LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2017年 08月 18日

熊野大花火大会 呼び物「鬼ヶ城大仕掛け」復活

 微妙な天気予報だったのですが、晴れるのが少し遅れただけで、花火挙行時間には心配のない天気でした。
 今年の花火に期待を持っていた人も多かったと思います。
 何しろ去年は熊野の花火最大の呼び物、「鬼ヶ城大仕掛け」の磯での自爆が消えて、不抜けたものになり、フアンの失望を買っていましたからね。
 そして、不安の声と関係者の熱意で旧来通りに復活するというアナウンスがされていましたからね。
d0045383_00480382.jpg
 今年はフィナーレの「鬼ヶ城大仕掛け」では前半のきれいな花火と、後半の「巌頭の轟き」と呼ばれて居た「自爆」がやられたので、観客は満足したでしょう。
 やはりこの地響き無しでは「熊野の花火」「木本の花火」にはなりません。
 写真には「ASUKA II」ともう一隻の豪華客船が写っています。
 今年はこの二艘はお互いに至近距離に停泊し、僚船共に迫力のある花火が見られたでしょう。

 取り敢えず、「鬼ヶ城大仕掛け復活」を報告します。
 今年来られなかった方は来年こそ、鬼がの状の地響きを聞きに来て下さい。


[PR]

by je2luz | 2017-08-18 04:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://je2luz.exblog.jp/tb/25359644
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 最後の夏祭り       花火本部はどう読むのかな? >>