れていたのですが、とうとう、ぐわっと水が盛り上がるのが見えて越えてきました。
 今は国道になっていますがそこに木造平屋建てのアパートと籠屋さんの仕事場などがあったのですが、越えた波が崩れながら当たると大きく揺れ、たった二発で崩れました。
 私が居た離れは2mほどの石垣に守られていたのでそんな危ないシーンを目の当たりに出来ました。
 波の力のすごさを実感させられましたs。
 この経験が、後の「木本堤防改修」に全力を注ぐ原点です。

 伊勢湾台風で波が越えてからかさ上げ工事があり1mあまり高くされたのです。
 さらに、老朽化した木本堤防を新しくすることになりました。
 旧堤防と同じ高さで作るということで高さを増やすことには失敗しました。
 お役者所は「伊勢湾台風級でも大丈夫」と何かというと引き合いに出しますが、その新堤防が台風以前の「台湾坊主」の波で越えられちゃったのです。
 それを踏まえて、沖に「潜堤」を作ってもらいました。
 潜堤ができるまでは年に一回や二回は高波が堤防に当たり、我が家などドシンと揺れたものですが、潜堤完成後は家が揺れることはありません。
 水面下にあるので目立ちませんが、効果抜群です。
 砂利が落ちてゆくのを防ぐので浜が昔に近付くほど太ったし、波の力をそぐので高波がかなり殺されます。
d0045383_20002436.jpg
 この写真は先日の台風20号の高波の形跡です。
 我が家のすぐ裏ですが、ぎりぎり堤防の根元まで来ていますね。
 もうすぐやってくる21号もこの程度で済ませてほしいものです。
 堤防は海抜15mで、この辺で浜からの高さは3mあまりでしょう。
 浜が太って砂利が増えているのでそれも波の力をそいでくれています。
 ここまでやったのでですが、地球温暖化の異常気象までは織り込んでいませんから…


[PR]

# by je2luz | 2018-09-02 04:10 | Trackback | Comments(0)
2018年 09月 01日

大丈夫か?2020の花火大会

 毎年書いているように思いますが、「熊野大花火大会」は寄付集めも年々厳しくなっている上に、運営の方でも「イヴーサ」というボランティア団体の協力を得てこなしています。
 その数200名あまりが準備から当日へと来てくれています。
 学生さん達が暑い最中、浜での仕事もこなしてくれています。
 
 表題記書きましたが、2020年の夏、10万を超すボランティアが必要とされるようです。
 「東京オリンピック」です。
 このボランティアも手弁当で宿泊も自前なんだとか・・・
 東京近辺の学生さん以外の参加は難しそうですが、確保出来るかどうか心配されているようです。
 「オリンピックだから・・・」が錦の御旗化しそうです。
 ボランティアの動員令が掛かりかねません。
 オリンピックは7月24日~8月7日
 パラリンピックは8月25日~9月6日
 熊野大花火大会は8月17日
 開催日からは外れていますが、ボランティアさんに出動疲労がなければ良いのですが・・・
 災害復旧のボランティアとは違いますからフリーのボランティアは期待出来ないでしょうね。
 取り越し苦労なら良いのですが・・・
 何が飛び火して来るやらわかりませんからね。
 ボランティアの協力が貰えなくて開催出来なくなったイベントもあちこちで出て居るようです。
 地元の人手が無くなると、ボランティアさん達に「手助けして貰う」のでは無く「頼りっきりになる」と言う事態になります。
d0045383_21374264.jpg
 結構有名なお祭りの出し物もアルバイトに頼っている例もあるようです。
 田舎には大学も無いし、熊野からは高専も出て行きましたからね。
 200人というような人数は中々揃えられません。
 浜での設営などはもの凄く過酷な仕事です。
 私などがやれば確実に倒れますからね。
d0045383_22483046.jpg

[PR]

# by je2luz | 2018-09-01 04:17 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 31日

台風21号 最悪のコース 確定か?

d0045383_10384802.jpg
 これが米軍の発表した今朝の21号(25)の予想進路です。
 潮岬直撃です。
 ここへ来ると紀伊水道に向かったりこの沿岸を走ったりと少し曲がることもありますが、まっすぐ紀伊山地を乗り越えるときもあります。
 その場合、伊勢湾台風や風台風の19号のようにものすごい台風になります。
 気象庁の発表で朝の段階で中心気圧が915hpまで下がっています。
 まだ発達する海域ですから900に使づく、超巨大なモンスター台風になる可能性があります。
 上陸した台風では上陸時の気圧は第二室戸台風の925、伊勢湾台風の929hpが一番と二番です。
 上陸時にどうなるか確定しませんが、強さ、コースともにこれらに似ています。
 家の周りの片づけはしておいた方がよいでしょう。


[PR]

# by je2luz | 2018-08-31 10:41 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 31日

21号は巨大化… コースも最悪?

d0045383_21120478.jpg
 これが台風12号、30日の予想進路です。
 一番上が4日の朝です。
 今、どんどん発達中でもうすぐ915hpになりそうなんだとか…
 20号はそんなに発達しないでやってきましたが、今度の方が悪そうです。
 コースもだんだん秋台風らしくなってきそうですね。
 日にち的には2011年の12号、紀伊半島大水害の時と同じです。
 あの時は通り過ぎて本体が日本海に出てから、南からの風がこの沖から池原方面に入り続け、2000mmを越す雨になりました。
 この辺では線状降水帯は関東など程発生しないようですが、だんだん、気象が変わっていますからね。
 海水温もまだ下がったとはいえず、27~30℃…
 台風が発達する海水温がこの沖までつながっています。
 これが近年の台風が上陸するまで衰えない原因です。
d0045383_21310229.png
 いつも書くように、宇宙にアルミ箔を広げて太陽光を少しカットするしかないでしょう。
 夢物語ではなく計画されているはずなんですけどねえ…
 アメリカさんは太平洋ではなくカリブ海でやるでしょうけどね。
 温暖化を止めるには「恵み・母なる太陽の光」を少し断るのが手っ取り早いのです。
 全部隠れると「天岩戸の神話」のようになりますけどね。


[PR]

# by je2luz | 2018-08-31 04:10 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 30日

もうすぐ長月

 暑い日が続いて、「何時まで夏なんだろう」と、思われます。
 でも、暦だけは進んで行くので、明後日はもう9月・長月です。
 と、言っても明後日からの「長月」は新暦でまあ偽物ですね。
 旧暦だと新暦の10月9日、長月に入ります。

 九月ばかり、夜一夜降りあかしつる雨の、今朝はやみて、朝日いとけざやかにさし出でたるに、前栽の露、こぼるばかりぬれかかりたるも、いとをかし。
 などと言う風情もこの暑い新暦の九月では「をかし」とは言えませんね。
 おまけに今年は「日向カボチャ」ならぬ「台風」の当たり年ですから。一晩降り明かした後の朝は「いとわろし」の光景になるでしょう。

 9月1日は二百十日、9月10日は二百二十日ですからね。
 台風21号の余波で9月に入る頃にはそろそろ海が荒れてくるでしょう。
 もう一波が来ると脇の浜・木本漁港が浅くなっちゃうかも知れません。
 もともと、七里御浜の北の端、潮の流れでは一番下流なので砂利が寄せてくるのですが、潜堤が出来て浜が太るようになって、その砂利の最後がこの港なので埋まる速度が速くなっています。
 魚の水揚げはほとんどされないのですが、「漁港区」なので浚渫はされます。
 西郷川の河口閉塞排除もあるのかも知れませんが、経済効率は良くありませんね。
d0045383_21302972.jpg
 この和船は2005年に口有馬で撮った物です。
 観光地引用に残されていたものですが今はもう無いようです。
 志原尻の地引も無いし・・・
 木本の地引はうちの子達が子供の頃で終わりだったと思います。
 探せば娘を浜で撮った時の写真にはこの家の前の浜に船が上げられていましたね。 1989年とかかな?
 この有馬の浜は13年前・・・
 ここには潜堤が無いので今はもう少し痩せています。


[PR]

# by je2luz | 2018-08-30 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 29日

大本営発表が好き?

 戦時中はラジオから「大本営発表! わが帝国連合艦隊は…」などと言う勇ましい放送があったようです。
 「西太平洋上にて敵艦隊を発見、航空母艦1撃沈、巡洋艦1撃沈、駆逐艦2を大破せしめり、わが方の被害はすこぶる軽微なり!」とかなんとか…
 実態は「わが連合艦隊の空母、巡洋艦撃沈さる! 航空機の損害も甚大なり! 敵の損害は不明!」だったりしたようです。
 こうしたことから、実態からかけ離れたり、虚実のことを声高に放送宣伝することを「大本営発表」と言います。
 私はこれをよく使ってきました。
 5年ほど前の花火大会の来場者を20万人と発表した時には議会の一般質問でも、「いくら何でも膨らませすぎでしょう。大本営発表見たいです。」と、たしなめたところ、翌年は17万に減らし、次には14万まで是正してきました。
 でも、今年はまた増えていましたね。
 実感としては年々減少気味なんです。
 終了後の人や車のはけ具合もそれを実感させます。
 何十年も花火会場中心そばで花火を見て、昼間から終わりまでの交通状況も長年見てきました。
 だから、推移は肌で感じられます。
 主催者側ではきちんと調査したこともなく、多めに発表するのが常態化しているのです。

 これは昔のデモ隊の参加者数が主催者が1万人と言えば警視庁は3000人などと発表しましたね。
 まあ、これが常識なんですが…
 ここへきて、問題になっている「阿波踊り」の方で、発表の来場者と実際に調査した数の違いが問題になっています。
 主催者実行委員会と新聞社が108万人と公表した去年の来場者の実数は、調査の結果、21万人で外人が1万4000人だと発表されたのです。
 なんと、5倍!!!
 波及効果も100億ほどと言われたのが15.5億しかないとか・・・
 よその町のことですが笑えません。
 
d0045383_22252890.jpg
 熊野市は花火の観客数も明らかに減少気味なのを認めない水増しらしき数字を発表します。
 駅前のイベントも初回よりは是正はされたけどかさ上げ…
 それでも、徳島よりはかわいいのかな?
 どでも実績を多く見せないと公金投入の口実がなくなると思うのでしょう。
 経済波及効果なんて端から眉唾ですしね。

 そもそも、花火大会で熊野市が儲かるなんて考えるのは無理でしょう。
 「宣伝費」だと思います。
 それに「お接待」でしょうね。
 それに割り切ってお客さんを楽しませて熊野市を忘れないようにしてもらおうではありませんか。
d0045383_22260677.jpg
 9月には鈴鹿でも花火があるってテレビで宣伝する時代なんです。
 有名な花火評論家?が熊野の花火を全国2位に格付けしてくれたとか…
 でも、残念ながら金曜夜なのに発表14万人まで是正した年より少なく見えましたよ。

 議会で質問した時に、「野鳥の会に頼んで同時刻に要害山や獅子岩などからカウントしてもらい実数を一度調べる必要があると思うのですが…」と、提言したのですが動かず…。
 5人招待してもたいして経費は掛からないでしょう。
 その数から、主催者、地元を差し引いてみてはいかがかな?
 正規に提案してもやりませんでしたけどね。
 この動かないところも「大本営」なのかな???


[PR]

# by je2luz | 2018-08-29 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 28日

熊野 黄泉の国・極楽が近いんだから…

 今日の話は昨日の続き…

 熊野は紀伊半島と言う日本の交通軸から飛び出したところにあるので、昔から「僻地」だったようです。
 不便だから、地形も険しくてそんなに遠くないのにたどり着きにくいところです。
 だから、神様が住み着いたり聖地になったりしたようです。

 そんな熊野なのに…
 熊野市だけではなく「熊野」全体が急速に過疎が進んでいます。
 あと20年経つと人間が1/3は減るでしょう。
 「ふるさと協力隊」なんてものは歯止めにはならないでしょう。
 近年は老人の死亡による自然減もありますが、「呼び寄せ介護」による転出もあります。
 生きている人が若い人もお年寄りも出てゆきます。
 さらにさらに…
 今社会問題になっている「墓じまい」も増えています。
 「しまわない」のも増えます。
 熊野市には「市営墓地」は有馬に一か所あるだけです。
 「行倒れ」の仏様などを葬るためのものです。
 議員当時そのあたりを一般質問したのですが、熊野市は全く理解示しませんでした。
 生きている人だけではなく仏様までどんどん流出します。
 生きている人たちは「呼び寄せ介護」が嬉しい訳ではないようです。
 仏様も多分、知らない土地に行くのは嬉しくないでしょう。

 と言うことで…
 有馬の墓地は使えませんが、どこかに「公園墓地」でも確保して、樹木葬などで強制的に連れてゆかれる熊野の仏様を残ってもらえるようにするのはいかがでしょうか?
 骨になってからも、熊野地で「朋輩」と遊べるなんて悪くないでしょう。
 熊野市の体制が変わらないと実現できないかもしれませんが…
 どちらさんかこの夢を実現させてください。
 難しいことではないのですがTOPが理解しないと…

 天国にも地獄にも一番近い熊野はそんな霊に居てもらうに最も適しているでしょう。
d0045383_21311341.jpg


[PR]

# by je2luz | 2018-08-28 04:25 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 27日

熊野 黄泉の国の入り口?

 熊野は「神々の郷」とか言わrますが、補陀落信仰なんてのではごく六浄土への出発点だともいわれます。
 熊野信仰は浮かばれぬこの世ではなくあの世での安泰を願ったものだとか…
 イザナミを弔ったのが花の岩屋で、伊弉諾が追いかけていったということはやっぱりあの世の入り口なんでしょう。

 人間は必ず死にます。
 本当はどうだかわかりませんが、「あの世」とやらがあるのなら行かなくてはならないのでしょう。
 途中の分かれ道で仕分けされるなんて考えは色んな宗教で言われますね。
 蓮舫さんみたいな綺麗だけど怖い仕分け人が居るのかも・・・
 「二番でもビリでも良いから通して下さい!」と頼めば大丈夫かな?
 葬式には・・・
 「地獄の沙汰も金次第」だから六文銭を持たせる?
 でお、この辺では「そばボーロ」で代行したり…
 中国式の紙のお金よりはわいろとして効くのかも???
 医学部の裏口どころの話ではありませんね。
d0045383_23005630.jpg
 まあ、それは置いておくとして・・・
 「黄泉の国の入り口」「補陀落・西方浄土の入り口」「神々の郷」色々揃っているって、どうしても死ななくてはならない人間にとって便利な土地ですよね。
 上州や上総なんて遠い所からまともに金も無いのに四苦八苦しながら熊野に来た人に比べれば熊野に居れば随分楽して成仏?神になる?出来たでしょう。
 今だって、春と秋には「天国と繋ぐ綱」に縋って神様のお手伝いが出来る所ですからね。
 それも、氏子かどうかなんてケチなことは言いませんよ。
 お賽銭の額も問いません。
 伊弉諾さん達の時代には「和同開珎」も無かったでしょうから・・・
 熊野三山も歩いたって二日でお参り出来るでしょう。

 何が言いたいのかって?
 今日の続きはまた明日・・・
 前武・巨泉なんて分からないだろうなあ???


[PR]

# by je2luz | 2018-08-27 04:35 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 26日

熊野にもこんなのあったと思いますが・・・

 ローカル紙に・・・
 「婚活イベント 都市部の女性と”恋旅” 
 来月15,16日紀宝の飛雪の滝で

 なんて記事が出ています。
 熊野市にも有志が集まって「婚活サポート」が行われているはずです。
 私たちグループも40年ほど前にそんなのやりました。
 その昔には「青年団」なんてのがあり若い人の交流イベントが自主的に行われ、町中にはお節介なばあちゃん・じいちゃんが居て見合い写真など回っていた物です。
 町の写真館の評判は「修正の上手さ」なんて言われた時代もありました。
 
 世の中が自由になり、男の子と女の子が一緒に居てもとかく言われなくなって行くのに、男女の縁はどんどん薄くなっていった感じです。
 「戦後強くなったのは女性と靴下」なんて言葉が世の中に出回った辺りから、男の子が女の子を口説きにくくなったのでしょうか?
 動物の世界でもペアーの相手を決める決定権は雌にあることが多いですしね。
 人間の雄は鳥の雄や獣の雄ほど派手とか格好良くは無いですしね。
 一部のプレーボーイを除いて普通の男の子は少々引っ込み思案みたいだし・・・
 この部門では政府の幹事長をはじめ偉いさんが色々言っていますけどね。
 「経済的理由」もあるかと思いますが、それ以外のところが大きいでしょうね。
 日本でも諸外国でも貧しい頃の方が結婚もするし子供も産みますね。
 この先どうなるのでしょう?

 私も華の独身?なのですが、この企画には参加出来ないようです。
 参加費5000円 宿泊2000円で9月15日16時15分紀宝町役場集合・・・
 ここまでは良いのですが・・・
 紀宝町近隣在住の20~45才までと言う制限があります。
 求人広告だと少し問題があるのですが、これは文句言えないようです。
http://higashikishu-kousya.blog.jp/archives/5548796.html
 私を入れてくれないので皆さん勝手に調べて下さい。 
d0045383_21392690.jpg
 熊野の花火では「メッセージ花火」というのがあります。
 「○○ちゃん! 好きです! 結婚して下さい!」 ・・・ドッカーン!!!
 やってみたいですね。


[PR]

# by je2luz | 2018-08-26 04:12 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 25日

台風20号

 台風20号は台風としては大きなものではありませんでした。
 コースとしては関西を縦に通り抜けるもので、影響範囲が多くなる形でした。
 少し変わったルートですが、久々に台風銀座に上陸しましたね。
 この辺は台風進行方向の右に入ったのでよろしく無いコースでした。
 四国に上陸するときには目もはっきりしないし形はきれいではなかったです。
 それでも風はかなり強かったようですし、雨も結構多かったみたいです。
 この辺りでは海岸部の雨はびっくりする物ではなかったですが、一山越えた裏側では多かったようです。
 テレビでは「12号台風に似た…」と報じていましたが、あの時は台風本体ではなく、三陸沖にいる台風が動かずそこに向かう湿った空気が今でいう「線状降水帯」となって池原や十津川に入り続けましたね。
 豪雨の形は少し違いましたが、紀和では板屋川があふれそうになったし、紀宝町では水があふれるし、168号線にもあふれるし…
 これしきの台風でこんなになるとは…
 この席が思いやられますね。
d0045383_21404852.jpg
 我が家の被害はカーポートを洗濯物星場として中庭に建てたものの屋根がはがされました。
 ポリカーボネートですが30年以上経過しているので劣化していたようです。
 そもそも、フレームと繋ぐフックがプラスチックだからそれが先に劣化しますね。
 ブリキ屋さんのは連絡済みですが、住居ではないので優先度は低いでしょうね。


[PR]

# by je2luz | 2018-08-25 04:21 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2018年 08月 24日

サンマの話…

 サンマの動向が新聞にも大きく載っていました。
 資源調査の結果では「去年よりまし」と言うことらしいですが、海水温の上昇、温水隗の発生、親潮と黒潮のバランスの狂い…色んな条件で、サンマの漁場が公海上のでは東によって行くし、日本沿岸に来るやつも岸によってこないとか…
 こうした話は熊野市から見ればうんと上流の話です。
 「棒受け網漁」(ぼけ)の漁期は8~12月と書いてありますが、熊野のサンマ漁はそれより後ろにずれています。
 でも、根室とは釧路のサンマ漁が苦戦するようだと小さな遊木港はもっと苦戦します。
d0045383_20331035.jpg
 このグラフの右側よりさらに下がっているのが今の漁獲量です。
 熊野市遊木町の場合は事実上「ゼロ」ですからね。
 北海道のサンマ船は公海をどんどん東へ追いかけているようです。
 三陸の漁船も同じ傾向だとか…
 遊木の船は小さいですし遠くまで追いかけるのも難しいのでしょうね。
 単価の安い「さいれ」…
 しかし、その「さいれ・サンマ」が獲れないと熊野の生物が消えることになります。
 「遊木が獲れなければよそから買おう」と言うのも、今の不漁の傾向からするとそれも難しいのかも…
 台湾の不目から脂ののったのを買ったのでは「丸干し」「さいれの寿司」は作れませんしね。

 サンマは太平洋を回遊する魚だそうで、北太平洋から北海道沖に来て、産卵のために南下すると言われます、
 熊野に来るときは産卵が終わって脂が落ちている?と、言われますが、この先とか稚魚だとかよくわからないのだそうです。
 ウナギもそうですが日本人の好きな漁業資源のことってあまりわかっていないんですね。
 ウナギ・マグロ・サンマ…
 取れなくなるより「絶滅危惧種指定」になってしまう恐ろしい事態に追い込まれるかも…
 

[PR]

# by je2luz | 2018-08-24 09:38 | 熊野 | Trackback | Comments(0)