人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 21日

放火殺人

 京都の事件は全く論外のものです。
 「あれはテロだ」とすぐに書きましたが、やっぱりそう受け取る人も増えているようですが、「日本ではテロはない」というスタンスも多いですね。
 政府に楯突くクーデターとかではなく、特定のものに殺人を伴う暴力で攻撃を加えれば「テロ」でしょう。

 この事件の中継で???と思ったのは「伏見区」とは言え京都ですよね。
 あれだけの時間が経っても「はしご車」が一台も投入されませんでしたね。
 簡易的ははしご・脚立で消防士さんがよじ登っているのを見ているのが不思議な光景でした。 
 あの火の勢いだとはしご車が投入されてもどこまで対応できたか分かりませんが、少しは救えたのではないかと思っちゃいます。
 京都だって町家だけではないのにねえ…
 今の消防は普通のポンプ車だけでは対応できなくなっていますからねえ… 
 消火液を積んだ「化学車」なんてのも熊野でさえ用意し無くてはならない時代です。
 トンネルで車が燃えることも想定しますからね。
 消防士さんの服装装備も石綿で作った「炎火服」に時代が終わり、耐火服にヘルメット、ガスマスク、空気ボンベ…大変そうです。

 今の建物って外付け避難階段のない物が多いですね。
 防犯上の問題もあるのでしょう。
 最近は個人の英でまともに窓のないのを見かけます。
 そして、窓に格子のハマった家も多いです。
 雪国などで格子窓が多くて家事のときに逃げられないなんて言われた時代もありました。
 そして「新建材」の表面材に塩化ビニールが使われていたりボンドが有害ガス出したりして、建材の規制が強化されましたが、それ以前からの家は建材の変更はされていません。
 最近の火災で結構死者が多いですがその面からの報道はないですね。

 今回のようなテロ行為に対しては普通の建物は無力でしょう。
 「ナパーム弾」を室内に放り込んだようなものですからね。
 炎と熱と酸欠・一酸化炭素…
 まさか、弁護士が「責任能力なし、無罪」なんて主張しないでしょうね?
 裁判所も裁判員裁判の有罪判決をどんどん覆しますね。
 厳罰化しても犯罪は減らないという説もありますけどね。

 戦闘員とか過激思想、偏向思想を教え込むのって割と簡単みたいです。
 「赤軍派」なんてのもさほどの指導者が居なくても走っちゃいました。
 「怒り」『妬み」「恨み」は煽り良いのでしょう。
 他人からだけでなく自分自身でも煽っちゃうみたいですね。
 日本人は仏教伝来依頼「許す文化」を身に着けてきたのですけどね。
 それが根底から変わりつつあるのでしょうか?

d0045383_13184193.jpg



# by je2luz | 2019-07-21 04:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 20日

SL いろいろ

私が子供の頃の鉄道はSL時代でした。
 紀勢西線も紀勢東線も当然蒸気機関車でした。
 東海道本線の「特急つばめ」も蒸気機関車が引っ張っていました。
 東海道本線も米原ー京都間が電化され、電気機関車で全線走れるようになったのは、1956年(昭和31年)なんです。
 大きな話題だったのでかすかに覚えています。
 紀勢本線が全通したのが1959年ですから、東海道本線電化は遅かったとも言えますね。
 日本中の川にダムを作らないと電気が足らなかった国ですから効率が良いと言われても、簡単には電化を進められなかったのかもしれません。
d0045383_20585378.jpg
 紀勢本線は線路の関係で重いD51は走らず、動輪が3つのC型でしたね。
 熊野市では国鉄から譲り受けた「C58」が井戸帳の下平公園(SL公園)に展示されていました。
 上屋も作られ、国鉄OBの方々によって保存整備もされていたのですが、心無いマニアによって、銘板など外され無残なものになり、撤去されてしまいました。
 機体は割と良いものだったのですが「幸せの王子」の最後のような姿でして。
 私のブログに問い合わせが入り調べた結果、スクラップとして大阪の業者に所へ行ったようです。
 残念というより恥ずかしい話です。
 撤去直前に撮った写真が残っていますが、勇姿が偲べるように撮ったものです。

 最近目立つのはなにかあるたびにインタビューやロケの入る新橋駅前のSLですね。
 「C11」というもので、水のタンクも石炭も機体の中に取り込んだものですね。
 当然長距離は走れないものみたいです。
 新宮駅には構内用にうんと短いタンク車が走っていましたね。
d0045383_21001604.jpg
 蒸気機関車が格好良く見えるのは日本人だけでは無いようです。 
 ヘッドを時計に改造されている、このいかにも社会主義国的なのはヴェトナム国有鉄道がダナン駅前に飾ってあるものです。
 実際走っているのはジーゼル機関車ですけどね。

 ドラフト音とかは格好良いですが、乗って旅をするとなると蒸気機関車は厄介です。
 窓からは煤煙が入ってくるので駅弁のご飯がゴマをふったようになるし、トンネルが続くと客車の中がかすむほど煙るし・・・
 夏などは扇子でも持っていないと服に石炭かすが付いて取れなくなるし・・・
 トンネルが長いと機関士まで気絶したり…
 それでも、格好良いので大井川鉄道などにはマニアが乗りに行きますね。
 だんだん、動かせる蒸気機関hさは減るし機関士さんも減るし・・・
 日本で姿を消したら、イギリスやインドまで行かないと見られないかも知れませんね。



# by je2luz | 2019-07-20 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 19日

第6回熊野辛いものフェア

 熊野市の特産品として導入されたのが「ハバネロ」などの唐辛子類です。
 「うまい」当アイウ範疇のものではありませんが、山間部で作っても鹿や猿に荒らされなくて済みます。
 いつの頃からか、日本人は旧来の「鷹の爪」などに飽き足らず、世界中の辛い唐辛子類を導入し始めました。
 最近は言いませんが、「エスニックブーム」なんて萌えてゃ屋された頃には、「胃に穴が空いた」なんて話もありましたね。
 唐辛子の類の辛さは、ワサビやマスタードのとは違い、水を飲んでも消えないし、下手するとあくる日もお尻まで大変なことになる代物です。
 主成分は「カプサイシン」などの組み合わせらしいです。
d0045383_21041219.gif
 
d0045383_21071479.jpg
 熊野市が最初に導入したには「ハバネロ」で、「どん辛い」と言われましたが、辛さだと7番目だとか…
 5番目に辛い「ブートジョロキア」も作られましたね。
 これはハバネロの倍くらいの辛さとか…

 唐辛子類はナス科特有の連作障害は出ます。
 猿や鹿は来なくても種固有の障害は逃れられないようです。
 熊野の場合だと工作する手間はかかりますが。休耕田が無限にありますから、転作用の農地は確保できるでしょう。

 こんな作物を作り出したので、「辛いものフェア」なんてのが始まり、今年で6回目だそうです、
d0045383_21161937.jpg
 くまの市内の食堂16店舗が参加しています。
 去年と店の数は一緒ですが店は入れ替わっています。
 7月1日から8月31日までで、スタンプラリーもあるようです。
 詳しくは 農業振興課 0597-89-4111 内戦482
 パンフレットはしないあちこちにあります。
参加店舗



# by je2luz | 2019-07-19 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 18日

サンマの総量規制 サイレは?

 数年前から問題になった、「サンマの現象」「外国船の大量捕獲」「海洋温暖化」が、行きつくところに近づいたのか、国際会議の議題になったそうです。
 この動きの速さは今までの漁業問題からすると早い動きですね。
 それほど切迫しているのでしょう。
 漁獲量が急増し「サンマの食文化」が広がり定着仕掛けている中国も参加しているようですから、まとまれば効果のあるものにはなるでしょうけど、水産資源の会議って中々まとまらないものです。
 日本だって「鯨」では席を立って脱退したくらいですからね。
 まあ、今回は北太平洋の共通の漁場で漁をする国ばかりですから話はし良いでしょうけどね。
 それでも、すぐになんてことにはならないでしょう。
 不漁がもう何年にもなってきていますし、資源の減少が限界を越すと回復するのにはものすごく時間が掛かるでしょう。
 おまけに、サンマは冷たい水の回遊魚ですから温暖化が進むと適した海域をうまく見つけてくれないとその影響も大きいでしょう。

 この会議は「総量規制」が目標でしょう。
 そして、「国別割当」ですね。
 その先は「国内での割当」となりますが、「国内のサンマ漁」の中では「油木のサイレ料」などは「隅っこの話」です。
 「サンマの漁期」と言う中にこの辺の漁期は含まれていません。
 回遊の問題もありますが「サンマの漁期」が終わってからが「サイレの漁期」ですね。
 それに、近代のサンマ漁は大型船化になってきているようです。
 遊木の船は近海向きの小型船です。
 それに、「漁業法改正」で小型漁船などは置き去りにされる方向に進んでいます。
 こうした大きな枠組みになるとき、「サンマ漁」の中で「サイレ猟」は考慮の対象に入るでしょうか?
 言うなれば「文化財的」な量と味覚を求めるようなものですからね。

 ロビー活動の下手なのが日本ですが、日本の中でのロビー活動ではこのへんは上手ではなさそうです。
 競争相手が根室・厚岸・気仙沼・調子・焼津︙なんてところですからね。
 漁協・県・市などどこまで実感しているやら、少し心配ですね。

 北太平洋漁業委員会と言う組織の参加国は日本・カナダ・ロシア・中国・韓国・米国・台湾・バヌアツの国と地域です。
 サンマの他にはサバの資源も問題になっているようです。
 他にも「イカ」「いわし」など魚の多くがおかしくなりつつあるようです。
 人口の増加と食生活の変化で魚を食べる人口が増えつつありますから段々しんどくなるでしょう。
 日本人は魚の消費が減っているらしいですが、それでも、魚に依存するところが大きいです。
 なんとか国際レベルでの資源管理を確立してほしいです。
 他にも「プラスチック廃棄物」の海洋汚染も日本の対策は遅れ気味ですし、「放射性物質の海洋汚染」も世界最悪の国になtyていますし︙
 孤立しないように頑張ってもらわないといけませんね。
d0045383_20092369.jpg
 下手するとこの光景も消えるかも…
 『目黒のサンマまつり」は気仙沼かなんかのですから…



# by je2luz | 2019-07-18 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 17日

獣? 動物?

 近年は日本中に「獣」がのさばっています。
 「もののけ姫」では人間が山を破壊し、獣や山の神が怒りを表すように描かれていますが、今では、それを通り越して、人間の手が山に届かなくなってきて、獣たちが領域を増やしだしたようです。
 昔と違うのは「日本狼」と言う、獣の頂点が居なくなり、ガランスを取る作用がなくなっています。

 熊野市ではこうした獣が農作物を荒らすということで、猟師さんに駆除に対する「捕獲奨励金」を出しています。
 ふらりと一人でいって穫れる鳥撃ちではなく大型獣となればチームを組み犬を投入しての猟です。
 とてもではないが日傭賃にはなりません。
 「ジビエ料理」なんて言いますが、肉に対する規制があり、山の中で猟銃で撃ったイノシシや鹿を里までおろし、食肉加工場に運んで処理するなんて無理なんです。
 ククリで捕ったものくらいしか売れないのが現実でしょう。
 それに、「猟師の高齢化」で山に入れる人が減る一方です。
 何しろ殺生をする仕事ですから、補助金出して養成して増やせるものでもないでしょう。

(1) 猪 1頭につき 8,000円(ただし、幼獣の場合は2,000円)とする。

(2) 猿 1匹につき 20,000円(ただし、幼獣の場合は2,000円)とする。

(3) 鹿 1頭につき 8,000円(ただし、幼獣の場合は2,000円)とする。

(4) アライグマ 1頭につき 2,500円とする。

(5) アナグマ 1頭につき 2,500円とする。

(6) ハクビシン 1頭につき 2,500円とする。

 この奨励金と地元の人の声で猟師さんも頑張って、鹿や猪は結構な数を駆除しています。

 この数字を見たら都会の人は「熊野の人は残酷だ」と言うでしょうね。

 捕獲目標

 イノシシ 350

 シカ   960

サル   150

 シカの960東なんてとんでもない数字だと思うでしょうが、700や800駆除しても減らないどころか増え続けます。

じじつ、夜中に山間部を走りとやたらと「鹿一家」に出会います。

ほとんど車が遠ても逃げません。

イノシシに出会うのは殆どないのですが、他所では街中までイノシシや熊が出るようです。


アメリカでは「狼」を復活させようと頑張っているようです。

生態系のバランスを取るには頂点になる「狼」が必要なのでしょう。

日本でも「狼」は大事にされてきていたようです。

「イノシシの落とし穴に落ちた狼を村人みんなで救い出して山に返した」なんて記録が「飛鳥大又村」にあるようです。

 残念ながら明治期に伝染病で絶滅したと言われますね。

 シベリアオオカミに比べ小さなものですが、狼が居たらここまでのさばらないでしょう。

一時期、猿を追い払うのに「モンキードッグ」なんてのが話題になりましたが、狼に近い紀州犬が昔のように放し飼いされていたら、鹿などは里に出てこないでしょうけどねえ︙

今では田舎でも猿に殺されるような愛玩犬ばかり多いです。

限界集落が増え、もうすぐ集落も消滅するし︙

人が消え、農作物がなくなればどんどん山を降りてくるでしょう。

近代に入って減少したと言われる日本の獣が急速に増えていうるようです。

街に出て、人を追いかけ人を襲おうかという異常な増え方をしても「可愛い動物」というのでしょうかねえ?

d0045383_21423729.jpg

鹿だって、奈良公園や厳島神社の鹿のように大人しくはないですからね。

夜中に出会ってもライトをスモールにして「お退きいただく」しかありません。

鹿の方が慌てませんから・・・




# by je2luz | 2019-07-17 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 16日

色んな切り口・見方 花火大会 2

 花火大会についての続きです。
 日本人は江戸時代から花火が好きだったようです。
 と言っても、今のゆにきれいな花火は明治以降とかなんでしょうね。
 でも、明治時代には「三尺玉」を連発で揚げたなんて記録があるようです。
 歴史なら「熊野大花火・木本の花火」は負けないでしょう。
 木本町の極楽寺さんのお盆の灯籠焼き牡蠣源だと言われ、始まりは江戸時代となった居ますが、250年から300年前とあやふやなのが残念です。
 木本には「奥熊野代官所」が置かれていて、色んな記録が残っているのに…
 極楽寺山は昭和時代に火災にあっていますしね。
 起源がそこそこ確定できる古文書でも見つかったら花火大会に箔が付くのですけどね。

 前の続きですが…
 TRIP note というサイトでも全国保花火大会のランク付けがあります。
 1位 数でNo.1 諏訪湖湖上花火大会
 2位 三大花火大会 大曲花火協議会
 3位 三大花火大会 土浦全国花火協議会
 4位 三大花火大会 長岡まつり大花火大会
 5位 世界遺産宮島水上花火大会
 6位 長良川中日花火30000発
 7位 全国新作花火協議会 諏訪湖
 8位 みなと神戸海上花火大会
 9位 ふくろい遠州の花火
 10位 熊野大花火大会 フィナーレを飾る鬼ヶ城大仕掛けがすごい
 11位 尺玉300連発 こうのす花火大会
 12位 世界最大4尺玉 片貝まつり秋季例大祭奉納煙火

 と、三大花火大会に続く格の花火大会になっています。
 人口17000の田舎町では破格に事です。
 そして、「熊野大花火大会」を選ぶポイントはすべて「鬼ヶ城大仕掛け」にあるんです。
 カーテンのように花火をいっぱい打ち上げるなんて金に明かすことでは最早他所には勝てません。
 三尺玉もあちこちで打ち上げたり水上自爆させ始めました。
 やっぱり、迫力で他所に勝てるのは、「鬼ヶ城大仕掛け・巖頭の轟き」なんです。
 警察の停止要請は地元の力で押し切れましたが、「轟き」はさらなる工夫が必要だと思われます。
 爆発時間の長いもので重低音を発生させるとか…
 光が出る尺玉と同時にそうした号砲を破裂させるとか…
 他所では出来ないだけに花菱さんとの打ち合わせも大変でしょうけどね。
 「空気砲」みたいな効果を狙うとか…
 でも、下手すると木本の家のガラスが割れるかも…
 地元の「和田煙火店」さんとの研究が出来るとよいのですが…
d0045383_10434343.jpg
d0045383_22541948.jpg


# by je2luz | 2019-07-16 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 15日

色んな切り口、見方  花火大会 1

 金曜日の夜、三重テレビで伊勢の花火を中継していました。
 生中継ですし、テレビですから間延びはするし、迫力ないし…
 「令和改元記念・第57回伊勢神宮奉納全国花火大会」というものです。
 花火の数一万発、全国の花火師が揚げに集まるものです。
 花火の質と演出は今流でよく出来ていました。
 カメラワークは生放送だけに心もとないし、音響も編集できないし…
 それより何より、私の場合、「熊野大花火大会」を子供の時からこの新出町・会場の真ん中で体験してきていますから、どこの花火でも体感的には勝てません。

 色んな団体やサイトが花火大会をランク付けしています。
 何百もある花火大会をランク付けするのですから、同じメンバーが評価して回ることは不可能でしょう。
 それだけに、先入観もあるでしょうし…
 順位の上下はあってもそれなりに順位付けはされていますし、参考にはなるのだと思います。

 「Walker+金麦」と言うサイトによると…
 「熊野大花火大会」は全国50位、東海5位 です。

 「ジョルダン」と言うサイトの三重県花火大会ランキングでは…
 1位桑名水郷花火大会7/27
 2位長島温泉花火競演
 3位熊野大花火大会 8/17
 4位令和改元伊勢神宮奉納全国花火大会
 5位久居花火大会
 6位名張川納涼花火大会
 7位第32回四日市花火大会
 8位きほく灯籠祭り
 9位鈴鹿サーキット
 10位志摩スペイン村   だそうです。
 長島温泉・鈴鹿サーキット。志摩スペイン村は週末とかに何度も行われるものでどいういつに比較するのは???
 去年見た、「プロが見たい花火大会ベスト…」とか言うものでは「熊野大花火大会」が全国の10位以内にいましたね。
 ということで、「熊野大花火大会」の評判は決して悪くないということです。
d0045383_22394140.jpg
 続く…



# by je2luz | 2019-07-15 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 14日

参議院議員通常選挙

 第25回参議院議員通常選挙の選挙公報が来ました。
 マズメについたのが「参議院比例代表選出議員選挙公報」と言うやつです。
 13の政党ですか?
 聞いたことのない政党があります。
 主義主張と掲げて打って出ても、全国レベルで知名度を上げるのは大変でしょうね。
 昔の全国機では、「なんだか知らないけど聞いたことのある人」てえのもありました。
 個人の名前を押し出して選挙しているのは一つだけなのかな?
 大きな政党を含め、今回は「タレント」が少ないようですね。
 選挙前にはいろいろ噂もありましたが出なかったようです。
 「有名人」も悪くはないですし、下手な公募候補者で当選したら何するかわからない人よりは「一芸に秀でた人」も悪くないのでしょうけどね。
 「良識の府参議院」ですから、そういう人は出ないでほしいですね。

 参議院の議員さんは住民との接触が少ないことが多いですね。
 私は職業柄少しは国会議員さんとの接触もありましたが、やっぱり、衆議院の人より参議院の人のほうが馴染みが薄かったです。
 二年から三年で選挙のある衆議院の人に比べ、6年間身分が保証されているということと、三年に一回選挙はあるけど一回飛びにしか顔も見ないということもあるのでしょうね。
 地方区(選挙区)の人でも、始まるまで「今度は誰の番?」となることも多いでしょう。

 だからでしょうか?
 三重県でも応援演説で変なこと言っちゃったとか出てきましたね。
 言った本人は、どちらかと言うと「クソ真面目」な人なんですけどねえ…
 具体的にみんなに分かって貰えるような実績・エピソードが浮かんでこなかったのでしょうね。
 選挙区の候補者さんでもこれですからねえ…
 でも、なんとか選ばなくては…

 そもそも、国政なのに政党間の違いがわかりにくいですね。
 「保守」「革新}と言っても、今では「日本共産党」以外はなんだかわかりにくいです。
 世の中が平和だから?
 一億総中産階級化した?
 これはないでしょう。
 仮想通貨・ネット通貨なんて、実態のないものを作り出し、周百億とか若造が稼ぎ、どこかに消えても平気だったり…
 「利益の再配分」なんて問題を遥かに超えた「格差」が生まれていても、でもさえ起きない…
 何に毒されたのか?
 大麻やマリファナがどころかアヘンまで社会を蝕んじゃったのでしょうか?
 だれも、度の国も本当に規制をしません。
 こんなこと書くと知らない間にこの世から消えることになるのかもしれませんね。
d0045383_18284069.png




# by je2luz | 2019-07-14 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 13日

少子化 大学・専門学校・予備校・高等学校

少子化が始まってずいぶんになります。
 私が子供の頃は、「産めよ増やせよ」の時代から「復員・ベビーブーム」の時代でした。
 戦争・戦災で大勢亡くなったのに、どんどん人口は増えました。
 兄弟も二人・三人ではなく、五人・六人も当たり前でした。
 だから、教室はぎゅうぎゅう詰め、校舎もどんどん建てられ、都市部では小学校・中学校が新設されました。
 それの続きで、戦後の復興が進んでくると、師弟を高等学校へ進学させたいという希望が増えて、高等学校が足りなくなりました。
 この辺でも、木本高校の倍率が跳ね上がり、紀南高校の新設と、近大・熊野高専が進出してきました。
 進学枠が2倍・3倍になったのです。
 この波は全国的なもので、その次に来たのが、さらなる高等教育への要求でした。
 それに答えるように、旧来の大学・短大の拡充では足りず、新設大学・短大や専門学校の新規開講が続きました。
 「受験戦争」と言う言葉が当たり前になり、「予備校」もどんどん増えました。
 そんな時代でしたから、今では、古い私などには聞いたことのない大学などがゴロゴロあります。 
 専門学校や予備校となるといくつ出来たのやら…

 そんな中で、ずいぶん前から子供が減ってきましたね。
 今では小学校・中学校の廃統合は当たり前です。
 熊野市でも「母校」が消えた人が多いですし、まだ進むでしょう。
 高等学校も全国でどんどん消えていますね。
 スポーツなどで有名校だったところも消えてゆきます。
 ここでは「近大高専」が出てゆきましたし、「木本・紀南」の統合も時間の問題です。
 それどころか、高校に関してはもっと広域に合併議論が出てくるでしょう。
d0045383_17565277.jpeg
 これは今日の朝日新聞の河合塾と公立大学が共同で出した広告です。
 なんと、6面で5つの大学が広告を出しています。
 「一橋」「大阪府大」などという昔からの名門も出していますね。
 最近はこうした大学の広告が多いです。
 子供の数が半分になったのに大学は昔の何倍も…

 地方の街によっては大学などを誘致したところもあります。
 熊野市も模索したこともあります。
 大学が無理なら研究施設でも…ということでしたが、まだまだ、インターネットなど無い時代でししたし、都会から遠いということは物凄いハンディでした。
 誘致に成功した町も三十年ほどで引き上げ話が…
 熊野市は「熊野高専」で経験していますがね。
 この流れって地方にとってもものすごく大きなことで、町によっては引導を渡されることになるかもしれません。
 「加計学園」が羨ましい町も多いでしょうね。

 投稿を一日伸ばしたら、次の日(今日12日)の朝日新聞にも、「京都大学」「弘前大学」「鳥取大学」「首都大学東京」「神戸市外国語大学」の五校が全面広告を出していました。
 この調子で元の国立を含む公立校が宣伝し始めたら、東京六大学・東都六大学・近畿六大学などを始めとする私立大学も営業活動に入るでしょう。
 やらないよりマシかも知れませんが、有名校にとって全国誌全紙に全面広告出すのって、コストと効果の面でどうなのでしょうね。
 今の段階で約4割の大学が定員割れだそうです。
 上が頑張れば…
 そして、中身は???


# by je2luz | 2019-07-13 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 12日

海の日

 次の月曜日、7月15日は「海の日」です。
 この「海の日」は平成7年(1995)に制定され、翌年から始まったのです。
 そしてそのときは7月20日でした。
 それが、2003年の改正で「ハッピー・マンディ」なんてことで7月第三月曜日になったのです。
 休みのための休みですね。
 そもそも、この「国民の祝日」ができるときに、「7月に休日がない」なんて話まで出たものです。
 そして、「この日がどうして海の日か?」なんて、日本国民の殆どが知りません。
 明治天皇が東北に行幸なされたとき。「明治丸」と言う軍艦ではない帆船に乗って横浜に帰港された日なんだそうです。
 そして「海の記念日」と呼ばれたんだそうですが、平成になってから「国民の祝日」になって現れたのです。
 なんとも、首を傾げるような話です。
d0045383_21570041.jpg
 昭和の終わり頃から、「日本人は働きすぎる」と言う外圧もあって祝祭日が増えて行き、飛び石になるなら連休に、なんてご都合主義の法律改正が重ねられましたね。
 週休二日に加えて連休ですから、「行楽に行ける家」と「行けない家」との差が大きくなっているでしょうね。
 
 7月は「海の日」はあるし、「夏休み」もあるし…
 日本はきれいな海に囲まれているし…
 なのに、今の日本では「海水浴場」が軒並み閑古鳥みたいです。
 まして、今年は日も差さない日が続いていますから、「海の家」なんて開業するのがためらわれるでしょう。
 日本の海には「土用波」というのがあり、8月に入ると遥か沖の台風の余波で海が荒れ始めます。
 おまけに、海流の関係で「クラゲ」も流れ着き始めます。
 「カツオノエボシ」などは人によっては命にかかわるそうです。
 私も何度かやられましたが大丈夫な体質らしかったですけどね。
 いろんな条件からすると、海水浴ができるのは、7月夏休みの入ってからと、8月お盆までが精一杯なんです。
 それで、週末の天気がよく、台風も発生していない…
 非常に厳しいですね。
 野の期間で浜の設営した「海の家」「更衣室」の投資を回収するのは難しいでしょう。
 湘南でさえ厳しくなってきているそうです。
 今の若い人や子供は海は「体がベトベトする」とか言って嫌うんだそうです。
 女の人は「日焼け」を嫌うし「皮膚がん」まで恐れるみたいですしね。
 人口は都市に集中してゆくし、都市や近郊では大きなレジャープールが快適な遊びを提供するし…
 いつも書くように、色んな分野の「余暇の過ごし方」を大資本が提供しているので、田舎へ回る家族連れなど激減しています。




# by je2luz | 2019-07-12 10:12 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 11日

門外漢ですが…

 私は酒は飲みません。
 今は外でも家でも口にしません。
 かつてはずいぶん飲みましたが、「酒好き」ではなかったようです。
 日本車はあまり馴染めないし、ビールも真夏のビアガーデンの一杯は美味しいですがその先は…
 若い頃飲んだのは「ジンロック」でその後は「ブランデー水割り」で、「焼酎時代」には飲まなくなっていました。
 そんな前時代の酒飲みですから、「第3のビール」「ノンアルコールビール」なんて知りません。
 
 今はスーパーでもビルなど売っていて、レジ横とかに積み上げられているし、開け売り場にはごちゃごちゃ並んでいますね。
 「サントリー」がビールに参入したのは昭和40年頃だったかな?
 北欧風のビールという売り込みでしたが日本人には馴染めなかったです。
 なんと言っても、「苦いキリン」が全盛時代でしたからね。
 ビール瓶が回収されていた時代にキリンだけがなで肩の瓶で…

 「ビン生」「純生」「缶ビール」が出たあたりから私はビールと縁が切れました。
 そして、今の酒売り場を見ると全くわからなくなっています。
 本物?のビール、偽物のビール???
 大手酒造メーカーだけでも物凄い品種ですね。
 老眼鏡でもかけてじっくり見ないと、なにがなんだかわからない感じですが、この商法って正しいのでしょうかね?
 「目先を変えたら消費者が乗ってくる…」って、駄菓子じゃあるまいし…
 国も酒税をいじって?メーカーは節税?で種類が増えちゃったのもあるようですね。
 なんだか、税金が統一されるんだとか…

 タバコをあそこまで目の敵にするのなら、酒も少しは考えたらどうなのでしょう?
 相変わらず飲酒運転はなくならないし…
 昔ほど「酒の席だから」は許されなくはなっていますけどね。
 「間接喫煙」の他人への害と「飲酒」の他人への害はどっちが多いのでしょう?
 まあ、「筋腫」なんてのは「恐ろしい施策」らしいですけどね。
 シカゴのギャング。「アル・カポネ」なんてのが浮かんできますからね。
 「IR法」が出来たんだし、「禁酒法」もセットでやってみたらどうでしょう?
 本物のマフィアが入ってくるという説があるくらいですから…
d0045383_17404559.jpg



# by je2luz | 2019-07-11 04:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 10日

嬉しくはない

 「広報くまの7月号」で…
 「後期高齢者医療被保険者証が変わります」 という記事がありました。
 新しい後期高齢者医療被保険者証(ピンク色)が7月中旬に簡易書留で郵送されます。若草色の被保険者証は8月1日以降使用できないので注意してください・
 ということで、これが今日届きました。
 後期高齢者医療と言っても一本ではありません。
 前年度の所得により負担率が変わります。
 中期のときも同様ですが、後期高齢者は1割だと一般に思われていますが、少し所得があると一般の国保と同じ、3割負担になります。
 私は一時期「三県労」の保険にいたことがあり、そのときは本人0割でしたが、それ以外はずっと3割負担で、高齢者になっても据え置かれました。
 後期になっても3割据え置きでしたが、今度の保険証から1割に落ちました。
 医者にかかればうんと安くなるということですが、これって嬉しい話ではないですね。
 3割負担の保険証が来るということは所得があるってことですからね。
 でも、制度上仕方ないのですが、こうしたものの計算根拠は「前年度所得」になります。
 年末まで働いていた人で半年の時差があります。
 そして、計算根拠の確定申告時点ではなく、適用は8月1日からです。
 若い時ではなく、所得が増える人ってほとんど居なくて、所得が減り、負担が軽減される人が多いはずです。
 高齢者は受信する率が少しずつ上がるでしょうしね。
 下がるまでの半年のタイムラグって小さくないでしょう。
 今の時代なら、算出・通知発送・適用を早めることは可能でしょうね。
 まあ、医療費が増えて困っているときですからそっち向きに進むことはないでしょうね。
 
d0045383_20513527.jpg
 同封されてきたのは「令和元年度 後期高齢者医療制度のご案内」と言う三重県後期高齢者医療広域連合会発行の40ページほどの小冊子です。
 懇切丁寧に書かれていますが、もともとわかりにくい保険制度ですから後期高齢者が読んでどこまでわかるやら…
 それに、小冊子の文字は読めない人も多いでしょうね。
 願わくば、計算ミスとかしないで適切に金額を決めて徴収してほしいものです。
 不思議とこうした事務のミスが多いですからね。
 本人は気が付かないし、気がつくまで生きていないし…

 日本国民は法律もこうした制度も知っていなくてはならない建前になっています。
 にしても、いろんなケースに対応するために、こうした制度はものすごく複雑です。
 「損しないように…」なんて土台無理でしょう。



# by je2luz | 2019-07-10 04:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 09日

月例 広報くまの 7月号 より 2

 7月号では・・・
 「花火大会開催に伴う通行禁止道路の通行許可申請」 と言う記事が出ます。
 「マル花」マークのことです。
 花火当日は市の中心部、木本町と井戸町には正午を過ぎると許可証のある車しか入れなくなります。
 許可は簡単に出ます。
 申請は熊野警察署地域交通課
   期間 8月2日(金)~16日(金) 午前8時30分~午後5時15分
          土日祝日を除く
   必要書類 運転するひとの免許証(コピー可)自動車検査証(コピー可)
        申請者(来署者)の印鑑
 使う可能性のある人は取っておいてください。
 私は毎年採りますが使ったのは一回だけです。

 だいぶん前から田舎では農機具の中古品を引き取る業者さんが居ました。
 何しろ、高齢化して農業を辞める人は多いのに農機具の行き場が無かったのです。
 民間の業者が買い取って一部は輸出に回されたりしたようですが、再利用などのシステムが出来ていないし、産業廃棄物並みに積み上げられているのなど見かけました。
 ようやくというか・・・
 「未使用・未活用の農業用機械などの情報を募集しています」
なんてのが出てきました。
 眠っている農機具を活用して、必要としている人の元へ・・・と言うことです。
 大型農機具なら業者による輸出もあるでしょうけど、普通の小規模農家の農機具はそうも行かないでしょう。
 田舎住まいを始めるとか言う人には身の丈に応じた農機具が必要でしょうしね。
 なかなか、「探している人」と「誰か使う人は居ないかなあ?」という人は出会えないものですから、こうした規格は悪くないです。
 ただ・・・
 これをマッチングさせるのが難しいと思われます。
 来る人はHPとか覗けても渡す側はほとんど無理ですからね。
 担当は「農業振興課農業進行係」市役所4階 内線483 です。
 HP 熊野市HPー暮らしー農業振興課ー農業用機械・施設バンク事業について で入れるようです、
d0045383_21393818.jpg
 何処の農機具もこのままでは納屋の中で朽ち果てるだけになります。
 ひょっとしたら、日の目を見て又田んぼを走り回るかも知れません。
 一度考えてみてください。
 農地の方も「中間管理機構」は中々機能しませんが、そちらも、日の目を見るかも知れませんから考えてみてください。
 同じ農政課にと合わせればわかるかと思います。



# by je2luz | 2019-07-09 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 08日

月例 広報くまの 7月号 より 1

 今月号は熊野古道が世界遺産に登録されて15周年と言うことで、トップに特集が組まれています。
 松本峠でさえ忘れられ消えかけていた「古道・伊勢道」の再発掘に取り組み、それが後の「世界遺産」に繋がったことがうかがえる記事です。
 語り部長老の「花尻薫先生」郷土史の研究者でもあった「岡本実先生」そして、現役で中心人物になって居る「三石学君」のことが載っています。
 他にも色んな人が無名当時の古道の保全に携われてきました。
 こうした人達の働きが無ければ、「紀伊山地の霊場とその参詣道」が世界遺産登録に動いても、「伊勢道」は登録対象外になって居たと思われます。
d0045383_21501085.jpg
 人の動き  令和元年6月1日現在
   人口   16.826  (-26)
    男    7.733  (-23)
    女    9.093   (-5)
   世帯数   8.886   (-7)
 この用のコンスタントに減るのも想定の範囲でしょう。
 テレビで言うように「移住者」はそんなに居るはずが無いのです。
 総人口が減り、東京圏以外は止めようが無くなってきている状態では、「移住希望者」のぶんどり合戦になって居ます。
 「ふるさと協力隊」の類は、カンフル剤にはならないと思った方が良いでしょう。
 空き家の活用も、空き家が「住んでいない家」であって「空き家」では無いのが多いのは他の町でもよく似た状況です。
 「親の荷物が残って居る」
 「墓参りの時に使うから」
 「相続人がわからない」
 と言うことが多くなり、預けてくれる人も少ないのが現状でしょう。
 この近所でも空き地も増えましたが、「空き家」がどんどん増えて居ます。
 なまじ街中なので「田舎家」ではないし、かと言って商売できる所でも無し・・・
 今風の「カフェ」が似合う町では無し・・・
 敷地が狭く建て直しもままならないし・・・
 脱都会派には本当の田舎が欲しいですからね。




# by je2luz | 2019-07-08 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 07日

二百十日 二百二十日

 昔から台風・水害の来るのは、立春から数えて210日目とか220日間と言われてきました。
 まともに台風シーズンの話ですね。
 大きな災害と言えば、「キティ台風」「ジェーン台風」「室戸台風」「第2室戸台風」「伊勢湾台風」「狩野川台風」など台風が出てきます。
 1970年頃からは上陸地点とかでは無く号数になったのでわかりにくくなりましたが、やっぱり大きな災害は台風が多かったように思います。
 ところが近年は一ヶ月あまり早い梅雨後半に大洪水が起き、大きな被害が出るようになったように思います。
 伊勢湾台風以降、高潮対策や洪水対策が進んだとは言え、どうも、様子が違いますね。
 
 この100年で海水温が1~1.5℃も上昇したようです。
 台風の発達具合や進路にも変化はありますは、梅雨前線とかに流れ込む水蒸気の量が極端に増えたのでしょう。
 「線上降水帯」なんて言葉が定着しちゃいました。
 この辺では水平線上に入道雲が綺麗に並ぶこともありますし、新宮の奥に向かって入道雲が並ぶのが見えたりはしますが、雲のしたが真っ黒などでかいやつの行列には出くわしません。
 目撃したい雲では無いですね。
 台風12号で池原に豪雨をもたらしたのはそれだったのでしょうね。
 テレビでは新鹿・尾鷲付近から池原方向にずっと赤い雲の予想が出続けましたからね。

 それにしても、梅雨らしい梅雨は減って居るのに、毎年のように豪雨です。
 今回は南九州でシラス台地という悪い地盤が多くても、豪雨にはそこそこならされている地方なのであれで済んだのでしょう。
 広島や愛媛・岡山なんて「雨が少ない」なんて教科書に出てくる所に近年は大雨が降るので被害が大きいのでしょう。
 温暖化が進むと益々おかしな雨が増えるのかと思います。

 今回も「レベル4」を出しても避難する人が少なかったようです 
 舐めちゃうと言うこともあるでしょうけど、避難所が明らかに水に弱いなんてのがいまだにありますね。
 ハザードマップなんて作ってもあれでは信用されないでしょう。
 毛布とか段ボールとかの準備は以前よりスムーズみたいですけどね。
 この辺でもそうですが、田舎では「消防団・水防団」の数の確保も大変だし、高齢化も進んでいますね。
 大雨や台風の時、かかあや子供を家に残して出動しなければなりませんからね。
 この制度も限界になってきていると思われます。
d0045383_19141957.jpg


# by je2luz | 2019-07-07 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 06日

今夜決まるのかな?

 「百舌鳥古市古墳群」の世界遺産指定の会議が今夜開かれているようです。
 文化遺産では日本で19番目ですね。
 自然遺産を含めると23件目だそうです。
 京都や奈良のお寺も街なかですが、今度は普通の街に中にあるものが多いですから、心配ですね。
 「百舌鳥」というと、古い私などは「中百舌鳥球場」なんてのが浮かんできます。
 と言うより、堺のあたりには何も目立つものもないですからね。
 「古墳」がいっぱいあるというのは教科書に出てきましたが、誰のかよくわからないのがほとんどみたいだし、立派な墓があっても歴史の表舞台に出てくる場所でもないですからね。
 南海のホーム球場だったそうですが、公式戦は一リーグ時代に31、パ・リーグになって2試合しかなかったらしいです。
 近鉄の「日生球場」…同じく近鉄の藤井寺球場…
 南海の「なんば球場」
 大阪は球団が多くて元気だったのですけどねえ…
d0045383_22462458.jpg
 
 高島屋のすぐ裏手にあった狭い「なんば球場」には一度だけ行ったことがあります。
 狭くて観客席が切り立っていた印象があります。
 今は地下街ホールに記念のプレートは置かれていますが、もう、球場も南海ホークスも忘れられたのでしょうね。

 地味だった南海沿線も南港が少し開け、関空ができ…
 足を伸ばせば世界遺産・紀伊山地の霊場とその参詣道「高野山」もあります。
 高野山しかなかったのが「百舌鳥古市古墳群」が加わります。
 ???
 「古墳最中」「古墳サブレ」「勾玉」「三角縁神獣鏡手鏡」もう、制作にかかっているかな?



# by je2luz | 2019-07-06 04:16 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 05日

やっぱりね!

d0045383_23593182.jpg
 Exblogの方では続けてではありませんが。楽天ブログでは続けての記事になります。
 昨日の午後の記事で。「Pay]の類について触れました。
 私はまだやっていませんが、基本的に信用できないからです。
 クレジットカードも随分信用できなくなったしまいましたが、この「QR]決済・・・「○Pay」「△Pay」「☆Pay」なんてのは、あの闇のような中国で一気に普及したものですから。便利以上におかしい気がしています。
 単純にデビットカードのように現金をチャージしてそれを限度にする分には、カードの持ち主は紛失しない限り損害はチャージ額ですよね。
 でも、買い物される側はチャージ金額を信じて品物を渡します。
 今日のニュースで、「7Pay」で不正が出てきたようです。
 やっぱり、犯人は中国人だとか・・・
 「中国人が悪い」のではなく、クレジットカードでも在留証明カードでも、パスポートでも保険証でも免許証でも、偽物を作ることを生業にするグループは昔から中国人が多いようです。
 クレジットカードや銀行口座などとリンクしないで厳禁チャージだけなんてシステムだと煩雑なだけになるから広がらないでしょうし。リンクさせればいかようにでもするのが彼らの才能です。
 
 「キャッシュレス化」と言いますが、現金を持ち歩かないと言うだけでは無く、お金の顔を拝まないままに生活し、「いつでも確認できる」なんて思いつつ。口座がすっかり他人様のものになっていても気がつかない人が増えるでしょう。
 「流行りだから・・・」と言うことで、「鴨が葱背負って調味料と鍋まで揃えて行列する」のが日本人かな???
 くだらない所では規制が厳しくても、ハイテクでは後手後手なのが日本です。
 通産官僚も文科官僚も利権にならなければ動かないみたいですからね。
 どの分野でも大手企業の不正がはびこる日本です。
 個人の口座からどれだけ消えようと、商品がだまし取られようと、軽く頭を下げれば済んじゃいます。
 会社に損害が出ても不思議と済んじゃう国です。
 まあ、政府が同じようにやっているのですから民間を罪に問うことはおかしいですけどね。

 洗剤のCMじゃないですが、素人が思い浮かぶような抜け道は「アリエール」なんです。
 金庫やさんには「開けられない鍵を考える人」と「その鍵を開ける人」が頑張っているそうです。
 でも、不正を考える連中は無限の給料がぶら下がっていますからね。
d0045383_23593182.jpg
 国際観光を目指すはずの「おもてなし館」って、まだ「QR決済」も「クレジット決済」も駄目じゃ無かったかな?
 今のところ外人さんが押しかけてきていませんから問題は起きないでしょう。
 でも、何とかしないといけない時代でしょう。



# by je2luz | 2019-07-05 02:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 04日

10年後がめど・・・

 公団の有料道路でスタートした「近畿自動車道・紀勢線」はいろいろな事情があり、三重県側では紀伊長島以南、和歌山県側では田辺以南は有料道路では採算が取れないと言うことで国直轄の国道バイパスで作ることになったものです。
 この変更で全線実現に向かったわけです。
 三重県側では尾鷲市内・尾鷲北坂場町ー尾鷲南が工事中ですね。
 そして、熊野大泊ー熊野南久生屋が用地買収中・・・
 そこから南の紀宝町までも事業化が決まり。和歌山側も田辺以南の全区間も実施されることになったようです。
d0045383_21563100.jpg
 大まかな地図なので「開通または既に事業化」となっている所も工事に掛かっていない所もあります。
 ようやく紀伊半島を取り巻くネックレスが繋がる見込みが出来たようですが、完成は未定で10年後をめどに進めるそうです。
 私が全線走ることは無いですね。
 10年経つとこの沿線の人口は2割くらいは減っているのでしょうね。
 そもそも、少し前に書いた「紀勢本線全線乗車」と同じで、この路線を全線通しで走る車は「走るために走る人」以外には無いでしょう。
 無料区間が多いので遠回りでも、新宮-大阪はこの42号線ルートに戻る人も居るでしょうね。
 熊野からはやっぱり串本経由は遠い感じですね、
 昔通りに「叔母峰越え」???
 それとも、311号線中辺路越え???

 この路線は紀勢本線と国道42号線が付かず離れずに走り、昔から紀州では大事なものですが、その割に大事にされていませんね。
 熊野古道の時代も今も岬回り、山越えの街道です。
 廃線・廃道は免れてこられましたけどね。



# by je2luz | 2019-07-04 04:27 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 03日

交通量

 最近、家の前の国道42号さんの通行量は減っているように感じられます。
 感覚的なものですが、庭から国道に出る時、右行きでも左行きでもすんなり出られることが多いのです。
 近年、トラックが減って居るのは確かですが、他の車も減りだしたのでしょうか?
 国道の交通量調査を検索したら、年末年始のものですが熊野市では有馬町での計測が出ていました。
 平成29年度 年末年始期間の日平均交通量(全国の国道の主な地点)
 と言う大層なものですが、全国32箇所の一つに有馬の42号線が入っていました。

 平成29年度    平成28年度    平成28年年末年始最大
 12/28~1/4  12/28~1/4   12月30日
  16.000      16.300       17.600 台
 これは自動計測の数値らしいです。
 単純計算でお正月の頃で、1分に上下て11台走っていると言うことです。
 意外と多いですね。
 帰省客と観光客が入り込んでくる時期出すからね。
 この時期やお盆の時期は国道に出るには少し待たされることが多いです。
 「熊野尾鷲道路」が完成したからと行って目に見えた変化は無いです。
 「熊野大泊ー熊野久生屋IC」が繋がったら、この区間は少し減るのでしょうね。
 「尾鷲北ー尾鷲南IC」完成ほどは変わらないかも知れません。
 今のところ、国道42号線・311号線は合流分岐して、平行する県道などもありますが、木本ー成川間はほぼ一本でまかなわれています。
 運ぶ材木・石材・魚・パルプ・チップなどが消えてしまったので停滞なんて起きませんからね。
 かつては一杯やってきた「団体観光バス」も姿が消えましたね。
 「西国33箇所霊場巡り」なんてのははやらないのでしょうね?
 「御朱印帳」なんてのは流行っているようですけどね。
 一番札所は「紀伊国 那智山」なんですよね。
 熊野には一ヶ寺もありませんが、波田須のお寺が入り損ねたなんて話は聞いたことがあります。
 弘法大師さんに嫌われたのでしょうか?
d0045383_20115115.jpg
 もし入っていたら、近いし・・・
 「二番には紀伊国波田須郡、少林寺のご詠歌に・・・」なんてことだったかも知れませんね。
 波田須はアニメで聖地になったことありますが。西国33箇所でも可能性があったのです。
 ここの光景もジーゼルでは無くSLを走らせたら人気が出たかも知れませんね。



# by je2luz | 2019-07-03 04:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 02日

鯨 ねえ・・・

 国際機関からの脱退を表明し、近海での商業捕鯨を開始しましたね。
 私が子供の頃はまだ南氷洋での捕鯨が行われていて、その資源が日本にとって大切だと教科書にも載っていました。
 母船団は下関を基地にするのが多かったようす。
「マルハ大洋漁業」母船とキャッチャーボートのチームで南氷洋に出かけていて、その、キャッチャーボートの砲手は太地出身者が多かったそうです。
 太地は近海の捕鯨で古くから栄えていた所なので、腕を見込まれていたのでしょうね。
 野球の「大洋ホエールズ」は川崎を本拠地にしていたけど、もとは下関に熱烈なファンが居たそうです。

 南氷洋では「シロナガスクジラ」なんて巨大なものも追いかけていたようですが、少し大きくなった頃には世界中から目の敵にされだしてニュースに出る時は「悪役」でした。
 元はアメリカ合衆国なども捕鯨をやっていて、日本に開国を迫る理由の一つが捕鯨船の燃料や水の補給をしたかったとも言われます。
 アメリカなど随分無茶苦茶な捕鯨をやり、「脂」だけ取って他は捨てていたとか・・・
 海の鯨は採り尽くすし、草原のバッファローは食い尽く寿司・・・
 そんな国に「捕鯨は残酷だ」と非難されたんです。
 ヨーロッパでも各国がやっていて「ノルウェー」は捕鯨国として見方はしてくれていたようですが流れには逆らえなかったようです。

 子供の頃には「鯨の大和煮」なんて缶詰が普通に売っていました。
 私より少し下の世代だと学校給食に「鯨の肉」「コロ」なんて出たそうですが、私の世代は「学校給食が無い世代」ですから食べた記憶が無いです。
 大人になった頃には、太地の入り口の食堂などには鯨肉の料理がありましたし。漁協のスーパーには、縁の赤い「鯨のベーコン」が売っていました。
 そして、追い込み漁で「イルカ・鯨」が揚がった時には熊野でも切り身が並びました。
 
 私は何でも食べて見たがりなので、何でも口にしましたから。「鯨の肉」も買って食べてみましたが、「真っ黒な肉」が多いし、「わざわざ買って食ううものでは無い」と思いましたね。
 流通の関係からか安いものでも無いですからね。
 この先、どんなことになるのでしょう?
 太地のキャッチャーボートは北海道に出かけているようですしね。
 「鯨」と「海豚」は大きさの違いだけだそうですが、追いかけて取るには「イルか」では小さすぎるでしょうね。

 「鯨」「イルカ」はかわいそうって言いますが、漁民にとっては大敵なんです。
 大敷網に入り込んで根こそぎ魚を食べちゃ足り・・・
 回遊路に当たる水域では「かわいい」なんて言ってられないらしいです。
 死活問題になるからって退治に掛かり、一網打尽に殺して世界中で非難されたこともありますね。
 なんだか、日本は世界から白い目で見られがちです。
 こんな所にも「肌の色」による偏見があるようですし、同じ「黄色」の人種は味方してくれませんね。
d0045383_00411896.jpg
 40年前の太地です。
 風当たりがどんどん強くなり。追い込み漁で捕まえたイルカやシャチを訓練してショーに使うこともままならないようです。

 「鯨が捕れれば七浦潤う」なんて昔話もあるくらいなんですけどね。
 山では鹿や猪が増えて困ってもまともに肉は売れないし・・・ 
 海の鯨が増えて邪魔になっても、思うようには売れないし・・・
 アメリカが売りたがる「牛」は「かわいそうではは無い」し安いんですよね。



# by je2luz | 2019-07-02 04:17 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 01日

 脇役?

 G20が終わり、各国首脳が離日したようです。
 「G20が日本で始めて」と、繰り返されていましたが、「始めてなんかい?」という感じです。
 「G7]とか「G8」なんてやってましたね。
 沖縄では安室が歌い、北海道では高級リゾートがその時話題になり、三重県では近鉄のホテルが全面改装され・・・
 三重県はそれ以降財政が逼迫したり・・・
 今回は大都会大阪なので迷惑も一杯掛けたでしょうけど、以外と混雑対応が出来たようです。

 でもあんなに大勢来たのに、ほとんど話題にはなっていませんね。
 ご婦人方も来てたようですが・・・

 なんだか話題は「トランプさんが日米安保破棄する」と要ったとか言わなかったとかが一番だった?
 そして、「言わなかった」「聞いてません」が政府の公式見解みたいです。
 怖いおじさんですからどれが本音かわかりませんが、最初から「安保タダ乗り論」を口にして、「思いやり予算」すら知らなかったお人ですからね。
 そして、今日はG20も全部忘れて「板門店」へ…
 日本とぐだぐだやるより。委員長さんと話題作ったほうが選挙向きと踏んだようですからね。
 このままだと、気分次第で頭越しに「制裁一部解除」から「国交正常化」まではしかねません。
 中国とのときも日本ははしごを外されました。
 「板門店」のニュースでアメリカでも主役はそっちに移ったでしょう。
 「自由貿易」「プラゴミ問題」「データ通信」そんなのは大統領選挙機はあまり関係なさそうですから…
 「HUAWEI」問題でも流れがおかしくなりかけたようです。
 中国締め上げると自国のAPPLEなどが困ると騒ぎ出したようです。
 そこには日本なんは存在しないようです。
 なんだか、こうした流れから日本は取り残されそうです・
 「お友だち」であって、「取引相手」「商売仲間」だとは思っていないようです。
d0045383_21140032.jpeg
「板門店」は休戦協定で北と国連軍が維持している休戦ラインの施設ですよね。
 少し前にも北の兵士が命がけで脱北してきたり…
 軍と軍が管理しているから安全は安全なのでしょうね。
 二人共リラックスしちゃってましたね。
 「核廃棄」「和平協定」に進むに越したことないですが、先行きがかなり審判ですね。
 つんぼ桟敷で放り出され、「混じってほしかったらお金出せ」とむしられそうです。




# by je2luz | 2019-07-01 04:25 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 30日

いつか来た道

 米中貿易戦争になってから報道されることが増えて居る「生産拠点変更」というやつ・・・
 かつて日本でもありましたよ。
 こんな片田舎でも「メリヤス」「ハーネス」なんて、安い人件費の欲しい企業がどんどん進出してきました。
 そして、「地域振興」「雇用創出」なんて看板掲げて歓迎されていましたね。
 欲しかった労働力は「技術者」なんかではありませんでした。
 この辺では大手の大きな工場など来なかったので。余計も「安い人手」だけが求められました。
 熊野市中に小さな工場が作られ、主に「主婦」が雇われました。
 企業側は目の良い若い子が欲しくても中々田舎には残ってくれませんでしたね。
 それでも、一つのメリヤス工場で数十人とかやっと手はくれました。
 工場が来て10年とか過ぎてくる頃には、田舎でも最賃法などでほんの少し地位銀が上がりました。
 そうなると、もっと人件費の安い、台湾に脱出・・・そして、バングラデシュなどどんどん安い国へ・・・
 かくして、田舎には使い道の無い小さな工場が残されました。

 今の時代はどんな工場でも規模が大きくなったので、求められる工員さんの数も多いです。
 中国本土でも田舎に進出して使い捨て工員さんを目当てにしていた連中が一斉に脱出し始めたようです。
 そして、行き先がベトナムやミャンマー・・・
 ここでも、良いこと言って人集めするようですが、かつて、日本でやり、その先は東南アジアだったあの道を辿らせるようです。
 動いた残骸の場所には失業保険も無い失業者が溢れるし、今雇われる工員さんもあと三十年もすれば使い捨てでしょう。
 人間もレジ袋も同じような扱いですね。
 社会主義も国でも「労働者」は使い捨てみたいです。
 底辺って救われませんね。
d0045383_22345151.jpg
 国内でも技能実習生とか言う名目でひどい扱いしている企業が多いようです。
 このままだと東南アジアで日本国・日本人の信用が落とされて行くのでは無いかと心配です。



# by je2luz | 2019-06-30 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 29日

結局50mmでした

 台風3号はこの辺では何事も無く、雨もまともに降らないまま終わりました。
 あのコースであの大きさなら騒ぐことも無いものですが、近年のおかしな気象で台風本体でも無い所や台風が居なくなってから集中豪雨が襲っています。
 熊野は72時間雨量で50.5mmなんてものでした。
 警報などは出していましたけどね。

 大雨風が終わってからの低気圧による豪雨で北九州などでは、広域に「4」が出ていました。
 恐れずに出すのも大事ですが、現場に合わない広域の避難勧告はオオカミと少年を作るだけです。
 「自分は大丈夫」という楽観視が生まれるのは防災では常識なんです。
 まして、「3」どころか「4」まで乱発したら効き目が無くなります。

 何処の役所でも「防災対策課」とかがあって、職員が配置され、県だとかと結んだシステムが置かれているはずです。
 でも、本当は大変重要な部署だし、知識も興味も無くてはつとまりません。
 自分の町の特性を地域ごとに把握している必要があるのです。
 大きな町では難しくはなりますが、「何処の川沿いのどの辺には危ない家がある」位は把握していなければならない部署です。
 現場を預かる「消防団・水防団」が高齢化してきているので統括する役所の役割が大きくなってきています。
 役所には「定期異動」というおかしな制度があります。
 「不正」「汚職」を防ぐために始まった面もあるのですが、そんなことで本来の職務にプロが育たなくしたのでは駄目でしょう。
 洪水・山崩れ・地震・津波・・・
 困ったことに熊野市には全部あります。
 ぜひ、プロを育ててください。
d0045383_21385263.jpg
 これが今日の米軍の衛星写真です。
 少し前にこの位置に台風3号になった低気圧が居たんです。
 ほぼ同じ所に出来ています。
 この周辺の海水温度は少し高めです。
 今年は「男性型の梅雨」になりそうですから、嫌な雲です。
 ところで「男性型の梅雨」って、多分使ってはいけない表現でしょうね。
 それ、今では女性の方が怖いし・・・



# by je2luz | 2019-06-29 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 28日

大阪のおばちゃんでも・・・

 {G20」だそうです。
 今日は雨と言うこともあるし意外と市民生活に影響しないで進んでいるようです、
 雨だから大阪のおばちゃんが街に繰り出していないようですからね。
 こんな警戒態勢で「見てみたい外国のえらいさん」が見えないなんて、おばちゃんたちには面白くないでしょう。
 大阪らしいもてなしは、トランプさんだろうとプーチンさんだろうと。「飴ちゃん食べ!」って、渡すものでしょう。
 色んな人が来て色んな所に出入りしてきていますが「G20」は別格の警備ですね。
 日本でもそこまで狙われるような「嫌われ者」が多いのでしょうか?
 それとも、「こんなに警備しているんだぞ!」と、見せたいのでしょうか?
 国連本部では話し合いできないのでしょうかね?
 専用機で飛んでゆく権威を見せたいのでしょうか?
 まあ、会う口実を付け良いからメリットもあるでしょうね。

 大阪といえば、「カジノ」と「万博」を企てていますね。
 「カジノ」なんてものは日本には人ようないでしょう。
 国内のその筋をコントロールできていないのに、世界の裏を支配するような組織を迎え入れるんですか?
 舐めちゃあいかんでしょう。
 芸人さんを誑し込むくらいでは済まないでしょう。
 これと「万博」で使いそこねている埋立地を活用する?
 でもねえ…
 あの島々って、地震があれば「液状化」が起きるし、南海トラフ地震だと津波で沈むでしょう。
 「高層ホテルとかで避難できるから大丈夫」という筋のものではないでしょう。
 「世の中の役にたたない博打打ちを沈めちゃう」って訳にも行かないし…
d0045383_17393561.jpg
 モナコの「カジノ・ド・モンテカルロ」です。
 庶民は「体験」できても「遊び」はできません。
 パチンコで「依存症」になるような弱い精神では駄目だし、依存症になるほど金は続かんでしょう。
 それに、そこまでした外人さんに遊んでもらわなくても良いでしょう。
 日本は植民地ではありません。



# by je2luz | 2019-06-28 04:15 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
2019年 06月 27日

観光統計

 三重県では観光面で色んな統計を取って発表しているようです。
 表題は「観光地点等分類ごとの入り込み客数」です。
 そもそも、こうした統計を取る場合、場所の潜堤で結果が随分違うでしょう。
 入場料が必要な施設などは集計もしよいですが、フリーの施設が多いですから、どうカウントするか・・・
 「観光地点」と言っても。各神社はまだしも。「熊野古道」なんて三重県側に限定しても多くの峠があるし、それを合計するのか・・・
 自然では客が分散されない「鬼ヶ城」が健闘していますね。
 遊歩道が通行止めになる事も多いし、時間的に周遊コースを散策する観光客は少ないです。
 にしても、「世界遺産」って。この数字では効果が見えませんね。
 これ以上細かい調査を望むととんでもないコストが掛かるのでしょうしね。

観光地点等分類ごとの入込客数(延数)
歴史・文化 (単位:人)
調査地点    市町 地域   平成30年  平成29年  対前年比
1 伊勢神宮【内宮・外宮】 伊勢市 伊勢志摩 8,505,253 8,798,351 96.7%
2 二見興玉神社 伊勢市 伊勢志摩 2,029,370 1,919,910 105.7%
3 椿大神社 鈴鹿市 北勢 1,555,000 1,525,000 102.0%
4 多度大社 桑名市 北勢 1,504,000 1,502,000 100.1%
5 鳥羽水族館 鳥羽市 伊勢志摩 814,819 842,156 96.8%
6 熊野古道 熊野古道 東紀州 330,632 337,046 98.1%
7 高田本山専修寺 津市 中南勢 296,000 364,600 81.2%
8 津観音寺 津市 中南勢 235,000 235,000 100.0%
9 神明神社(石神さん) 鳥羽市 伊勢志摩 211,284 212,257 99.5%
10 三重県総合博物館(MieMu) 津市 中南勢 209,157 254,801 82.1%

自然
調査地点  市町 地域  平成30年 平成29年 対前年比
1 鬼ヶ城 熊野市 東紀州 299,699 264,806 113.2%
2 青山高原 伊賀市 伊賀 269,700 238,880 112.9%
3 津の海 津市 中南勢 205,362 213,570 96.2%
4 鳥羽の離島(4島) 鳥羽市 伊勢志摩 177,737 180,377 98.5%
8 香落渓 名張市 伊賀 153,609 133,923 114.7%
6 英虞湾景観 志摩市 伊勢志摩 130,183 146,865 88.6%
5 賢島エスパーニャクルーズ 志摩市 伊勢志摩 125,627 153,577 81.8%
7 赤目四十八滝 名張市 伊賀 125,237 143,487 87.3%
9 森林公園 松阪市 中南勢 93,279 90,513 103.1%
10 青蓮寺湖 名張市 伊賀 89,838 80,741 111.3%

スポーツ・レクリエーション
調査地点   市町 地域    平成30年   平成29年   対前年比
1 ナガシマリゾート 桑名市 北勢 15,500,000 15,300,000 101.3%
2 おかげ横丁 伊勢市 伊勢志摩 5,635,000 5,720,000 98.5%
3 鈴鹿サーキット 鈴鹿市 北勢 2,104,215 2,043,714 103.0%
4 志摩スペイン村 志摩市 伊勢志摩 1,195,000 1,216,000 98.3%
5 三重交通G スポーツの杜鈴鹿 鈴鹿市 北勢 569,902 469,549 121.4%
6 三重交通G スポーツの杜伊勢 伊勢市 伊勢志摩 566,316 328,371 172.5%
7 鈴鹿青少年の森 鈴鹿市 北勢 280,795 292,102 96.1%
8 伊賀の里モクモク手づくりファーム 伊賀市 伊賀 280,577 301,296 93.1%
9 三重県営サンアリーナ(菓子博含む) 伊勢市 伊勢志摩 277,383 810,318 34.2%
10 カルチャービレッジ 桑名市 北勢 275,958 228,811 120.6%

その他の観光地点(温泉・健康、都市型観光、行祭事・イベント等)
  調査地点  市町 地域  平成30年  平成29年   対前年比
1 湯の山温泉 菰野町 北勢 1,798,172 1,727,377 104.1%
2 鳥羽市旅館街 鳥羽市 伊勢志摩 1,747,584 1,726,642 101.2%
4 道の駅「津かわげ」 津市 中南勢 758,700 778,560 97.4%
3 紀北PA 始神テラス 紀北町 東紀州 649,629 738,853 87.9%
5 阿児旅館街 志摩市 伊勢志摩 630,492 621,772 101.4%
6 伊勢夫婦岩パラダイスめおと横丁 伊勢市 伊勢志摩 610,927 592,588 103.1%
7 松阪農業公園ベルファーム 松阪市 中南勢 606,741 580,476 104.5%
8 朝津味 津市 中南勢 490,219 494,064 99.2%
9 道の駅「奧伊勢おおだい」 大台町 中南勢 446,030 463,137 96.3%
10 道の駅「紀伊長島マンボウ」 紀北町 東紀州 440,267 454,143 96.9%
   ※分類は観光庁の観光地点等分類に基づきます。
 最下段の「温泉・健康」の分野では、アクセスの良さ、知名度などがまともに数字として表れていますね。
 「湯の山温泉」と「紀和温泉」と比べるなんてどだい無理な話でしょう。
 熊野市の観光スポットはあまりコストの蚊からなおものが多いですから、生じる赤字もそんなに大きくはならないでしょう。
 しかし、観光が産業になるような入り込み客は来ていません。
d0045383_2292832.jpg
と言いつつ、「鬼ヶ城センター」「お綱茶屋」「紀和・板屋九郎兵衛の里」「湯ノ口温泉」「紀和温泉郷・瀞流荘」「おもてなし館」 近年でも数億円ずつの投資が続きました。
 さらに駅前には「花火会館?」の予定地を買ってありますね。
 建てない方が良いとは思いますが、建てない土地を購入したのではねえ・・・
 どの施設も、せいぜい昼飯とコーヒー程度の客がメインですから・・・
 現場はそこそこ頑張っていますけどねえ・・・



# by je2luz | 2019-06-27 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 26日

紀伊 紀州

 この辺は「紀伊の国」でした。
 今の「熊野市駅」は「紀伊木本」駅でした。
 鉄道の駅名はよそとだぶるときは、昔の国名を頭に載せましたからね。
 紀伊の国が広いので北の端は「紀伊長島駅」です。
 「紀伊木本」はなくなったけど「紀伊市木」は残っています。
 紀勢西線側では「紀伊佐野」「紀伊天満」「紀伊勝浦」「紀伊浦神」「紀伊田原」「紀伊姫」「紀伊有田」「紀伊日置」「紀伊富田」「紀伊新庄」「紀伊田辺」「紀伊内原」「紀伊由良」「紀伊宮原」そして阪和線の「紀伊駅」です。
 紀州の端から端まで見事に「紀伊」のついた駅があります。
 昔は一つの国だったのですからつながりも今よりはあったのでしょう。

 この「紀州」というところは和歌山から始まってどんどん南下し串本で折り返して伊勢国との境の紀伊長島まで北上します。
 紀州藩のお殿様は和歌山ですし、国中がほとんど南です。
 そして、紀伊半島で黒潮が流れ温暖なイメージもあるからでしょう、田辺のあたりら「南紀」を呼ばれます。
 「南紀白浜」「南紀勝浦」などは房総との区別もあったのでしょうけどずっと「南紀」です。
 当然、新宮市あたりから熊野市とかも「南紀」でした。
 でも、切れ目もわからないからか三重県側は「東紀州」なんてのを使い出しました。
 これも、もとは「南牟婁郡」「北牟婁郡」で東は新宮市周辺那智勝浦とか太地などが「東牟婁郡」でしたね。
 地図では東ですけど…

 更にややこしいのはこの南紀、東西南北牟呂の地は「熊野・ゆや」とも呼ばれました。
 その範囲は日高郡・田辺からぐるりと紀伊半島を回って紀伊長島までとなります。
 だから、世界遺産の熊野古道が熊野三山の両方に伸びていてもおかしくないのです。
 かくかように、この一帯はどの時代もひとかたまりだったみたいです。
 肥沃な平野もないし、海岸線の狭い土地と山間部の住みにくい土地しかないので、牛遊割拠で国が割れることなかったのでしょうね。
 なら、もっと一体感があっても良さそうなのですが、隣の集落にゆくのも難儀するようなところだからか、一体感が薄いです。
 食べ物でも他に食うものがないから広がったような「めはり」くらいでしょう。
 「なれ寿司」は十津川を含め山間部にはありますが、温かい海岸線には広がっていません。

 おまけに、明治の廃藩置県とその調整時代に、熊野川を境に紀州なのに「度会県」側に編入された地域と、熊野川流域なのに「天領」だったからか分水嶺から南なのに十津川などは奈良県に回されました。
 おまけに、奈良・和歌山は近畿、三重は東海になるので、色んな面で分離が進んでいったようです。
 鉄道だけではなく道路も新宮方面が遅れ、尾鷲・津方面のほうが繋がりました。
 ますます、いろんな交流も薄くなりつつあるようです。
 まあ、紀州藩が御三家と言うことで領地を広く持ちすぎていたし、ド田舎ばかりで端っこまで手が回っていなかったからかも知れませんね。
d0045383_23080349.gif
 伊勢国側を除けても広大です。



# by je2luz | 2019-06-26 04:27 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 25日

夏至も過ぎたし…

 22日土曜日が「夏至」でした。
 夏至の日      日の出4時46分 日の入り19時10分 (熊野市)です。
 ところが6月25日は 日の出4時46分 日の入り19時11分 (熊野市)なんです。
 おかしいでしょう? 
 夏至を過ぎたら日の出が遅くなり日の入りが早くなるはずなんです。
 夏至とは太陽が夏至点を通過する瞬間らしいですから、日の長さとは若干違うようです。
 太陽が真南に来るのが正午で南中だと思いますが、これも11時58分なんだとか…
 春分・秋分の日だってずれてゆくし、夏至や冬至もずれるし…
 天文観測が進んできて、そんなのが秒単位で測り、予測できると日常の暦とのズレが大きくなるのでしょうね。
 まあ、それでも日はだんだん短くなります。
 熊野大花火大会の8月17日には18時40分頃に日没です。

 今年は梅雨に入りません。
 梅雨前線が上がってきません。
 今週中頃からは雨になりそうですが、全線が来るのか、今までの雨のように低気圧で「ところにより一時雨」になっちゃうのか?
 梅雨がきちんとなくても雨が降っていれば万台なさそうですが、そうも行かないでしょう。
 これだけずれてくると、何が起きるやら…
 黒潮が蛇行して離れていましたが、土曜辺りには接近したらしく海の色が変わりました。
 これは順方向の黒潮が近づいたのではなく逆潮みたいです。
 海もやっぱりおかしいままです。
 
d0045383_17285792.png
 逆潮で戻ったらやはり黒潮ですからここの海水温が上がっています。
 台湾おきから30度をこす海水温がいますが、これが北上するタイミングで台風ができtたら…
 地球が狂いだしているので気になります。

 追記… 台湾沖に「熱帯低気圧」ができてますね。
 梅雨前線の北上従っているし、ちょっと厄介かもしれません。



# by je2luz | 2019-06-25 04:25 | 旅 番外編 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 24日

世界遺産指定16周年 3

 「世界遺産紀伊山地の霊場とその参詣道」は三重・和歌山・奈良の三県、海岸線から山間部までの広大な範囲に点在する宗教的史跡とそれを結ぶ参詣道をひっくるめたものです。
 この地域は「東海地区」「近畿地区」両方にまたがります。
 この地方わけは「道州制」が導入されたら切れ目になるかも知れないほど大きな区分です。
 しかし、分けた割にはっきりしない所もあります。
 三重県は東海?近畿?なんてのもあります。
 ここの世界遺産は熊野・吉野に高野山をくっつけて広くなっているのですが、主な部分は中部・東海の端っこ、近畿の端っこなんです。
d0045383_20552706.jpg
 これは日本自動車連盟JAFのドライブマップ「中部」です、
 熊野古道の伊勢路と熊野三山などは左下の隅っこです。
 同じシリーズの「関西」では下の隅っこです。
 この地図の裏側にあるブロックごとの案内図には「熊野・東紀州」のはありませんし。「関西」の案内図には「南紀」が無いのです。
 そして、ドライブマップだから仕方ないにしても、高速とかの密度が低いので地図が白っぽいです。
 JAFの地図とは言え、「観光案内地図」に世界遺産が取り上げられて居ません。
 分断されているので売り込みも弱いのでしょうか?
 「僻地・秘境」でも無いけど。わざわざ南下する気にならないような空白地域ですね。
d0045383_21082353.jpg
 この地図だけでは無く、この辺の観光とかでの一体感は昔から弱いです。
 同じ三重県内の「熊野古道」でも尾鷲側と熊野側とでは縁が薄めです。
 まして、「伊勢路」「中辺路」「大辺路」なんかでは遠くの話のようになります。
 「三県サミット」なんてのは今でもあるようですが、三県の知事にとっても「県の端っこ」「少ない票田」なのかも知れません。



# by je2luz | 2019-06-24 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 23日

世界遺産指定16年 2

 「紀伊山地の霊場とその参詣道」がユネスコの世界遺産に指定されたのは
 1.法隆寺 1993
 2.姫路城 1993
 3.京都  1994
 4.白川郷 1995
 5.原爆ドーム 1996
 6.厳島神社  1996
 7.奈良  1998
 8.日光  1999
 9.琉球  2000
 10.紀伊山地  2004

で、10番目でした。
 その後…
 11.石見銀山 2007
 12.平泉   2011
 13.富士山  2013
 14.富岡製糸場 2014
 15.明鮞産業遺産 2015
 16.国立西洋美術館 2016
 17.宗像・沖の島  2017
 18.長崎・天草   2018
 19.百舌鳥・古市  2019  と増えてきました。
 他に自然遺産が
 1.屋久島    1993
 2.白神山地   1993
 3.知床     2005
 4.小笠原    2011  と4箇所在ります。

 ユネスコも日本のように立て続けに申請してくる国もあるので少し抑制に掛かっているようですが、日本はまだまだ申請するようです。
 なにしろ。各県が押し込もうと血道を上げていますからね。
 かつての「国立公園」「国定公園」がそうでしたからね。
 観光の「金看板」が欲しいのです。
 日本は金看板が好きで、旅館には「日観連」「政府登録」なんてのから大手旅行業者の看板とかずらりと賭けていましたね。
 酒屋さんでは「桜正宗」「天長」なんて木彫りの金看板が揚がってました。
 自分お店の看板より大事にするくらいでしたね。
 なにしろ、「金看板」って言葉が普通名詞みたいに通用していました。
 だから、観光地には「金看板」が欲しいし、温泉には「日本百名湯」「日本三大美人の湯」「日本秘湯百選」なんてのが欲しいし、「日本棚田百選」に入りたいし、「日本の渚100選」には血道を上げるし…
 日本中看板だらけで普通の人は覚えられないし、意味もわかりにくいらしいです。
 でも、キャッチフレーズは欲しいんです。
 NETの時代になればなるほど、インパクトのあるキャッチフレーズと偽っぽくても「インスタ映え」が重要みたいです。
 鬼ヶ城や獅子岩は絵になるけど、物語性が乏しいようです。
d0045383_2210556.jpg
 赤城城跡も一揆平定のためでは弱いですね。
 「ひえつき節」位のロマンスでもあれば…
 市木には姫が居たという伝説があるようですが。この辺には別嬪さんが少なかったのでしょうか?
 昔の話ですよ!



# by je2luz | 2019-06-23 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 22日

世界遺産指定16周年 1

 「紀伊山地の霊場とその参詣道」が「ユネスコ世界文化遺産」に指定されて16年になるそうです。
 誘致活動が動き出した頃には地元の住民には「世界遺産」ってなにのことだかわからないものでした。
 熊野市などは「霊場」はありませんし、忘れ去られかけた峠道が候補でしたからね。
 「松本峠」に関しては先輩の「小山睦郎議員」さんが世界遺産なんか関係ない頃から熱心で、峠から鬼ヶ城方面に尾根を歩いた見晴らしの良いところに「東屋」を作らせました。
 それは今でも格好スポットになっています。
 東屋を作るときも「松本峠ってなんじゃ?」と地元では言われましたね。

 「木本隧道」ができるまではこの峠越えが大泊方面への街道として使われていたのですけどね。
 大吹峠などの峠道も紀勢線の記事にも書きましたが、「陸の孤島」には大事な道だったのです。
 何しろ今の国道311号線が尾鷲と熊野の境で途切れていました。
 トンネルができてつながったのが2001年なんです。
 長い間、熊野市側は須野町で行き止まり、尾鷲側は梶賀で行き止まりだったのです。
 今は改修されて国道らしく放っていますが、元になっている「新道」は戦前から戦後かけて少しずつ開かれた岬越えの細い道路でした。
 昔からの峠道よりはずいぶん近くはなっていましたけどね。
 でも、少し先輩の人などは新鹿ー遊木、新鹿ー二木島などは峠を歩いた経験者でした。
 まあ、私などでも遠足では「八丁坂」を越えて新鹿の浜へ遊びにゆきましたからね。
d0045383_20384884.jpg
 この世界遺産指定は三重県知事の「北川正恭」さんが熱心で、和歌山・奈良・三重の三県サミットで広域での指定を取りに出たのです。
 「熊野三山」「吉野の霊場」「高野山」等があるわけではなく、「九十九王子」なんて史跡があるでもなし、山道だけの三重県側を指定に組み込んだのは、ある意味すごいです。
 事前活動では、実績作りのためバスを仕立てて県中央・県北部からどんどん客を送り込んできました。(時効ですが、同じ人が何度も来てました)
 北川さんの言う「東紀州活性化」の核になる事業だったわけです。
 丸山千枚田も荒れ果てかけていたのを北川さんが公費をつぎ込んで復活させたものです。
 いまでも、オーナーさんに兼職の人やそのOBが多いのはその流れです。
 ということで、「文化財より活性化」を狙ったのは熊野市だけではありません。
 あれから16年。少し見渡してみましょうか。



# by je2luz | 2019-06-22 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)